一流は、『一流の医者』を探す前に『一流のナース』を探す

ナースの一流って何?『医者はなんとなくわかる』を解決

というところから話が始まると少々話が逸れそうなので、経済的にも精神的にも余裕がある人ということを基本に一流の人が、体調に違和感がある時や検診で何かトラブルが見つかった場合、想像以上に深く検討し入院先を決めることをお伝えしたいと思います。

そのことに併せて、どうすれば一流の人と同じ思考で医療と向き合えるのかをお話していこうと思います。

一流は医療現場(病院)で一流のナースのケアを受ける

一流のナースとは

あらゆる場で看護を必要とする人に、水準の高い看護実践を提供することのできる人材のことです。

これから需要が増えるナースの特徴は、急性期医療に加えて在宅医療まで支えられる人材を言います。

つまりある特定の分野において極めているナースです。

さらに言い換えれば、野球選手がスポーツトレーナーではなく自分のポジション専門の野球のトレーナーをつけるような感覚でしょうか。



一流だから選ぶ精鋭の看護師のいる病院

一流は何よりリサーチ力に優れています。

「もしも健康診断で胃にポリープのような影があります。」

と、言われたらあなたはどこの病院に診察に行きますか。

近くの診療所でも総合病院でも実際どこでも良いです。

しかし重要なのは『一流のナース』が在籍しているかがポイントなのです。

ナースのスキルをリサーチする

早期受診・早期治療をしながら病院の待ち時間にリサーチしてください。

自分の症状にあった専門の看護師が在籍している病院があるかは、病院のHPでも確認できます。

ここでも、深く掘り下げると、まずは今の病状やコンディションを明確に判断することをスピーディーに行います。

検査と治療を別に考えるのが一流思考の特徴です。



レア情報!実際に一流の看護師を探す方法を紹介

資格の取得に取り組む病院も増えています。

例えば

川崎医科大学総合医療センター

https://g.kawasaki-m.ac.jp/khpkango/

この病院は紹介されているだけで12種類もの認定看護師が在籍しています。

*認定看護師とは:総合的に看るナース(=看護師)としての熟練した経験に加え特定の分野の看護技術や知識を持っている『特定の専門分野において一流のナース(=看護師)』のことです。

関西ろうさい病院 (労災病院)

https://www.kansaih.johas.go.jp/kirakiranurse/workplace/cn.html

関西ではこちらの病院が上位に上がってきました。



この病院には認定看護師以外に専門看護師も在籍しています。

専門看護師複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族及び集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するための、特定の専門看護分野の知識・技術を深めた看護師。

『実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究』などを役割としており、取得するためには看護系大学院修士課程修了者で専門看護師の教育過程も通過しなければ専門看護師にはなれません。

専門看護師は今日の看護協会の中では最高のキャリアと言えます。

専門看護師の『実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究』とは

実践:個人、家族及び集団に対して、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践する。

 

相談:看護者を含むケア提供者に対しコンサルテーションを行う。

 

調整:必要なケアが円滑に行われるために、保健医療福祉に携わる人々の間のコーディネーションを行う。

 

倫理調整:個人、家族及び集団の権利を守るために、倫理的な問題や葛藤の解決を図る。

 

教育:看護者に対しケアを向上させるため教育的役割を果たす。

 

研究:専門知識及び技術の向上並びに開発を図るために実践の場における研究活動を行う。

東邦大学医療センター大森病院

https://www.lab.toho-u.ac.jp/med/omori/kango/senmon/index.html

この病院には専門看護師・認定看護師が双方多数在籍しています。

全国的には高齢者看護に関する分野での認定看護師が多い中、この病院は高齢者看護の分野はもちろんのこと不妊治療や小児救急ケアに関する認定看護師も多く在籍しています。



一流のナースは大学病院や市民病院だけにいるわけではない

確かに、大型の病院には看護師やドクターの人員数が多いため一流と今回紹介した看護師も多く在籍している可能性があります。

しかし、その一方でスキルのバラつきが発生する率も高いのは想像がつきます。

そのため中小規模の病院の方が在籍率が高くなることも多いにあります。

一流のナース選びサイトを紹介

これは広告や宣伝ではないので、先にお伝えすると使いにくさはあります。

しかし、情報量はかなり多く参考になると思いますのでご利用ください。

日本看護協会 分野別都道府県別登録者検索