お金持ちがこだわりを理解する方法

お金持ちがこだわりを理解する方法

お金持ちがこだわりを理解する方法

お金持ちにはお金持ちだけが理解する習慣や法則というのが多くあります。

逆にお金持ちになるまではなんてことのないことが、お金持ちには非常に重要であることがあります。

営業マンであれば、そんなお金持ちのこだわりを見抜きたいと思うはずですし、若手の経営者であれば富豪と呼ばれるような経営者からいろいろと盗みたいと思うはずです。

今回はそんなお金持ちの『こだわり』を深掘りしていきます。

お金持ちは手書きにこだわる

スマホにパソコン、タブレットとあるゆるデジタルデバイスが登場しても、お金持ちや資産家は非常に手書きすることへこだわりを持ちます。

万年筆や毛筆の筆なども含め、日本でもいまだに政治家の交代時や任命式などでは手書きで名前を書きます。

やはり重鎮と呼ばれる政治家ほど毛筆を選び、筆ペンを選ぶことは少ないことも代表的です。

そのため、字を書くことへのこだわりは一般的な世間よりも熱量が高いと言えます。

お金持ちほど失敗にこだわる

お金持ちになった人の多くはお金持ちになるまでに失敗を多くしています。

しかし、多くの人がする経験よりも見極めにブレがない、失敗を認める傾向があり意地を張りません。

そのためお金持ちの多くは失敗と感じた時点で会社を潰すことも自己破産をすることも躊躇しません。

失敗から逃げるのではなく、失敗から目を逸らさないこだわりこそがお金持ちになる秘訣とも言えるでしょう。

お金持ちは健康と同じ様に歯にこだわる

お金持ちが一番の資産だと思っているのは健康的な身体です。

過去の著名人や富裕層の多くは、糖分の多いバランデーを好み、シガーなどを嗜みました。

そして、食事も豪華なものを選び、内臓の数値をはじめ、口から栄養が摂れない状態になってしまうケースも多くありました。

内臓以上に口から栄養を摂ることの重要性に気づいた富裕層やお金持ちは、歯や口腔ケアを怠らないというこだわりを見せます。

若い経営者などのお金持ちはさらにホワイトニングやセラミックの歯などにすることもありますが、まずは健康的な歯を維持することに注力します。

口にするものは美味しい以上に安全にこだわる

一般的に安価で手に入れられるものや無料で使えるものをお金持ちはあえてお金を出して利用することがあります。

例えば水です。

水には硬水や軟水といった水質に違いがあります。

硬水の水は脂肪燃焼の効果や便秘回復にも効果があるとの研究結果があり、午前中飲む水に最適だと言えます。

硬水のミネラルウォーター:『エビアン』『コントレックス』など

日本が原産の水はほとんどが軟水なことから、日本人の体質にはミネラルウォーターが合うようです。

軟水のミネラルウォーター:『クリスタルガイザー』『いろはす』など

水道水が飲める日本ですが、非常に安価で口にできる水準のものよりも、倍以上の値段を払って飲む水に安心したいというこだわりがあります。

そのため、お金持ちほど、ジェネリックなどの後発薬を選ばないとも言います。

パイル生地はシーツなどと反発が生まれる

パイル生地はタオル生地とも呼ばれ、生地のベースはコットンで本来吸湿・吸水性に優れています。

しかし、パイル生地・タオル生地のような表面にループがあるニット生地は、シーツの上で生地が滑りにくい反発が生まれます。

近年では生地の開発によりパジャマ専用のパイル生地・タオル生地と売り出しているものもあります。

シンプルに考えて、コットンより滑りの良い生地と言えばシルクです。

お金持ちのこだわり

経営者思考は『破滅思考』とまで呼ばれることがありますが一般的な常識を無視した行動で成功を収める人はやはり多いです。

借金は信用の証だという考えは、営業マンには理解しにくい部分もあると思います。

しかし、実際財布の中身を減らさずに投資をするように富裕層は不動産や会社の売却などをしているのは事実です。

お金持ちがこだわる稼ぎ方

寝ていてもお金が入るなんて都合の良いことは胡散臭いことしかないと、思う方が多いと思います。

それはそもそも自分でビジネスを考えずに人のアイディアをそのまま流用してしまう人に多いと言えます。

例えば、情報商材も『全くタメにならなかった』と思うのではなく、タメにならなかったモノを自分はなぜ買ったのか、という心理的誘導の仕組みを参考にすることが重要になってきます。

具体的に一番簡単なビジネスとしてはブログ運営です。

ブログ運営のほとんどが広告収入で収益がいつ発生しているかなど気にせず、ただ記事を書き続けておけば良いだけなのです。

それが寝ていても起きていても読んでくれる読者さんがいる限り、半永続的に収益が発生します。

お金持ちは多額の収益を得るのではなく、不労で少額の収入源がいくつももちたいというこだわりがあります。

世論や他人の意見と逆張りをする

お金持ちは皆が不景気の時に富を得るケースが非常に多いのが特徴です。

そして景気の良い時は比較的保守的で、景気が悪くなると攻めに転じます。

お金持ちが新聞を未だに読む理由は、世間の代表的な考えや意見をインプットするツールだとされているからだと言われています。

お金持ちにはお金持ちの周りの情報を得るのは容易いですが、逆に世間一般的なサラリーマンの生活環境や情勢を知るのは不得意です。

経営者養成講座カテゴリの最新記事