退職代行サービス『退職代行Jobs』がおすすめできるか本気で検証

今話題の退職代行Jobsとは?➡︎真剣に調査

退職代行Jobsと弁護士資格

一流の国家資格、弁護士資格を持つ西前啓子氏が退職のサポートを行う退職代行Jobs。

退職代行Jobsは退職代行サービスの分野では比較的早くマーケティングを行いシェアを確保しました。

そのため退職代行の業界では知名度はかなり高く、退職代行サービスは新規参入も多い市場ですが「退職代行といえば・・・」というブランディングが確立されつつあります。➡︎知名度も高い退職代行Jobsのサイトを見てみる

そして、金額的にも弁護士事務所よりもかなり安く、弁護士資格のない退職代行よりも安いというプライスバリューも味方しています。

退職代行Jobsが有名になったポイント

退職するにあたっての情報コンテンツの販売に近いセールスマーケティングをしているのも、ポイントです。

具体的には、弁護士先生に任せきりになりがちな訴訟のイメージとは違い、完璧に今の会社を辞めきるための必要なフォーマットが一番の商品だと言えます。

退職代行Jobsは退職する日まで追加金なしで相談を受けられる

退職代行Jobsはあくまでも退職がコミットではなく、次の仕事や転職というライフイベントへクライアントを送り出すのをコミットにしている点でしょう。

一見「ん?」となるセラピスト弁護士という名前も、納得のアドバイス力が魅力です。

女性の弁護士がサポートするから女性も安心

やはりいくら弁護士でも、男性と話をするのは苦手という方もいると思います。

女性の弁護士だからこそ、優しくサポートしてくれるのも嬉しいところでしょう。

退職代行Jobsはいくらで退職できる?

多くの場合、雇用形態で相談料が異なる退職代行業ですが、退職代行Jobsはわかりやすく、一律で退職代行費用は29,800円です。➡︎早く退職したいから相談するならコチラ

退職代行Jobsはあくまでも退職代行

弁護士資格を持つ西前啓子氏が退職のサポートを行う退職代行Jobsですが、退職代行Jobsは弁護士事務所ではないことだけ、誤解がないようにお伝えしておきます。

第二東京弁護士会所属弁護士 西前 啓子 (敬称省略)

これは紛れもない事実ですが、退職代行Jobsは弁護士事務所ではありません。

退職代行Jobsは顧問弁護士1人で大丈夫なのか?

退職代行Jobsは顧問弁護士1名の運営しています。

しかし、退職代行サービスをリーズナブルに行うため、LINEやメール、電話などを積極的に使用し多くのクライアントをサポートしています。(24時間・365日サポート)

退職代行サービス自体が、接見が義務付けられていない業務のため法律上も問題はもちろんありません。

そして、法律家である弁護士が作成した文書やフォーマットにはかなりの効力があり、労務裁判になれば圧倒的に従業員側が有利で、企業側が不利なことを少しの知識さえあれば知り得ることのできる知識なので、ほぼ退職できないということはないでしょう。➡︎まずは一度相談してみる

退職代行Jobsより、弁護士事務所に退職代行を頼む?

退職代行Jobsではなく、他にも退職代行サービスを行なっている会社は多くあります。

その中でも法律事務所が退職代行をしている場合、どれくらいの金額差が出るかというと、約2万円です。

もちろん、高い安いはありますし、雇用形態によっても変わってきます。

しかし、弁護士事務所の名前を出すかどうかで2万円の差、退職するのに5万円を超える出費は退職したいだけではなく懐との相談も多くなりそうです。