営業マンの花粉症に負けない対策

いきなりですが、売れる営業マンで鼻水を垂らして、くしゃみ連発している営業マンを見たことありますか?

そんな中、今日本では40%の人が花粉症を抱えています。

そんな中、なぜ『できる営業マン』は鼻水やくしゃみをしないを花粉症のシーズンにしていないのでしょうか。

営業マンと花粉症事情

売れる営業マンは、花粉症にならないのか?

というとそうではありません。

私も売れている営業マンだったころ、かなりの花粉症でした。

そして、花粉症はアレルギーにも反応するので炎症反応が出ると発熱をすることもあります。

大切な商談の時に、鼻水が出たり、くしゃみをしたり、熱を出すなんてことがあると全く商談に集中できません。

営業マンは花粉で体調を崩してはいけない

花粉症を持つ営業マンはできる限りの対策を行います。

しかし、『できる営業マン』はその対策を、自己投資だと考えています。

一流の営業マンの花粉症対策

レーザー治療

 

舌下免疫治療

 

投薬治療

 

点鼻・点眼

 

マスク

 

手洗い・うがい

 

クルマ通勤

できる営業マンは花粉症シーズンの1ヶ月以上前から、免疫を作るように、投薬治療を開始します。

最近市販されるようになったアレグラなどを飲む人も多いようです。

私も、アレグラを飲んでいました。

営業マン必見!『花粉症』治療法

花粉症自体を、根本治療を行うため鼻の粘膜をレーザーで焼く治療や、舌下免疫治療というアレルギーの原因になる物質を舌の下に投与して、少しずつ身体に吸収させアレルギー反応を弱める治療などがあります。

なぜ『できる営業マン』は花粉症を嫌がるか

できる営業マンほど、花粉症対策を万全にするのには理由があります。

もちろん、自分自身がしんどいというのもありますが、一流の人やお金持ちの人は体調管理に非常に厳しい人が多いので、体調が悪そうな人とは話も手短に済ませたがります。

風邪であれば、移してはいけないので訪問などは控えるようにしますが、花粉症を映らないのでお客様の家などに行きます。

しかし、相手は花粉症か風邪かわからない営業マンが入ってくると、嫌がります。

花粉症と知っているのは自分だけウィルス扱いされる

よくある『病は気から』というのは本当で、私がまだ下っ端の時に花粉症で鼻水をすすってしまって、翌日「風邪が移っちゃったよ」と電話と冗談交じりに言われたことがありました。

できる営業マンは花粉症に負けないように全力を尽くす

できる営業マンは花粉症対策を万全にして、『いつも元気』でいることもプロの仕事だと考えています。

なので、タフな仕事や案件もオファーが来やすくなります。

そして何より、風邪でなくとも『花粉症』は体調を悪くするものです。

体調が悪ければ、マイナス思考になりやすいということも考えれば、『花粉症への自己投資』は『できる営業マン』には不可欠だと言えます。

皆さんも、小さな一流の積み重ねで『できる営業マン』を目指してくださいね。

【2019年最新】秋の花粉に注意!花粉症は保険診療外?アレルギーの危険