『面倒な営業日報』を未来予想図にする

営業日報と言えば、毎日毎日書き続ける社畜を実感する仕事だという営業マンも多いと思います。

では、一流の営業マンは営業日報と日々どう向き合っているのでしょうか。

今日は一流のサボり営業日報の書き方についてお伝えしていきます。

面倒な営業日報と上司の仕事

上司も営業日報を確認するのは面倒

最近では、営業日報が機械化してデータ化されマネージャークラスはどの支社支店の営業マンの日報も見ることができる会社も増えてきています。

しかし、一方でまだまだ手書き文化の残るアナログな企業もあります。

上司は日報の『確認』が仕事のため読んでいるかどうかといえば気になることを書く営業マンの日報しかしっかり読んでいません。

というより見ている時間も上司にほとんどはありません。

面倒な営業日報が一瞬で変わる『スラスラ』

面倒な営業日報を『未来予想図』にする一流営業マン

実際書く側の営業マンはどう思っているのか。

9割以上がめんどくさい仕事・無駄・無意味・非効率だと考えているでしょう。

非効率極まりない行為で、仕事中によくさせるな・・・思っています。

実際営業の記録を事細かく書くことを営業マンはしません。

几帳面な営業マンは自分のノートとメモを2冊使い整理している姿を見たことはあります。

が、営業成績に比例していませんでした。

しかし、一流の営業マンは『無駄』な時間を作らないように、非効率な事務作業も自己啓発の置き換えて利用する人が多いようです。

むしろ『こうなればいいな』という未来と書いていく感覚を重要視して書くとスラスラ書けるそうです。

面倒な営業日報を未来予想図にして商談に挑む

『できる営業マン』は、営業日報を商談の未来予想図として記入していきます。

具体的には空いている時間に自分のパソコンやタブレット、スマホなどで商談状況をメモして、次回は『こんな流れの話からこうなっていく』というイメージを書き出すのです。

そんな営業日報は未来予想図となり、実現するために未来予想図に沿って商談を進めていくのです。

面倒な営業日報を未来予想図に変換した効果

営業日報を商談の未来予想図にすることで商談の軸がブレないということが特徴の一つです。

そのほかには、商談から成約までのスケジュール管理もしやすく、そろそろ『商談の実』の収穫時期だな。ということを文字で管理することができます、

さらには、営業マンにありがちなペンディングの管理も楽しく仕掛けを作ることもできます。

そのペンディング案件も含め決算時期などの隠し球(案件はあるが、成約までにネックがあるが、契約する可能性が高い商談のこと)管理にも使えます。

面倒な営業日報がペンディング案件をまとめる

営業日報がペンディング案件をまとめることができるのか?

と疑わしい目で読まれていると思いますが、営業日報を未来予想図にるということは、少なくとも文字で整理することができます。

商談相手の決算や節税、個人であれば誕生日や結婚記念日、『初めて自分と会ってから1年記念』などこちらが勝手に記念日として設定してアプローチを仕掛けることもできます。

そして何より、未来予想図は商談の『オチ』(結末)をハッピーエンドにしやすいのも特徴であり、モチベーションアップに繋げることができます。

営業日報という面倒な業務をモチベーションと上司の心象アップに繋げる

商談も株式相場も人間の感情も海も共通するのは『波』です。

一流の営業マンほど、『感情の波』モチベーションを

常に高い状態に保つ方法を知っています。

その一つとして営業日報を使うのです。

上手に商談が運べない時ほど、モチベーションが下がったり声や自信のなさが目立ってしまいます。

そんな中で、「この商談もこのタイミングでこの作戦なら決まる」という商談の熟成期間と戦略がプラスに作用して『できる営業マン』のモチベーションに繋がっていきます。

『上司の心象も気になる。』という方も安心してください。

同じ文章をコピペしているような日報よりも、はるかに面白くつい読みたくなる日報として輝くでしょう。

それが将来的にキャリアアップに繋がる可能性もあります。

しかし、「営業日報に妄想を書き込むな」という指摘を受けた場合、貴方は最高で最大のチャンスを手に入れます。

最大のチャンスも面倒な営業日報がきっかけになる

それが以下の2つです

この会社にこの上司あり、未練なしの転職

その上司を呼び越して社長に直談判の材料を作る

貴方には常にチャンスがあります。

そのチャンスがあるのは、貴方の日頃の行いです。

『できる営業マン』価値観を身につけて、『できる営業マン』になってしまえば、上司も何も言えません。

黙らせるだけの結果を持つのは『できる営業マン』と『一流の営業マン』のどちらかです。