一流や成功者は占いに投資する

一流や成功者は占いに投資する

一流や成功者は占いに投資する

実力主義の資本主義社会で占いなんて、と偶然クリックして開いてしまったのがこのページなら、少しだけ読み進めてもらいたいです。

一流やお金持ち、成功者は占いを信じるという話。

では、「朝の情報番組の星座占いでも見るよ」と言われそうですが、このサイトは一流を生み出すために作られたサイトです。

みなさんの一流人生に加速をつける大きなチャンスだと思って読んでほしいと思います。



一流は占いを本当に信じるのか

皆さんは占い師というとなぜか、急に胡散臭いイメージが出てきませんか?

黒い頭巾のようなものを隠して水晶の上に手を置いてクルクルさせる。

そんなイメージは捨てて読み続けてほしいのです。

一流になればなるほど、一流は意見を求められ、意見をされることが減ります。

簡単に言えば客観的に、今自分がしようとしていることを確認することが難しい立場になっていきます。



占い師に話することが自分の本当の悩み

占い師に『何を占ってほしいのですか』と聞かれると、どうしても自分でモヤモヤしていたり、悩んでいることを口にしてしまうものです。

占い師に話すことは自分に投げかける悩み

ペラペラと話をしていると、ふと気づくのです。

「あ、こんなことに自分は悩んでいたんだ」と。

この気づきこそが冷静な判断をする、パワーに変換されます。

この時点で占いに投資する意味が少し出てきたと思いませんか?



占いは信じないという人はジンクスまみれ

占いなんて確率でどれだけ当たるんだ。とひねくれた考えをしていると全てが歪んで見えてしまうのです。

占いを信じない人に限って、

靴を履くときは必ず右足から。

勝負のネクタイは真っ赤

気合いをいれるときはカツ丼

など日本を背負っている政治家の人たちですら、ジンクスや縁起を信じているのです。



一流のビジネスマンがいれば一流の占い師がいる

一流という世界には様々な人たちがいます。

もちろん、占いの世界でもそうです。

長い間、私は人と商談や交渉をする立場にいたため、あらゆる情報をかき集め相手の考えていることを盗み見たいと考えていました。

心理学を信じて占い学を信じないのは偏見

心理学には様々な分野でビジネスに活かす要素がたくさんあります。

意識を相手の心理にとけ込ます努力をすると驚くほど相手の気持ちがわかるようになるのです。

目の動き

体温の変化

顔の筋肉の強張り

身振り手振り

口調の変化



それに合わせて、字体で性格を読み取ることもできます

そのような情報収集をしていくと、相手の好みの人物に合わせることができるようになるのです。

このことが行動心理の軸になるとすれば、一流の占い師は一流の人を占う機会が多い分、自分から出ている雰囲気を言葉にするプロだと言えます。

一流の成功者は占い師でも成功できる

一流の成功を経験してきた人たちは、あらゆる人たちを見て一流の世界に入りました。

簡単に言えば、

「君は、本をもっと読みなさい」

と一流の成功者に言われたら、その日に本屋さんに行こうと思う人は多いと思います。

しかし、親や友達に言われても、『本を読もう』とはならないのです。

では、一流の成功者が言った言葉を占い師の口調に変えてみましょう。

「あなたは読書をするとビジネスの運気が上がります」

言っていることは一緒です。

疑う心が一流を見抜けなくしていることに気づかされませんか?



一流は占いをカウンセリングでありメンターとして使う

一流は占いを通じて自分自身と向き合い、客観的な意見を聞こうとする人が多いのです。

縁起を担ぐのと同じように、一流の占い師をお忍びで訪れる一流ビジネスマンは大勢います。

では、占いが胡散臭いと感じている皆さんはなぜでしょう。

答えは簡単です、『占い』は当たらないという思い込みで一流になる機会を減らしています。

或いは、誰が占っているかわからないような雑誌の占いや300円ほどのおみくじに翻弄され騙されたという経験が多いからです。

疑いの眼は時として、本当の声を聞き逃してしまうこともあります。

信じる姿勢。修正する姿勢、謙虚な姿勢、壊してはいけない自分を明確に生きている人こそ、一流であり、成功者なのです。

ライフスタイルカテゴリの最新記事