『営業マンの転職回数』は気にしなくて良い

『営業マンの転職回数』は気にしなくて良い

営業マンの転職回数は気にするな

今、営業という仕事は激変しています。

特に、キャリアパスに関しては一流企業に居続ける必要性や価値が急激に落ち込んでいます。

その理由は『社歴』で重要な仕事や給料に直結する仕事が与えられず下積みをさせられるためです。

近年、外資系企業や中小企業は『経験』より『ポテンシャル』を意識した採用方針が強くなっています。

そのため、今後国内企業も『新卒依存』の仕組みが見直されていくことが予想されます。

『営業マンの転職回数』への偏見はなくなる

そんな営業の世界で、『転職数=諦めた数』という偏見はかなり薄れてきました。

今では有名大学卒ですら東証一部の上場企業に就職し半年で退職する人が多いです。

その理由は会社に馴染めないのではなく、この会社にいる価値や時間をロスすると判断し『損切り』をしたと言えるのです。

そんな一流の判断をするエリート営業マンは結果として学ぶ企業を探し、実力を付け結果として独立したり、一流企業へエグゼクティブとして出戻りすることも多くあるのです。

転職回数で営業マンの能力を判断する会社は少ない

転職回数で人材を判断するのは、一部の企業で尚且つ限られた職域へ配属を希望しているものに目立ちます。

『お堅い仕事』と言われている仕事はもちろん、転職歴は見られますが、書類審査なしで、直接面接という企業も最近は多いため営業マンという職歴を活かして自分を売り込めばいいだけの話なのです。

トップセールスマンはどんどん転職する

「転職回数がキャリアに影響する」などと同僚や家族はいうかもしれません。

しかし、それは『雇ってもらう』『営業させてやる』という主従関係で会社と営業マンを見ている人たちの考えです。

トップセールスマン、できる営業マン、一流の営業マンは、想像以上に転職回数が多い傾向にあります。

理由はミッションをあたえられ、期待に結果で応えられたら、また次の会社が今以上に良い条件で仕事のオファーをくれるからです。

トップセールスマンは転職してあげる

前述通り、トップセールスマンは会社に骨を埋めようという愛社精神は少なく、自分をより必要としてくれる会社を大切にします。

もっと考えると、『働かせてあげる・雇ってあげる』なんて言える立場で会社や企業はなくなっているのです。

むしろ、自分のモチベーションを高められる職場で営業成績を上げれば、『転職を考えても良い』『働いてもいい』と営業マンの立場は強くなるのです。

営業マンの最低な転職とは?

『転職回数をごまかす』『嘘・虚偽をする』ことで入社した転職は最低と言えます。

なぜなら、そもそも自分は『弱い』と自分自身が認めてしまっているためです。

そして『転職回数=諦めた数』と自分が思ってしまっているためです。

自分のキャリアに嘘をつくということは、会社にバレるかよりも自分自身を信じられなくなるため綺麗事でなくやめるべきことです。

営業マンの転職回数はバレない

確かに、あらゆる条件が重なりで転職・退職がバレないこともあります。

しかし、バレないからと道端にポイ捨てしたり立ち小便をするのと同じ発想です。

わざわざバレたときに自分に大きな損害を与えるリスクは取らないでいいでしょう。

営業マンは転職を常に考えるべき

転職エージェントでオファーゼロにならないために

転職活動というのは自分の価値を客観的に見る非常に重要なタスクです。

今はハイクラス求人の転職エージェントが増えており、未公開求人のオファーをする会社が多くあります。

転職エージェントに登録して、オファーが全くこない営業マンもいます。

そんな営業マンは自分の売り込み方を間違えている、或いは客観的に企業の求めている営業マンと『何か』が相違しているのです。

そんな答え合わせも日頃からしておくことが重要です。

ハイクラス求人エージェントの登録で実力が試してみる

※かなりレベルの高い求人オファーが多数あります。ここでオファーがくれば安心して良いと言えます。

※外資系に強いハイクラス求人は年収2倍も目指せます。

一流の営業マンか全国のトップセールスを見ているキャリアコンサルタントにはどう映るか、

試すにはベストワンです。

転職カテゴリの最新記事