営業マン・ビジネスマンのストレスと『頭痛』対策

一流のビジネスマンたちは、ハードワークをして日々身体も心も疲労している状態です。

そんな一流のビジネスマンたちも人間であり疲労が自覚症状として、出てしまうことがあります。

その疲労の自覚症状が『頭痛』です。

今回は一流のビジネスマン・営業マンの『頭痛』についてお話していきます。

頭痛で仕事が手につかない営業マン

一流のビジネスマンでも、頭痛で仕事が手につかないという人は大勢います。

そのため、ビジネスマンは常備薬で頭痛薬を持ち歩く人が非常に多いです。

仕事に支障が出るくらいなら、少々胃の調子が悪くなっても頭痛薬を毎回飲むというビジネスマンは多くいます。

一流営業マンの頭痛対策

しかし、一流思考をもったビジネスマンは、頭痛にやられっぱなしというわけではありません。

頭痛対策を真剣に考え、対策をし、解決法を自分で習得しています。

営業マン・ビジネスマンの頭痛予防

頭痛の原因は眼精疲労など多くの原因が挙げられますが、中でも首のコリや痛みが頭痛の原因になっていることが多いです。

そのため、セルフストレッチを朝昼晩3回、『首のストレッチング』をする一流は多いのです。

首のストレッチングは、多くの細かな筋肉を緩めるの一つです。

頭痛薬に頼らず、まずは予防をするのが一流の頭痛持ちです。

営業マン・ビジネスマンの頭痛持ちがする自己投資

頭痛の原因はたくさんのありますが、健康管理も重要です。

週に1度の整体やマッサージに行ったり、わざわざ地方から京都に出かけて、座禅を組んで瞑想をする一流もいます。

一流の営業マン・ビジネスマンは頭痛対策 座禅で肩を叩いて頂く

座禅で肩を叩かれるのは姿勢が悪いからではありません。

改めて正しい姿勢を取った時に起こる身体の緊張(筋肉の緊張)を響策(木棒)で叩くことでほぐす効果があります。

そして、静かに正しい方法で座禅を組み、雑念を払えば、心の調整をすることができるのです。

座禅をすると様々な意識は鋭くなります。

そのため、日常のハードワークで忘れていた感覚を思い出すことができるのです。

営業マンが知る呼吸で変わる、頭痛予防

座禅もそうなのですが、呼吸を整えることによって、脳への酸素が上がり頭痛を起こしにくい状態にすることができます。

逆に自覚症状のない緊張状態が続くと、呼吸が浅くなるため『常に酸欠状態』になっているのです。

大きな呼吸、深呼吸をして、頭痛の根源を断ち切るのも一流の頭痛予防だと言えます。

一流のビジネスマンは頭痛事故を防ぐ

一流のビジネスマンだからこそ、常に最高の思考力を発揮できるように整えるのも一流の仕事です。

頭痛薬は厳しい言い方にはなりますが、結果として起こってしまった事故の処理だと思って欲しいのです。

事故は起こす前に、注意をすれば防ぐ手立ては多くあります。

それと同じように、頭痛を起こす前にしっかり『予防』をすることが重要なのです。