九星気学で相性を導く、仕事に雑談に、転職に使える占い

今回は前回記事でお話した『占い』についてです。

一流や成功者は占いに投資する

今回は九星気学を私、滝枝芳郎が実際に占ってもらいました。

『二黒土星・滝枝芳郎はこんな人』

二黒土星は、専門的な知識で、先ずは何でも自分一人でやってみたい。 「コレ!」と決めたら完璧を目指す職人肌です。

基本的に孤独を愛する気質で、「滝枝さん何考えてるのかわかんない。」 周りにはそんな誤解を招きます。

でも実は、心の奥では自分の納得が行くレベルまで来れば、世の中をアッと言わす様な方法で、 自分のアイデアを皆の前で表現したいという想いを秘めているのです。

そしてまた、人や作物を育てる事が得意なので、他人と群れずして部下を上手く的確な方向へと導く、 理解し難い優秀な指導者でもあるのです。 潜在的にこの生まれの人は 教育者・農業等の仕事に向いています。

二黒土星の10月生まれ

こういう人が仕事のパートナーや上司という方は、 とりあえず何でも好きにさせてあげましょう。

『九星気学の説明』

この、中国の「陰陽五行」という自然の摂理の理論を、更に具体化させた「九星気学」を基に二黒土星の星を持つ滝枝さんをみると、一見近寄りがたくハンサムな滝枝さんも、実はこの様な人物だという事が、うかがい知れてくるのです。

生年月日、今居る場所、スタバで何気なく選んだコーヒーと座っている席。 全てに意味があるのです。

『実際に詳しくみてみると』

二黒土星、滝枝さんの2018年は、過去の努力が実り、不動産や人脈や仕事のポジション等の、何か大きなモノを手に入れた達成の年となった事でしょう。

これも意味のある自然の流れなのです。

二黒土星で教育者に向いてるならば、今すぐにでもビジネススクールの講師でも始めてみようかな? と、イケイケドンドンなタイプです。

「 流れに乗って更に何かビジネス始めてみよう! 」

仕事の出来る滝枝さんなら、無理なく成功させたいと思うならば、来年2019年2月の立春以降に、二黒土星のもとへ新しく何かが始まる「変化・革命」の流れが訪れるので、この波に乗りましょう!

今すべき事は、変化の波に乗る前に、今までお世話になった方々へ感謝をする事です。

そして収穫した果実は独り占めせず、得た知識や財産をちょっぴり皆さんへおすそ分けしておきましょう。

2019年の滝枝芳郎を知る

更には、2019年は「アイディア」「科学者」「保守的な計画」等が注目されるキーワードとなるので、始めるならビジネススクールそのものよりも、例えばビジネススクールを流行らせる為のノウハウを売る事の方が、より流れに沿って来ると思います。

ちなみに、2018年のキーワードは「芸術」「イベント」「ファッション」です。

最後のコメントを頂きました

今、挙げた例は、ほんの一部ですが、先人の名だたる一流達は、この様に、見えない力を味方につけ、自分の道を最短コースで一流に仕立て上げて来たのです。

自分を知る。

そして相手を知る。

その時代を読む。

心を感じる。

滝枝さんには、人を変える影響力がありますが、身体の変化には気をつけて。

最後に二黒土星の滝枝芳郎からの一言

照れくさいような不思議な気分になりました。

しかし、一つの指針をして、第三者の目線を取り入れるというのは飛躍するタネになりそうです。

実際、教育はセミナーやサラリーマン時代はセールストレーナーとして講師をしていましたが、『農業』・・・何かチャンスや縁を引きつけてくれそうな気がしました。

みなさんも変なプライドを張らずに、第三者の声を聞いてみてはいかがでしょうか?