ジャスティンビーバーのライム病とは

ジャスティンビーバーが発症したライム病とは

最近ジャスティンビーバー氏が『ライム病』に感染し、闘病生活の中で『鬱』にもなっていたことが告白されました。

ジャスティンビーバーを鬱にさせた『ライム病』とは

ライム病はマダニに噛まれることで感染する感染症です。

抗菌薬で治療することが可能ですが、ライム病という診断に至るまでに何年もかかることもあり、抗菌薬を服用するまでに病原体が全身に拡散してしまう患者が多くいます。

1970年代以降アメリカ北東部からライム病とみられる症状の患者が急増し、日本でもこの20年余りで250例近いライム病の報告が挙げられています。

ライム病の症状とは

感染初期ステージ1の段階ではインフルエンザウイルスに感染した時と似た症状が出ます。

『発熱、筋肉痛、関節痛、頭痛、悪寒、倦怠感、リンパの腫れ』などです。

マダニに噛まれた痕の周りがアレルギー反応を起こし皮膚が赤くなった時には感染が見つかりやすいのですが、全く皮膚症状が起きずインフルエンザや風邪と誤診がつくこともあります。

感染播種期ステージ2まで感染が進むと全身に病原体が周り、神経異常を引き起こします。

また全身の痛みは慢性化し関節炎などによりさらに痛みと高熱が続きます。

感染慢性期ステージ3はマダニに噛まれてから数ヶ月~数年と言われています。

  • 全身の激しい痛み
  • 起き上がることができない倦怠感
  • 皮膚がただれる
  • 睡眠障害
  • 認知機能障害
  • 顔面麻痺 など

ステージ3になると全身へのダメージがひどく多数の合併症も発症します。

ベットから起き上がることもできず寝たきり状態になります。

ライム病は完治できる?

ライム病は初期段階で発見し抗菌薬を14日間服用すれば完治できる感染症です。

しかし、未だ認知度が低く発見が遅れることもあり神経症状や心疾患、また脳血管に進入した場合は脳血管疾患などにより後遺症が残ることもあります。

乳幼児や高齢者などのハイリスク患者が感染すると死に至る危険がある感染症です。

また、症状の辛さにより完治後もうつ病などの精神疾患を患う危険があります。

マダニは『ライム病』以外にも感染する可能性がある

ライム病はボレリア菌という、マダニが持っている多くの菌の中の一つです。

マダニは他にも

  • クラミジア
  • マイコプラズマ
  • パルトネラ菌
  • ERウイルスなどのウイルス

も持っているので他の感染症も同時に感染する可能性があります。

ライム病に感染した著名人

今回ジャスティンビーバーの告白により『ライム病』という感染症のなが有名になりました。

実は過去にもアメリカの著名人もたくさん感染していることはあまり知られていません。

『リチャード・ギア』Richard Tiffany Ger

日本好きでも有名なリチャード・ギアもライム病感染の過去がある一人です。

映画『HACHI 約束の犬』でも主演していたリチャードは自身の愛犬に付着していたマダニに噛まれ発症しました。

『アヴリル・ラヴィーン』Avril Ramona Lavigne

シングルアルバムは日本でも大ヒットした歌姫のアヴィリルもライム病感染により2014年から音楽活動を休止していました。

アヴィリルの症状は関節痛と高熱です。およそ半年間インフルエンザウイルスに感染したときのような症状が続き、ライム病と診断されるまでの数ヶ月間『重度の精神病』だと診断され原因不明の中苦しむことで死を覚悟したほどだと告白しています。

日本でも感染!『ライム病』を防ぐ方法

  • 靴や洋服の上からも虫よけや殺虫剤を使用すること
  • 洋服などに飛び乗ったマダニは、すぐにマダニを駆除すること
  • 皮膚に付着した場合は、無理に引き抜くと頭や体の一部が皮膚に入り込んだままになり感染してしまうため、医療機関で駆除してもらう。
  • 牧場や草むら、森林に入る際は、なるべく、マダニに気付きやすい白系の服を着ること
  • 靴下の中にズボンを入れて、長袖、長ズボン
  • 山登りの際は、道の真ん中を歩く。
  • 帰宅時は、同行した人同士互いに身体をチェックする。
  • 登山や草むらに入った場合は、帰宅後すぐにシャワーする。
  • 海外や国内旅行先で、マダニ媒介感染症地域をチェックしておくなど。

この記事の担当は:一流養成学校の医療記事ライター 向日葵

元看護師で医療系記事をメインに書く執筆家。

執筆家としての経験はまだ浅いが知識や経験、医療現場での体験談にはライター一同興味津々。

最近の人気記事は、ウブロを急に買ったという医療と関係ない記事が話題に。

➡︎貯金なしでウブロを買ってみたの記事を読む