『できない上司』の演技力が部下を育てる

前回記事にした下記の記事で質問を頂きました。

管理職になる決断力ならない決断力

一流のビジネスマンになるためには部下の教育が重要だと思います。部下を育てるコツを伝授してください。

とのことでしたのでお答えします。



できない上司を部下に演じてあげるのも一流

まず管理職に上がることができたということは、遅かれ早かれ結果を出したということです。

「おめでとうございます!」

というところからですね。

まず、敏腕営業マンに営業のノウハウのコーチやトレーナーを指名するといつもおもしろいほど不発します。

それはなぜか、を一緒に考えてもらいたいのです。

売れる営業マンは部下のマネジメントできない

売れる営業マンはマネジメントできないことが多い理由は、簡単です。

『なんでも自分でできてしまうからです』

自分では簡単に売れるし、落とさない案件を落としてくる営業マンには理解できないのです。

しかし、そんな売れる営業マンも元々売れなかったのを棚に上げてしまうから不発します。



絶対やってはいけない上司の仕事

絶対やってはいけない上司の仕事は、上司である自分がプレーヤーとして現場に出てしまうことです。

管理職やマネージャーに昇格した後、現場には基本的に出てはいけません。

フィールドマネージャーという言葉がありますが、営業職でフィールドマネージャーとマネージャーが2名いる大きなグループや組織は例外とします。

マネージャーが現場に出たら部下はいらない・育たない

管理職はグループの売上を向上させることが必要とされるコミットです。

管理職に求められているものは、現場の数字ではなく担当部署・部下の売上であり、結果です。

それにも関わらず上司である自分が現場に行くということが、自分の仕事を放棄したということであり、部下の仕事と育つ芽を潰しているのです。

そして、部下は自分の実力不足と言われていると勘違いし、上司として信用も信頼もされなくなります。



上司やマネージャー、管理職は部下に『できない』を装う

上司やマネージャー、管理職は知っていて当たり前、できて当たり前なのです、

さらに言えばできないことがあってはいけないのです。

「俺はできる、お前はできない」というプレッシャーを部下に与える上司は表現は悪いですが、バカ上司でしかないのです。

身近にいる上司が、バカ上司に該当すればぜひ、その人が担当している部署を見てみてくだあさい。

上っ面で返事している会議に、活気のない部下の挨拶、褒めることもなければ叱ることもない上司。

そんな現場で、部下モチベーションはやる気になりません。



できる上司の『できない上司』の演技力は一流

「へぇ〜すごいね」

 

「そうなんだ!いいね!」

 

「いいじゃん、やってみよ!」

 

「僕にはできないや、やってみてくれる?」

 

「わからないから、ちょっと聞いてみるね」

 

「売るコツはわからないんだけど・・・ごにょごにょ。」

 

すべて、意見や部下の声を聞き押し付けない姿勢が受け取れます。



「わからない」わけがないのに、「わからない」と言う意味を考えさせるのも上司の役目です。

「聞いてみるね」という言葉も、わざわざ自分の疑問に深掘りして調べてくれる上司だと部下にイメージを植えつければ良いのです。

もちろん、答えを知っていてもワンクッション置くだけで全て部下にはプラスに作用します。

部下を育てるにはプライドを捨てること

営業マンはプライドが高い人が多いです。

恐らく、この記事を読んでいる貴方もプライドが高いのではないでしょうか?

プライドは意地とも捉えることができます。

意地を張って部下を育てることはできません。

自分はできるがしない。

できないと思わせる。

しかし、できないままでは終わらせない。

見せ所は、本当にスランプになった時の劇的な一言。

部下の責任を喜んで取ること。

そして、上司である人間は、絶対に焦りを顔に出さないことです。