売れる営業マンの話し方

どう話したら効果的に話し相手の心を掴めるのだろう。

そんなことを悩みんでいる人が多くいるようなので今日は1秒。

今日からどころか、この記事を読んだ瞬間からできる一流のトーク術をお話ししていきます。

売れる営業マンの心をつかむ話し方

ずばり、1秒というのは大げさではなく、本当に1秒でできます。

それは、『ゆっくり話する』ということに意識することです。

自分が思っているよりも営業や商談中は売り手ほど早く話してしまう傾向にあります。

そのため「私、話するのが遅いので笑えてくるかもしれません」とでも前置きを作っていてもいいかもしれません。

売れる営業マンの話し方はゆっくりが大切

なぜ営業マンがゆっくり話すると売れるのか

実はこれ、ゆっくり話しているように感じると思いますが、慣れて自分のトークなどをレコーダーで聞くと非常に早口になっている人が多いです。

簡単に言えば、売り手やプレゼンターは緊張を多少感じており、心拍数が上がっている状態です。

心拍数が上がっている人は、言葉数が無駄に多く早口で、要点がわかりにくい傾向にあります。

早口の営業マンは不信感を抱かれやすい

人間は『何か』を隠そうとすると早口になる

それは先ほども伝えた通り、心拍数が上がり尚且つ、『何か』を隠したい人ほど早口になる傾向にあります。

簡単なイメージで言えば、子供が嘘つく時はほぼ99%話すスピードが早くなります。

そして、精神的に不安定な人や、何かを隠している人ほど早口になりやすいのです。

早口

=言葉数が多くなる

=脳をよりフル回転させる

=自分で話した内容を把握できず要点のズレた話をする

というのが本人が気づけない、話し下手の特徴です。

売れる営業マンの話し方はアナウンサー似

アナウンサーを見本にすれば、営業成績が上がる

アナウンサーは原稿を読む技術が非常に高い精鋭たちです。

インタビューシーンなども非常に勉強になります。

1分で300文字を目安に話するというアナウンサー界の常識は、営業マンには浸透していません。

沈黙を営業マンが破ると、その商談の成約率はぐんと落ちてしまうというのも合わせると口下手の営業マンのほうが、営業成績が伸びやすい環境にあることがわかります。

クロージングで一番重要なのはタイミング

売れる営業マンになるには『話し方』を気にする。

安倍総理は声と話し方が武器

現在の日本の総理大臣、安倍晋三氏は、非常に艶やかなで声色が上品だと私は思っています。

言葉尻が小さくなることもなく、ゆっくり優しい声色で言い切り型なトーク術は見習うべき部分がたくさんあります。

スピーチやプレゼンテーションなどでは、緊張してしまうでしょう。

最初のうちは、緊張をコントロールすることも難しいと思いますが、一流に話し方を身に着けると自分自身が落ち着いて話ができている実感が湧くので、話がどんどん上達していきます。

難しいことは何一つありません。

ゆっくり話をする』それだけです。

これを読んだ1秒後から、皆さんの人生が変わるほどのスキルを身につけることができています。