一流が目を大切にする理由は『目』不眠症や鬱の原因にあった『ブルーライト対策』

一流の人は仕事の道具や環境に非常に強いこだわりを持つことが多いと言われています。

最高のコンディションで仕事をするためというのが一番大きな理由です。

その中で、道具やモノではなく身体、それも目についてのこだわりは想像以上に大きいことをお話していこうと思います。

セレブがサングラスをする理由はオシャレではなく『虹彩』

目は脳に直結する大切な部分

目は脳に情報に入る情報の7割から8割を伝達していると言われています。

要するに、目で見た情報が鈍感で感度が鈍いと本来自分が持っている感受性などのフィルターを上手に通ることができなくなります。

そのため歳を重ねると白内障や緑内障などの症状が出てきますが、年収の高い人ほど早期発見早期治療を行います。

年配だけでないビジネスマンとブルーライトと目の関係

緑内障や白内障は比較的年配になってから発症することが多いですが、今のビジネスシーンで欠かすことのできない、スマホやタブレット、そしてパソコンはブルーライトを発生させています。



そもそも、ブルーライトとは何か

パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明から発生するブルーライトは角膜や水晶体で吸収できずに網膜まで辿り着いてしまう強い光がブルーライトです。

ブルーライトは1時間のディスプレイ操作をしたら15分ほど休憩をとることを厚生労働省が推奨するほど強い光で、一つの注意喚起とされています。

しかし、LED化した日々の日常ではブルーライトを浴び続け生活しているため目への負担はこの何十年かで非常に大きくなりました。

できる営業マンや、ビジネスマン・フリーランスほど注意な不眠症はブルーライトが原因

できる営業マンやビジネスマンほど、パソコンなどのハードワークをしています。

特に最近ではフリーランスのライターも同じくライティングやプログラマー・エンジニアなど目を酷使している人が多いです。



ハードワークな生活でも生活リズムを管理する『サーカディアンリズム』

サーカディアンリズムという生活リズムを管理する機能が狂い、眠るべきときに眠れないという症状が発生します。

要するに不眠に直結し、さらには食欲などの制御力も疎くなるため肥満化なども実は『目』が原因で引き起こっている可能性があるのです。

ビジネスマン・営業マンの不眠症は負の連鎖の始まり

ビジネスマンや営業マンの不眠症問題は非常に大きく、不眠症は眠れないというストレスも含め身体も心も休まらない状態が続いてしまうため、鬱などの精神疾患の発症率を上げてしまいます。



できる男たちの『目を守るため』のブルーライト対策

JINS PCで知名度が上がったブルーライトカットメガネを着用することです。

ブルーライトメガネのレンズはブルーライトをカットするコーティングをしているため、目に到達するまでにレンズで止めるという仕組みになっています。

しかし普段からメガネをかけている人はいいですが、かけなれない人がメガネをかけるというのもストレスなので万人に満足を得ることは少ないと言えます。

パソコンのディスプレーを調整してブルーライトを抑え込む作戦

ブルーライトは言うならば、明るさや色彩の部分の調整である程度調整をすることができます。

そのため。パソコンの設定画面でブルーのバランスを下げるという荒技もあります。

同時にそのほかの発色も下げると全体的に暗く濁ったような画面配色になりますが、ライティングやプレゼンの資料・メールを打つくらいであれば全く支障はないでしょう。

それによって目の疲れも少なくなり、脳へのストレスも緩和されるならば、画面になれるのも得策だと言えます。



できない男は見て見ぬふり、できる男は即実践、目を守り健康を守る

いかがだったでしょうか。

目の健康がどれだけ身体にダメージを与えているのかがお分りいただけたと思います。

先日のサングラスの記事もそうですが、『目』が弱ると様々な部分で支障が出てきます。

目の日焼けはもちろん、ブルーライトによるサーカディアンリズムが狂うのは非常にキャリアや年収アップへの道で支障になってきます。

そして、今増え続けている精神疾患などの予防にもなるので、ぜひストレスの多い『できる男』は対策をするべきだといえます。