転職エージェントを使うならリクナビエージェント

転職業界でダントツのパワーを持つリクルート。

リクルートが運営する転職サイトリクナビNEXTでもシェア率No.1の完璧な地位を築いた、メガ転職サイトです。➡︎リクナビNEXTの魅力や利用メリットに関する記事を読む

今回は、そんなリクルートが運営するリクナビエージェントを上手に利用する秘訣や強み、メガ転職サイトを運営するリクルートだから起こるデメリットなどもお話ししていきます。

リクナビエージェントは使うべきかどうか

リクナビエージェントは一言で言えば自動転職ツール

転職エージェントは『自分で企業を探す』という手間や面接のアポ取り、会社の社風や給料などの実情報も全てエージェントが教えてくれます。

そして、複数の企業をピックアップして選べるため、時短で転職を成功させる鍵にもなります。

更には、採用者や企業との交渉もリクナビエージェントは得意としているため、『採用されやすい』ポジションに利用者側をプッシュしてくれるメリットがあります。

リクナビエージェントは何をしてくれる?

リクナビエージェントはリクナビNEXTなど求人情報に圧倒的なパワーを持っているため、過去の求人や企業の採用事例など膨大なデータ量を自社でストックしています。

そのため他社の転職エージェントよりも、マッチングさせる情報量が多いため提案の質が高いと言えます。➡︎リクルートエージェントを利用してみる

リクナビエージェントの面接対策は圧巻

リクナビエージェントでは過去に自社が紹介して、採用された人や転職に成功した人がどんな面接をされ、どんな質問をされたかという細かい情報を持っています。

そのためエージェントの担当者の中には、『面接ほど転職で重要なことはない』と電話などで面接ノウハウや練習などを一緒にしてくれるほどのフォロー力を持っています。

リクナビエージェントの他社エージェントとの差は何か

転職という人生の転機だからこそ、人生を任せるエージェント選びは失敗したくないと思う方も多いと思います。

その中でリクナビエージェントは数多くある転職エージェントと何が違うのか、を明確にお話しておきます。

リクナビエージェントが扱う求人数は業界1位だというのは有名です。

その甲斐もあり、幅広い業種の転職案件・求人情報があります。

逆に言えば、幅広い情報や転職案件・求人案件を抱えているからこそ、専門的な分野に特化したエージェントには差がついてしまいます。

リクナビエージェントと専門分野のエージェントの差

リクナビエージェントは全国に求人者や登録者への仕事を提案するため、受け皿である企業もある程度の採用予定数を抱えておく必要があります。

そして、転職エージェントとしてメガボリュームを持ち登録者数も圧倒的なため1名の求人に対して5000人ほどの応募があると求人募集をしている企業へストレスがかかってしまいます。

そのため、リクナビエージェントで紹介される案件は採用される可能性も高い分、ライバルも多いというのが特徴だと言えます。

専門・特化型転職エージェントにリクナビエージェントが負ける部分

どうしても閉鎖的で専門性が高い業種やエグゼクティブは、一般求人ではなく非公開求人ばかりが対象となるケースが多く、エージェント担当者の提案力や経験・知識などで転職の結果が左右することがあります。

特に、医療関係・会社経営者(エグゼクティブ)・エンジニア・アパレル関係は専門・特化型エージェントと併用するか専門・特化型の転職サイトとの併用をおすすめします

リクナビエージェントの利用に向いている人のイメージ

リクナビエージェントは求人案件・求人数共にどれだけの人が応募しても困らないほどの企業とのコネクションがあると言っても良いでしょう。

その中で、転職はしたい!けど行きたい会社を絞り込めていないという場合や、「営業職希望で『年収がこれくらい』というざっくりな希望しか決まっていないという人や、こんな社風・社員が多いという求人情報だけではわからない部分にこだわって転職をしたい人はリクナビエージェントがおすすめです。➡︎リクルートエージェントを利用してみる

プロのエージェントは採用のさせ方を知っている

エージェントを利用するメリットとしては、企業とエントリーする応募者の中間のポジションで仲介してくれるということです。

比較的企業よりもエージェントに登録している転職希望者へ歩み寄るスタンスなのが、リクナビエージェントです。

人を見るプロのエージェントの担当者は、新しい仕事に就いてもらうのが仕事であるため、転職希望者のポテンシャルやスキル・経験を活かす仕事や企業に採用させる方法を知っているのです。

転職サイトは自分の独自の基準で応募を決められる分・待遇の交渉などを自分でする必要があるため採用する側とされる側でパワーバランスが明確に出てしまい、採用される側が弱い傾向があります。

転職エージェントはどっちの味方?『採用される側?採用する側?』

限定・非公開求人、エージェント独自の採用枠がある分、強気の採用

専門・特化型のエージェントは非公開案件に強い分、企業との関係を重要視する分、採用する側が主導権を握るケースもしばしばあります。

しかしその分、日本で数人しか知らない求人情報を知ることができるというのは、専門・特化型エージェントの魅力だと言えます。

リクナビエージェント関連記事はこちら

この一流営業マン向け転職サイトのコンテンツでは、リクナビNEXTの魅力や利用価値などにクローズアップしています。

【おすすめ】一流の営業マン向けの転職サイト