鬱やパニック障害と生命保険

鬱やパニック障害と生命保険

鬱やパニック障害と生命保険

最近就労保障保険というのが、巷で話題になっています。

今までは三代疾病と呼ばれるガンや脳卒中(脳血管疾患)、心筋梗塞などの発病では働けなくなった人への保障とい認知のされ方であり商品自体もそのようなものでした。

そして、就業保障は収入保障保険とも呼ばれており、年金のように働けなくなった場合お金が振り込まれる仕組みです。

しかし最近は保障範囲の拡大や医療保険内に組み込める商品が出てきました。

ところが、一つ難点があるのが本来一番ニーズがある人たちが加入できない、しにくいということです。

精神疾患で就業保障される保険の登場の裏側

鬱やパニック障害なども就業保障の保険金支払い対象になった保険会社の商品は基本的に病歴で既に精神疾患を患ったことがある人は加入ができません。

できたとしての完治してから5年以上などという非常に厳しい条件となっています。

つまり完治しにくい病気で完治を求める保険商品は心配や不安が1番高いであろうニーズに応えることがほぼできないことになります。

そもそも鬱などメンタルになると保険に入れないのはご存知かもしれません。

しかし、あえて補足するならば加入できないわけではなく割高になり保障対象外の病気が多いというデメリットがあります。

保険に入ってるのに保険金が支払われない可能性も

ここで注意が必要なのは、生命保険は加入できたら保険金が支払われるという認識でいてはいけないということです。

生命保険は告知事項を偽ったりごまかして加入することが禁止されています。

しかし厳密には加入はできるが保険金が支払われないということになるため偽った側が損をする仕組みとなっています。

そのため、どうにかなるだろうと精神疾患の病歴などを隠して加入するということは保険料は垂れ流すだけになるので注意しましょう。

保険金が支払われるが不明確な状況

精神疾患の発症で保険金請求をしたい場合、まだ発売されて間もない商品のため保険金支払い歴が少ない状態です。

そのため仮定すると非常に保険金支払いの判断がシビアになると予想されます。

例えば、職業柄、夜勤など昼夜逆転する生活で睡眠薬を飲んでいた場合やパイロットやCAなど時差ボケ対策として睡眠導入剤を処方薬で服用している場合、不眠症の疑いや処方歴から告知義務違反と言われる可能性もあると言えます。

他にも、胃薬などもストレス性の軽度の胃炎であっても、ストレス性という部分で因果関係があればただの胃薬を処方されたのに既病歴と判断されかねないのです。

つまり保険金請求が多ければ多いほどシビアになっていくため少しばかり加入を前のめりにはなれないと言えます。

生命保険は1日でも早く加入するべき

生命保険はいつでも加入できるというのは大きな間違いです。

病気をしてしまえばその分だけ同じ保険料を払っても保険金支払いされない部分が増えていきます。

もっと言えば加入すらできないこともあります。

メンタルになってから考える生命保険

精神疾患になってから保険に加入したいと思ってもなかなか保険商品が限られてきます。

『病気があっても入れる保険』というような保険商品もありますが、割高で保障される範囲が一般の商品より狭いということもあります。

そんな時まず保障内容をなるべく絞り込んで保険に加入しておくことをお勧めします。

メンタルで入院は個室がマスト

メンタルを患っている場合相部屋は非常に苦しくストレスを感じます。

結果として個室を実費で出すということにもなり得るので、短期間の入院でも個室には入ることを前提で保険内容は考えるべきでしょう

メンタルになってもガンや三大疾病の可能性は同じ

メンタルになってもガンや三大疾病にならないというわけではないので、まずは入院日額を確保する必要があると言えます。

ガンや三大疾病はとりあえず一時金で支払われる保険商品がお勧めです。

入院日数が短くとも定額で保険金を受け取れるだけで、安心感が違います。

メンタルと支払免除特約の必要性

支払免除特約、通称『P免』と呼ばれる一定条件で発病した場合、保険料を保険料支払期間中であっても支払う必要がなくなる特約の一つです。

この特約は若い加入者の中ではニーズも高めですが、メンタルを発症した状態でこの支払免除特約を付加できるかどうかは保険会社の商品によっても異なります。

保険料がかなり高額になりやすいため、保険内容をなるべく精査し、支払い続けられる保険内容で契約をすることも同時に検討するべきでしょう。

生命保険は一個にまとめない、バラして加入

生命保険には複雑で保険会社によっても仕組みが変わる部分がありますが、注意したいのが前述したとおり『保険料』が払えなくなってしまった場合です。

よく『生命保険まとめて加入』などというキャッチフレーズも聞かれますが、保険内容の主になる部分の変更や特約を途中で解除できず、すべてを解約しないといけないという状況もあり得ます。

それによって経済的に落ち着いたときの再加入は加入年齢が上がってしまい同じ保険内容でも保険料が上がってしまいます。

そのため、分けて生命保険は加入することによって経済的に厳しくなっても1つ解約してももう一つは加入年齢も若い状態で維持できるため、できるならば、経済状況が落ち着いた際に『特約中途付加』制度を利用し、保険内容を充実させるという手段もあります。

コラムカテゴリの最新記事