DMM.COM証券のDMMFXはオススメ、代表も利用中

今回はFXを始めたいと思っているが、どこの証券会社を選べば良いかわからないという初心者の人へお話していこうと思います。

なお、ベテラントレーダーの情報共有も含めて私、滝枝芳郎が使っているメインのFX口座のお話をしてみようと思います。

DMMFXはお気に入りの証券会社

DMM FX

DMMFXはスプレッドが狭いのが特徴だとよく言われていますが、『安定感』のほうが嬉しい部分です。

たまに初心者の方は『指標、指標、指標・・・』と発表のタイミングで入る人が多いですが、思い切り広がっているタイミングで入ればいきなり1pipsくらい(通常0.3pips)高くエントリーしてしまうこともあるので、この点重要だと思っています。

滝枝芳郎はDMMFX STANDERD

DMMFXでは2つのトレード画面を用意してありますが、私はDMMFX STANDERDを使用しています。
非常にシンプルな作りで、『わかりやすい』そして『使いやすい』というトレーダーには一番の条件が揃っていると思っています。

DMMFX PLUSはどうか

私はデュアルモニターやトリプルモニターで常に画面を見ているというトレーダーではありません。

なので、DMMFX PLUSの方が一画面に集約されているので便利では?と思うのですが、実際トレードする際原稿のMacBookでは、ごちゃついて見えるので好みではありません。

ちなみに、画面のカスタムもできますが、結局DMMFX STANDERDと変わらない画面になるので、DMMFX STANDERDを元々使っています。

DMMFXって証券会社としての評判は?

DMM.com証券が管理運営しているにがDMMFXです。業界では口座開設数は国内1位だと言われるほどブランドバリューは高いです。
そして、何より前述通りの『スプレッド』の狭さと安定感はトレーダーの中でも評判が非常に良いです。

DMMFXの口座+α

私自身、GMOクリック証券も使っています。
正直な話で言えば、GMOクリック証券の方がお付き合いは長いです。
元々私は、大和証券で株式投資をスタートして、1トレード1000円以上支払ってトレードしていました。
そこからGMOクリック証券に移り、投資額が10倍以上増えても手数料には驚きませんでした。
そこからFXやバイナリーオプションの口座開設していきました。

GMOクリック証券メインで良いのでは?

GMOクリック証券はチャートツールなどは良いのですが、情報発信という部分では物足りない部分を感じて、友人の紹介でDMMFXの開設をしました。
そこでDMMFX STANDERDと出会いました。
しかし、今もGMOクリック証券は利用しています。
どうしても、使い分けは別の機会にしますが、メインとしてはDMMFXを使っています。

滝枝芳郎と同じDMMFXでトレード

滝枝芳郎と同じDMMFXでトレードをするならば、下記にリンクを貼っておきます。重ねて言いますが、オススメ記事なので、どこで開設してもらっても問題ないのでお気遣いなく。

DMM FX