起業家と実業家の差とは?

起業家と実業家の差とは?

経済誌や経済書、テレビなどのメディアで最近、『〇〇評論家』という言葉をよく聞きます。

こんな評論あるのか?と思うような評論家がたくさんあります。

今回はそんな『』に注目してみます。

ビジネスでは特に若手『起業』青年『実業』などという言葉を聞きますが、言葉の真意を振り返って学んでみましょう。

起業家』とは?どんな仕事なのか。

「自分新しい事業を立ち上げた人」と言えばわかりやすいでしょうか。

親などからの事業継承などで経営をしている人は起業家ではありません。

ちなみに、オーナー社長という言葉もありますがオーナー社長は企業を買収したところからスタートする場合や事業継承をして会社の所有権を持っている人を表すのでオーナー社長でもありません。

『実業家』とは、どんな仕事なのか。

実業家の実業は、最近では自動車部品や医療品の生産や、流通関係などの事業を行なっている経営者に多く使われます。

実業家と聞くと本来の意味とは少し違った感じがするかもしれませんが、わかりやすく言えば『事業』の中でもある一定の業種を経営する人と言えばわかりやすいかもしれません。

青年実業家の正体

若手起業家とも呼ばれる、若年層の起業家を言います。

起業家を目指す者を指すよりも、一定の結果を出したり、家業を正式に継いだ代表などを呼ぶことが多いです。

中には、『親の七光り』などと言われる場合や、経営者としての素質を問われる場合にも呼ばれることが残念ながらあります。

そして、脱税や違法行為で逮捕や起訴などされた、若い経営者などを揶揄して、『青年実業家』という場合も最近増えています。

事業家』と『企業家』の違い

一般的に現在事業家と紹介されている人は少ないように感じます。

『実業家』で紹介した生産や流通関係などの事業以外にも、『事業を行う能力がある人』『上手に事業を経営している人』を言います。

では、『企業家』はどうでしょうか。

企業家というのは平たく言えば『企業の経営や運営・維持に関わる人』です。

今まで紹介してきた『起業家・実業家』よりも企業に雇用されている『オーナー社長』より『雇われ社長』に当てはまりやすいかもしれません。

しかし、企業の発展や将来性を見据えるスキルがある人で、そのメンタリティやアクティブティで経営を押し進めることができる人だと言えます。

コラムカテゴリの最新記事