メンタルを治すための心療内科選び

メンタルを治すための心療内科選び

メンタルを治すための心療内科選び

心療内科選びが大切!

メンタルの病気を治すには心療内科選びが重要というのは間違いありませんが、心療内科に頼りすぎない方がいいというのも事実です。

そもそも心療内科の医者というのは鬱病にもパニック障害にもなったことないからです。

私たちの運営チームの中で過去にメンタルを患ったことのある担当医になった人はいませんでした。

1番の理解者というのはメンタルを実際に経験している人です。

その中でもパニック障害や不安障害、統合失調などで症状が分かれてきます。

私たちの中で特に感じるのはメンタル経験者でも再発した経験を持っているかどうかです。

心療内科に通院していたほとんどが途中で通院をやめる

メンタルと通称括られる精神疾患は再発率が非常に高い病気です。

そのため心療内科に通っていたとしても、途中で通うのをやめる人も多いのです。

心療内科の治療と途中で打ち切ってするべきでない理由は断薬による症状が出やすいからです。

寝れない、手の震え、集中を欠くなど様々な自覚症状が起こります。

心療内科でカウンセリングのみ受けて薬を服用していないケースというのも珍しく言い方を変えれば心療内科の医師は処方箋発行会社のような印象を感じます。

心療内科との付き合い方

心療内科の医師や先生に頼りっぱなしでもなかなかメンタルというのはよくなりません。

それに「本当に話を聞いてくれているのか?」

と辛い思いをして数分で「少しずつやっていきましょう」という言葉で締め括られるのに疑問を感じる方も多いと思います。

根本は心療内科医も商売でやっており、医療報酬に沿った運営をしています。

ちゃんと話を聞いてくれる相手を求めるならば、カウンセラーを別で探す方がいいでしょう。

なぜ心療内科の診察は短いのか

心療内科は基本的に再診の場合5分〜10分の診療時間で予約表を作っています。

長時間患者と向き合うという診察スタイルというのは非常に少ないです。

その割にメンタルを患っている方が、「待っておかなければならない」という待ち時間に『拘束感』を感じ何か損をしているような感覚があるかもしれません。

心療内科の診療報酬の仕組み

実は30分以上の診察と30分未満の診察の差というのは病院の収益として700円しか変わりません。

そして30分未満の場合は5分以上の診察というのも診療報酬の条件となっています。

つまり一番病院の生産性を上げるには平均10分程度の診察なのです。

心療内科と薬の選び方に差はあるのか

差があるかないかで言えば漢方推奨の医師かどうかくらいの差だと言えます。

ほとんどの場合は精神安定薬やSSRIの処方となり差は少ないと言えます。

では、どんなことに注意して心療内科を選ぶべきか。

大きな病院・大学病院を選ぶ必要性

大きな病院や大学病院の心療内科・精神科の医師の方が安心だ、という意見も中にはあります。

しかし、まずは病院に行くことが少しでも億劫にならない場所を選ぶというのも重要なことです。

『すぐに治る』そう願いたいのはわかりますが、やはり長期間のケアが必要となり通院し始めて間もない時は基本的に週に1回ペースでの通院となるので待ち時間などを考えるとお勧めはできません。

総合病院に紹介状が出た時の経験

筆者である私の経験としては、パニック障害と診断される前、『目眩や耳鳴り』があった時期があり明らかに当時ストレスがかかる日常を過ごしていたため心療内科に受診しました。

しかし、目眩や耳鳴りの症状も含め一度検査をしてみましょう、と総合病院に紹介状を書いてもらいました。

実際行くと、普通の街の耳鼻科でできるような検査に3時間かかり、念のためと脳神経外科での検査となりました。

ここで午前一番で行った状態から、すでに昼が過ぎていました。

血液検査やCTなども含め、最終的に耳鼻科の医師から「大丈夫ですね、以上はありません」と言われました。

「精神的な部分からであれば心療内科をおすすめしますが?」と言われ、総合病院の待ち時間と融通が効かない部分で通院をしないことに決めました。

『安心できたならいいじゃないか』と思う方は、良いですがメンタルの方ほど待ち時間が辛いと感じる人も多いはずです。

薬の副作用は想像より大きいと考えるべき

軽度のメンタルで薬を服用するな、という見出しを見かけますが内容はともかくとして、パニック障害や不安障害・鬱・躁鬱などへの投薬治療の副作用は想像より大きく出てしまう場合が多いです。

軽度の症状が重篤化したように感じることもあるというのは少し理解ができます。

精神疾患での薬の副作用は吐き気や目眩、幻聴・耳鳴り、極度の眠気などほとんどを経験しましたが、病院にたどり着くまで相当苦労します。

そのため、病院はなるべく様々な都合を考えても行きやすい場所・得意なエリアを選ぶことをおすすめします。

心療内科を選ぶ時は立地が大切

基礎部分として立地です。

心療内科は不思議なことに3階以上のビル内に開業している場合が多く、エレベーターでなければ5階以上まで階段で上がらないといけないという可能性も出てきます。

不安障害やパニック障害で最初は電車に乗れないだけだったのに、気がつけば閉所の多くが苦手になっていたということもあります。

もしも3階以内で階段で楽に行けない病院しかない場合は、エレベーターがせめてあるほうがいいと言えます。

職場の近くや家の近くを安易に選んでは行けない理由

心療内科も慣れてしまえばい通院に偏見はなくなるのですが、普通の内科は入りやすいのに心療内科は入りにくい感じる人も多いと思います。

中には人に見られなくない、職場の人に見られたくないなど悩みを抱えている場合もあります。

前述通り、職場の近くで通院して自宅療養となった場合、転院するのもまた苦労があるためなるべく一回で心療内科の病院選びは決めたいところです。

コラムカテゴリの最新記事