堂本剛が患った突発性難聴はビジネスマンにも起こる

KinKi Kidsの堂本剛という一流アーティストが患った病気

今回は一流は一流でもアーティストとして活躍しているKinKi Kidsの堂本剛さんのお話をしようと思います。

私たちのサイトは一流を目指すべき人たちが、情報をインプットし、自分なりにアウトプットして、一流になる機会を時短させるのが目的なのでゴシップなどではありません。

私たちでも十分に起こりうる病と戦いながら活動を続けている堂本剛さんというスポットの当て方でお話していこうと思います。

突発性難聴とは?

突発性難聴は、予兆などなく左右どちらかの耳の聞こえが悪くなる病気です。(稀に両耳に症状が現れる場合もある)

音をうまく感じ取れない難聴(感音難聴)のうち原因が明確でないものを総称して突発性難聴と言います。

幅広い年代に起こり、原因が明確でないため近年ではストレスなども含め様々な理由で突発性難聴を発症する人が増えています。

堂本剛さんの突発性難聴との付き合い

2017年6月に発症した突発性難聴で堂本剛さんは現在イヤーモニター(イヤモニ)ではなく極力難聴が発生している耳へ大きな音を入れぬように、ヘッドフォンを着用してライブ等を行っています。

それまでは入院治療を行なっており、実質ほど休業している状態でした。(作詞等の活動は行なっていたようです)

ヘッドフォン内でもPA(音響)によるバランス(左右の音量バランス)などを調整していると考えられますが、今の所そのような話は出ていません。

しかし、ヘッドフォンで音量を抑えている中、さらに耳栓と綿を詰め活動を続けています。

堂本剛さんの突発性難聴とメンタルの関係性

堂本剛さんは過去にパニック障害を患っていたということを自身でも好評しています。

突発性難聴の原因としてストレスを挙げるドクターも多く、精神的に厳しい時代があったと言えます。

その中で、『自分自身の世界』『自分自身のあるべき姿』『自分自身が表現したいこと』というものに注力した結果、今もファンも離れず音楽活動を続けています。

しかし、ストレスやプレッシャーがかかりやすい仕事柄、メンタルのコントロールは非常にしにくく、ストレスが突発性難聴を引き起こす大きな原因の一つだと言えます。

ビジネスと突発性難聴とストレス

さて、ここでビジネスシーンで突発性難聴と関連つけると、実は電話商談やクレームを聞くことが多い職種で突発性難聴は発症しやすいようです。

一日中コールセンターなどで働く人も急に耳に不調を感じるケースが多いようです。

突発性難聴にならないためには

このご時世でストレスフリーな人などいないと思いますが、ストレスを極力溜め込まないことが最大の対策だと言えます。

ストレスを溜めることによって精神疾患と呼ばれるパニック障害や不安障害の発症率が上がります。

ストレスは溜まってしまうものだと、割り切るのであればその分ストレス解消をする方法を自分なりに探ることにも注力するべきだと言えます。

そして、ストレス発散は一つの自己投資であることを認識しておくべきだと強く進言できます。

堂本剛さんが突発性難聴を乗り越えられると確信している理由

今回は私が記事を書いていますが、8月から入社するAkiRaさんも一流養成学校のチーム一同短時間でしたが、堂本剛さんは突発性難聴を乗り切ることができると確信しています。

その理由はKinKi Kidsの堂本光一さんにあります。

比較的堂本剛さんと性格も趣味も違いますが、デビュー前からの付き合いでメンタルを発症した時もコンサートなどのMCの話す比率を変えたり歌割りでもサポートしていたということを聞いています。

メンタルを発症していた当時も、コンサート過呼吸気味に歌う堂本剛さんにカメラワークが行く瞬間に堂本光一さんがさりげなくファンへカメラを引きつけるようなアクションが多くありました。

調べてみると発症してから体調の優れない時期だと推測されている時のライブDVDだけ販売されていないことを考えると事務所や堂本光一さんの意向もあったのかもしれません。

(これは裏付けできていないのでファンの方のほうがご存知だと思います)

帽子を深くかぶったコンサート衣装や下向き加減の歌い癖なども上手に一つの作品として仕上げられるパートナーがいることが何よりもメンタルにとっていいことです。

私たちが突発性難聴になったら

突発性難聴は発症して3ヶ月以内の治療が完治への可能性をあげると言われています。

しかし、忙しいビジネスマンや営業マン、特に成果を上げている人ほど今現場から離れるわけにはいかないと気づかないふりをすることが多くあります。

パートナーの理解も含め一人で抱え込まないことが一流のアーティストKinKi Kids流のストレスやメンタルの戦い方だと言えます。