できる営業マンはコンタクトで好印象を手に入れる

営業マンの好印象はコンタクトレンズが重要

できる営業マンは『第一印象』に最も気を使います。

初めの3秒で決まる第一印象を相手の記憶に好印象として残る為に、できる営業マンはどのようなことに気を付けているのでしょうか。

  • 「『かっこいい』や『可愛いくない』から何をしても無理だ」
  • 「昔から目つきが悪いと言われる」
  • 「何もしていないのに子供に泣かれる」

このような悩みを持つ営業マンにこそぜひ、トライしていただきたいお話をしていこうと思います。

『営業マンの第一印象を好印象に変える方法(コンタクトレンズ)』

今から変えられる『第一印象』

営業マンの第一印象は能力や経験と違い、今すぐに変えることができます。

まず基本として見た目で損するリスクの高いポイントを排除していくことを優先順位に置くことをおすすめします。

第一印象を左右する『ひげ』

ひげは女性や子供に嫌われるポイントです。

ひげは『不潔』や『怪しい』『怖い』と言った印象を与えやすく、特に第一印象でこの印象を与えてしまうのは避けるべきだと言えます。

年収1500万円を超えるまでは営業マンはひげを全て剃り、清潔感を演出することを心がけましょう。

年収1500万円を超えれば、『ひげ』よりも自分自身がブランドになっているので、何をしても見た目で大きな損をするリスクは減ると言えます。

第一印象を左右する『眼鏡』

眼鏡は日光やパソコンの光が乱反射し、相手の顔に反射させてしまったり、自分の目線や表情が分かり難くなります。

それが結果として印象を悪くさせてしまうリスクがあります。

特に今眼鏡をかけていて、あまり成績の上がっていない営業マンにはコンタクトレンズに変えてみることをおすすめします。

『コンタクトレンズ』の上手な選び方とコスト

『1DAYコンタクト』がおすすめの理由

営業マンの仕事は朝から深夜まで及ぶことがよくあります。

出張などで海外や遠方に行く営業マンも少なくないと思います。

営業マンにお勧めなコンタクトタイプはやはり『1DAYコンタクト』です。

 1DAYコンタクトは時間を買える

一日限りの使い捨てコンタクトであれば、長時間つけていても目の渇きも気になりませんし、保存液や面倒なタンパク除去などの手間もかかりません。

ゴロついてしまう不快感を最小限にできて、尚且つケアの時短効果があります。

しかし1DAYコンタクトと聞くとやはり『高いイメージ』がありませんか。

『アキビューオアシス』の定価とコスパ

2week6枚入り ¥2,580-  1DAY30枚入 ¥3400-

1日のコストとして『1DAYコンタクト』と『2weekコンタクト』で約170円違ってきます。

定価の半額以下で1DAYコンタクトが手に入る『レンズスマイル』

1DAYコンタクトが高いとはいっても仕事柄、生活費を切り詰めて購入している営業マンも多くいると思います。

そんな営業マンにお勧めなのがコンタクト通販です。

通販でコンタクトを買う=『レンズスマイル』が営業マンにお勧めな理由

レンズスマイルは『処方箋不要』でコンタクトが買える

正規品なのに破格の値段

海外流通の大手有名コンタクトレンズメーカーから直接仕入れているため、コストを最大限にして販売しています。

日本の使い捨てコンタクトレンズ市場は非常に大きいため、日本での販売に注力しているメーカーは、日本市場向けのパッケージを他の諸外国向けとは別に生産・販売します。

そのため、同じ商品でも国内流通品と海外流通品でパッケージが異なることがあるのです。

つまり生産している国とコンタクト自体が全く同じで合っても日本パッケージにするだけで値段が上がっていると言うことです。

➡︎【ジョンソン&ジョンソン最安値に挑戦!レンズスマイル!】

初めてコンタクトレンズをつける営業マンへ

初めてコンタクトレンズをつける時には必ず違和感があります。

慣れるまでは異物が目の中に入っているわけですから、当然のことです。

しかし、今のコンタクトレンズは本当に進化して、違和感や不快感が減りました。

もちろん、数時間経っても違和感がなくならない場合や充血などが起こる場合は他に原因があるかもしれません。

違和感の原因一つ目『レンズの大きさやカーブ、度数が合っていない』

レンズの大きさやカーブはメーカーによって少しずつ異なります。

人それぞれ黒目や眼球の大きさが違うので、コンタクトレンズの大きさも自分に合わせたもの

使用しなければ違和感に結びついてしまいます。

『コンタクトの度数は眼鏡の度数とは違う』と言う点にも注意が必要です。

眼球に直接つけるコンタクトレンズと眼鏡では焦点までの距離が違うからです。

初めはコンタクトの取り扱いのある眼科で自分にあうコンタクトレンズと度数を探してみましょう。

違和感の原因二つ目『つけ方が間違っている』

コンタクトには裏と表があります。

目が見えないからコンタクトをつけるのに裏も面もわからないと思いますが、コンタクトに慣れるまでは眼鏡をつけて裏と面を確認し装着してみましょう。

正しい向きは縁の部分が反っていない綺麗なお椀型です。

この際に埃や傷が入っていないかも確認しておきましょう。

ジョンソン&ジョンソンのコンタクトには裏表のマークが入っている

何年使っていても分かりづらいコンタクトレンズの裏表問題。

これを解決してくれるメーカーがジョンソン&ジョンソンです。

正しい面になっていると手前に『123』と表記が見えるので目に入れてから痛い思いをすることがなくなります。➡︎メーカー推奨のコンタクトレンズの付け方はコチラ

違和感の原因三つ目『ドライアイ 』

目の表面は常に涙で覆われていますが、スマホやテレビ、パソコンの使いすぎで瞬きの回数が減り、眼球が乾燥している状態が『ドライアイ 』です。

初期のドライアイ は、高保水のコンタクトレンズに替え点眼をすることでカバーできます。

それでもよくならない場合は眼科の受診をお勧めいたします。