営業マンの『給料の格差』がツラい時代

営業マンの『給料の格差』がツラい時代

営業マンの『給料の格差』がツラい時代

男女の年収差も約100万円ある時代、様々なところで営業マンという比較的安定的職業の日常をツラくさせています。

今回はそんな営業マンの『給料の格差』がツラい時代を乗り越えるためのお話しをしていきます。

営業マンの給料格差を埋める方法=転職

営業マンの『給料の格差』がツラい時代に唯一逃げ出す方法は『転職』です。

転職をさせたいのではなく、今の給料に満足していない営業マンが多いからこそこの記事が皆さんにクリックされたのです。

給料格差は給料が多い側は不自由しません。

給料格差で給料が低い側しかこのツラさはわからないと言えます

 

営業マンの『給料の格差』はツラくとも転職しない理由

  • 今の生活を変えるのが面倒である
  • 積み上げたキャリアが振り出しのゼロに戻る
  • 給料や待遇が悪くなるリスク
  • 会社に恩や借金がある
  • 前科がある
  • 1つの企業で勤め上げる事が当たり前だと思っている

営業マンの『給料の格差』がツラくとも、転職をしない理由で多いのは、『面倒』だということです。

人間は慣れた環境に居心地の良さを感じるものです。

知らない人が多い環境や慣れない場所に身を置くことにストレスを感じるのは、皆同じですが、そのストレスに前向きに向き合う営業マンだけが給料格差の勝ち組にいると言えます。

転職で営業マンの『給料の格差』が悪化する可能性

転職をしてキャリアがゼロに戻るという営業マンの不安も理解できます。

給料や待遇が悪くなる可能性があるということにリスクを感じている人も大勢います。

もちろん間違った転職を営業マンはする給料が下がってしまう可能性はあります。

営業マンの『給料の格差』を埋める転職の仕方

やはり重要なのは自分という営業マンのキャリアを任せる転職サイトや転職エージェントの選ぶことが重要となります。

営業マンを含め正社員が転職して給料が上がるのは40%以下という厳しい数字があるのは、自分で良さそうな会社へ転職してしまった。というケースが多いのです。

しっかり給料格差から抜け出したいならば、キャリアコンサルタントの意見は非常に重要だと言えます。

営業マンの『給料の格差』を埋める転職エージェントの選び方

では、営業マンの『給料の格差』を埋める転職エージェントとはどんな会社なのか。

という疑問にぶつかります。

転職エージェントを選ぶ上で重要なのはワンステップ上のキャリア形成を得意とする転職エージェントを選ぶことです。

今の時代、転職先はいくらでもあります。

簡単にオファーも受けとれるからこそ、簡単に自分に興味をもってもらえないくらいの求人を扱っている転職エージェントを選ぶことがお勧めです。

営業マンの『給料の格差』は闘わない限り続く

給料格差は会社の景気や社会情勢が良くなれば、なくなるというものではありません。

常に会社や経営者は人件費を削るため頭を使っています。

それと同時にいかに優れた営業マンを会社に入れるか、放出を止めるかを考えています。

つまり、自分という営業マンが『優れた営業マン』側にならないと会社の待遇や給料、格差は縮まらないのです。

なぜ営業マンの『給料の格差』が生まれるのか

学歴、有名大学卒という学生時代のキャリア

雇用体系(契約社員や非正規社員雇用)

会社の規模

の3つが大きく関係してきます。

高卒での入社と、大卒であればそもそもの基本給が違います。

単純に同じ成績を残しても出世するスピードは学歴が高い営業マンは早くなります。

しかし、企業によっては学歴不問で学歴による採用基準が全くないこともあります。

具体的にはフルコミッションの営業職などまさにそのような給料体系です。

売れば大学卒でも中卒の営業マンの方が給料も高く、出世の話もまわってきます。

 

営業マンの『給料の格差』は雇用体系が原因

営業マンの『給料の格差』は正社員での雇用かどうかによっても変わってきます。

これは給料だけでなく『ボーナスや退職金』に大きな差が生まれます。

最もわかりやすいのが東証一部上場の有名財閥企業は中途採用で契約社員の場合、退職金は『勤務年数×1万円』です。

しかし、大卒の正社員であればそのような計算式でなく数百万円〜1000万円を超える退職金が支給されます。

このことを考えると、いち早く自分のキャリアを再構築する転職をしなければ老後格差にまで発展してしまうのです。

営業マンの『給料の格差』は老齢破産へ

 

退職前に所有している自宅の住宅ローンを完済できる営業マンは少なく、ほとんどの場合が退職金の一部で完済をさせます。

そして、完済した自宅をダウンサイジングさせ、賃貸や小さなマンションへ引っ越し生活費を抑えるのが理想です。

しかし、そもそも給料格差があり貯蓄が少ない営業マンが退職金もほぼない状態で、住宅ローンの完済は難しいと言えます。

すると高齢で自宅を売却したり生活資金が足りなくなる老齢破産を招きかねないのです。

 

「営業マンの『給料の格差』がツラい」のまとめ

「昇給はある」「昇進もある」そう期待していても、いつまで経っても変わらない待遇で諦めている人も多いと思います。

しかし、諦めて働くとこの先もっと過酷でツラい生活が待ち受けます。

身体が動かなくなるまで生活費のために働く人生にしたくなければ決断は重要だと言えます。

転職カテゴリの最新記事