運送業バブル『脱サラ トラック運転手』次は『バス運転手の人手不足』

こんにちは、一流養成学校です。

今回は運送業の人手不足についてお話していきます。

これは単純に運送業で人手が足りていませんという話ではなく、新たなチャンスが埋もれているというお話です。

運送業バブル?人手が足りないのに事業者は増える

運送業バブルというのは、運送業の世界からすると非常に問題視されている部分です。

バブルだと感じているのは新しく運送業の世界に入ろうとしている人たちが考えていることです。

全業界で運送業は2番目に人手が足りていない業種だといわれています。

そのため他の業種から人を集めるために賃金を上げたり、他の事業をしている経営者が運送業に参入することで熱が上がっています。

理由は様々ですが、一般的に言われているのは通販のシェアが上がり続けていることです。

アマゾンや楽天・メルカリなども含めA社からB社で完結するような配送ではなく、エンドユーザーの自宅まで運ばなければならない案件が急増したことが理由だと言われています。

運送業がパンクして『下請け・孫請け化』した運送業の世界

運送業は結果として、通販の購入者などの自宅まで運ぶことを最近になって断念しました。

それと同時にアマゾンなどの通販商品など、最寄りの営業所から送り先まで届けるだけの『一部分』をフランチャイズ化することを開始しています。

そのフランチャイズ化もフリーランスで隙間で稼ぐチャンスだと言われていますが、スピードを求められ、ガソリン代や自動車のメンテナンスを考えると結果として2t車以上が『割に合う』とすぐに離れてしまいます。



トラックの個人事業主は地方で増加

まず都市部でトラックを保管するには、場所が少ないというデメリットがあります。

そして土地代が高いためオフィスを構えるにしてもランニングコストがかかるという部分で、地方を拠点に個人で開業する人が増えていました。

高齢化の進む運送業

さらに、中小企業で平成に入ってから運営しているところはちょうど40代前後の社員が定年間近になるころです。

若者は『勢いや根気がない』と決めつけ採用を見送らせていた会社もいくつも知っています。

そして、運送業を古くからしている会社ほど、家族経営の会社が多く、関連会社が親戚で親戚の子供や知り合いばかりで経営しているところは今も多くあります。

それで20年ほど経った今、そろそろ引退したいと思っている人材が6割を超える会社が増えてきました。

そのため案件があっても断る事態が発生しました。



高齢化は運送業だけではなくバスの運転手にも

今日のYahoo!のヘッドラインニュースにも下記の見出しが出ていました。

若者敬遠、老いるバス運転手 人材不足で路線縮小も

あえて、記事になっていることを重複してお話はしませんが、バスの運転手が減ったことんいよる路線の縮小という影響が出てきました。

ここで驚きなのは、乗客が少ないからではなく『運転手がいないから』という部分です。

しかし、バスの運転手というのはキャリアパスを描きにくいことが特徴だといえます。

見習い運転手もベテラン運転手もどれだけ車庫入れやアナウンスがうまくとも、給料が10倍以上差がつくことはありません。

そのため、資金のある起業は早々に年収アップや待遇の改善を開始しました。

しかし、ここまではまだ企業対個人の問題です。

そこから、企業対企業の関わりになっていくかという部分が今回の本当の論点です。

運送業の業務拡大、或いは市営・公営バス等の民営化、そして新規参入企業が現れるか

この課題解決は見出しの通り、運送業の業務拡大、或いは市営・公営バス等の民営化、そして新規参入企業が現れるかだといえます。

しかし、そんな余力が残されているのかという部分でいうと、『新規参入』が一番可能性が高いといえます。

トラックの運転手もトラックの運転手も新規参入企業にとってはガラ空き市場

高齢化が進んだ企業は何よりも決断が遅く保守性が高いのが特徴のため、まず今の体制を一旦切り崩すのは難しいといえます。

ところが、新規参入のベンチャー系企業であれば、『Uber eats』のビジネスモデルに近い形で再現させることができるといえます。

https://www.ubereats.com/ja-JP/

免許取得も今、全て企業が免除しているところも多いですが、それはもちろんのこと今トレンドの働き方である『働きたいときに働く』という形で人材を確保できるといえます。



トラックの運転手もバスの運転手も体制の抜本的な改革が必要

トラックなどの運転手は今の所一歩リードしていますが、バスの運転手は今からますます深刻化しています。

しかし、その運転手を管理する企業をはじめ国の制度も塗り重ねた制度が多く、元は非常に古いので抜本的に一から作り変えなければ人手不足は解決しないと言えるでしょう。

ちなみに、一流養成学校の保険担当武岡氏の顧客は、開業一年で運送業を始めた27歳の女性は年収700万円ほど、33歳男性の年収は1100万円だと教えてくれました。

そう考えると、雇われるより独立を目指して運送業で丁稚するというのは、キャリアパスとしてありだといえます。

バスは乗客の乗車賃が元々定額で決まっているので、難航しそうなのはバス会社だといえます。