【実は知らない?】投資家がビットコイン・仮想通貨に投資するメリット

【実は知らない?】投資家がビットコイン・仮想通貨に投資するメリット

【実は知らない】投資家が仮想通貨・暗号資産に投資するメリット

ビットコインやイーサリアム、そして草コインなど様々な種類の仮想通貨・暗号資産が1000種類以上存在します。

「ビットコインを買え」「仮想通貨を持っておけ」という経済紙のアドバイスは売買以外にどんなメリットがあるのか。

実はFXや株式投資よりもレバレッジを効かせ、少額の資金であっても複数の運用手段があるため、ただ仮想通貨の取引所や交換所の口車とは言えなくなってきました。

実際、仮想通貨・暗号資産を投資家や資産運用ですることによって、どんなメリットがあるのかお話していきます。

実は知らない、投資家が仮想通貨・暗号資産に投資するメリット

仮想通貨・暗号資産のレンディング

FXや株式投資で運用益以外の運用益というのは、スワップポイントや配当があります。

仮想通貨・暗号資産は売買だけでなくインカムゲイン化させるために『報酬収益』で運用益を出す方法があります。

既存の不動産投資でインカムゲイン化させるのに、いくらの自己資本と借入が必要でしょうか。

現物資産の金やプラチナは、1/3だけ売却することが可能でしょうか?

投資家が仮想通貨・暗号資産に投資をすることによって、運用資金をフル回転させ他の投資商品で運用する以上に資金を働かすことが可能です。

実は知らない、投資家が仮想通貨・暗号資産に投資するメリット=金利収益

仮想通貨・暗号資産のレンディングでの収益モデル

BlockFi(ブロックファイ)などの仮想通貨・暗号資産を用いた借入・貸出プラットフォーム(レンディングサービス)は非常に金利が高く、平均してレンディングの金利は3~10%、ステーキングの金利が3~6%ほどです。

中長期的に仮想通貨・暗号資産を保有したい投資家にはメリットは大きいと言えます。

➡︎【初心者でもわかる】『BlockFi』とは?(=仮想通貨 高金利レンディングサービス)

実は知らない、投資家が仮想通貨・暗号資産に投資するメリット

『仮想通貨FX・ビットコインFX』を投資家が行うメリットはFXという知識があれば、FXと仮想通貨FX・ビットコインFX、そして現物での仮想通貨取引と3つの運用方法に共通項と連動性を持たせることができます。

『仮想通貨FX・ビットコインFX』は通常のFXと同様にレバレッジをかけて運用することができます。

少額運用でもしっかり利益を出すことが可能なだけでなく、元々FXのトレードをしていた方は特に『慣れた』環境で投資を行える点です。

『仮想通貨FX・ビットコインFX』はドル円やユーロ円のように、クロス円の通貨ペアになれていれば非常にトレンド把握がしやすいのです。

さらに仮想通貨・暗号資産へ投資への知識を深めると、仮想通貨FX・ビットコインFX特有の売り先行の『空売り』の有効的な運用も可能です。

➡︎稼げる仮想通貨FX・ビットコインFXとは?

法定通貨ではあり得ないボラティリティ=投資家が仮想通貨・暗号資産に投資するメリット

仮想通貨・暗号資産の現物取引でも十分にボラティリティが高く、運用益を短期間でも出すことが可能です。

これは単純にハイリスクな投資というわけではなく、資本主義に争って資産を形成できるチャンスだということです。

年功序列のように投資歴が長ければ長いほど多くの資本を手にするという概念は仮想通貨・暗号資産の運用で変わってきています。

【気づかない】仮想通貨・暗号資産の税金対策=ビットコインETFの活用

仮想通貨・暗号資産の投資という中には現物の売買以外にもETF化された商品を保有するのもメリットがあります。

特にビットコインETFや仮想通貨ETFと呼ばれる商品で発生した所得・収益は申告分離課税に該当します。

一方ビットコインを現物で保有すると総合課税扱いになります。

さらに言えば不動産などへの投資を行っている場合や、給料や報酬として投資以外に収入がある場合は総合課税扱いの所得と分ける方が節税・税金対策になると言えます。

細かくここでは取り上げませんが、現在の控除額で計算すると所得が330万円を超えている場合は、ビットコインETFの方が税金が低くなります。

➡︎ビットコインETFとは?(仮想通貨ETFの違いや特徴)

【実は知らない】103万円以上でも扶養家族を外れないようにする方法

株式投資などの口座で『特定口座(源泉徴収あり)』が選択できる場合、確定申告をせずに源泉徴収の分離課税を利用して納税すれば、103万円以上収入が発生しても扶養控除は外れません。

確定申告をしてしまうと38万円以上の株の利益があると税金が発生します。

この仕組みを使えば株式投資と仮想通貨・暗号資産の投資比率などによって税金対策を行うことや、扶養から外れずに運用収益を大きくすることができます。

補足:申告分離課税と総合課税の違い

ETFや株式投資などの売買で所得が生じた場合など、他の所得とは分離して税額を計算し、確定申告によって納税する課税方式です。

総合課税の対象となる他の所得などと分離されるため、該当する所得金額にのみ一律20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別税0.315%)が課されます。

土地または建物等の譲渡による所得のような申告分離課税の対象となる他の所得とも分離して課税が行われます。

一方、総合課税は対象となるすべての所得を加算してその合計金額に対し課税する方法のことです。

個人所得のうちETFや株式投資など山林所得、土地建物等の譲渡所得などを除く、各種の所得金額を合計し税額を計算して確定申告により税金を納付する制度です。

仮想通貨・暗号資産の税金対策・節税

株式投資などの配当収益がある場合など、少しでも年間収益を上げ資産を増やしたいと考えるはずです。

その中で仮想通貨・暗号資産で言えば一番簡単に節税する方法は安く買ってひたすたホールドし続けることです

➡︎ビットコインの値段・価格が1000万円になると言われる本当の理由

暗号資産を保有し続けるというゴールドなどの現物投資と同様に、どれだけ価値が上がっても、日本円やドルなどの法定通貨や別の仮想通貨・暗号資産に換金しない限り課税対象となりません。

そのため、仮想通貨・暗号資産は保有し続けていれば節税になる可能性が十分にあります。

【気づかない】仮想通貨・暗号資産の積立投資のメリット

仮想通貨・暗号資産はボラティリティが高いため、リスクの高い投資分野とも言えますが、積立投資を仮想通貨・暗号資産で行うというのは、通常の積立投資以上の収益率になりやすいとも言えます。

仮想通貨・暗号資産の積立投資は『ドルコスト平均法』を基づくため、暴落しても高騰しても所得単価は中央値で保有できるという点で言えば、仮想通貨・暗号資産の投資にはメリットはあると言えます。

➡︎【初心者が始める】仮想通貨・暗号資産の積立投資とは?

補足:ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法は一定期間毎に一定金額で同じ対象資産を買い付ける方法であり、価格高騰時は取得数量が少なくなりますが、下落時には多くの数量を取得できます。結果的に買付単価が平準化されるので、リスクを軽減できる投資方法です。

例1月〜3月に100円・110円・100円で購入した場合110円の時は割高に購入したことになりますが、3ヶ月という期間で均すと103円で買えたことになります。(=平均取得単価)

【実は知らない】投資家が仮想通貨・暗号資産に投資するメリット=リスクヘッジ

投資や資産運用だけでなく、人生では様々な生活の変化があり、時に急な出費や借入が必要になることもあります。

その中で投資家が担保に入れられるものとはなんでしょうか?

みなさんも担保に入れられるようなものを探してみてください。

「銀行から融資」は基本的に使途自由融資は非常に少なく厳しい審査があります。

仮想通貨・暗号資産は比較的高額でなくとも担保として利用することができます。

実は知らない、投資家が仮想通貨・暗号資産に投資するメリット=『デジタルアセット担保ローン』=資金使途原則自由

Fintertech(フィンターテック)のデジタルアセット担保ローンは、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)で担保にでき、資金使途原則自由となっています。

銀行は、投資で資金が焦げついたと言っても融資はされないことが多いですが、この手の方法で現金を確保できるならば仮想通貨・暗号資産やはり一定数量保有しておくべきだと言えます。

➡︎大和証券系の国内仮想通貨ローン『Fintertechのデジタルアセット担保ローンとは?

仮想通貨・暗号資産 講座カテゴリの最新記事