会議中に思い切りあくびをする営業マン

『あくび』をすると「やる気がない」「不真面目」などと

怒られるのが普通ですが、実は『あくび』は

最高のリラックススキルだということをご存知ですか?

このコンテンツを読みながらぜひ、今回は「あくび」をし放題してみてください。

『あくび』させて会議の効率を大幅アップ

あくびは、身体的な行動で言えば、たくさんの空気を取り込むことを言います。

眠たい時にあくびは出ると言いますが、実は脳の酸欠状態に空気を急いで取り込もうとする緊急回避プログラムのようなものなのです。

確かに睡眠不足で「あくび」は出ますが、そもそも「あくび」をしたいと思った時に我慢するのは脳がどんどん熱くなっているのにわざと冷却水を抜くようなものなのです。

上司は会議が煮詰まれば部下に「あくび」をさせる

長時間のセミナーや研修の時に講師たちの中には、少し手足を動かして気分転換してみましょうと促す講師がいます。

そんな講師は比較的、重要科目を教えている講師に多く手足を動かし伸びをすることで運動量を上げ酸素を多く脳に送りこまそうとしています。

会議で意見が出ず長時間進展のない状態で『あくび』などしようものならストレスの苛立ちを思い切りあくびをした人間にぶつけます。

しかし、実際会議中にあくびをする人間は、脳を使い脳内の温度を上げている人がいるため、黙って他のことを考えているような隠れサボりマンより余程、優秀だと言えるのです。

そのため、上司になれば『あくび』をさせて煮詰まった会議に一度、区切りを付けさせるのに効果的だと覚えておくと良いでしょう。

休日にあくびをするのは最大のリラクゼーション

今のビジネスシーンでパソコンやタブレット、スマホも含め非常に目を酷使しています。

目と脳の距離は短く、目の疲労感は脳に直接リンクしていきます。

そのため、眼精疲労が続くと頭痛や目眩につながるのも理解できます。

休日はゆっくり公園に散歩へ行き、あくびをして思い切り酸素を取り入れることをおすすめします。

『自然酸素吸入』は想像以上に効果があり、特に太陽を浴びてあくびをすれば、セロトニン物質が出て自分の精神状態を安定させる効果があります。

ゆっくり散歩することが、最高の精神安定剤になることも一流になるならば知っておくべきだと言えます。

好きな人の前で『あくび』はつまらないのではなく安心している

恋人の前で『あくび』をするとデートがつまらない、一緒にいるのが退屈だと思われるかもしれませんが、『あくび』はストレスフルの状態の時に出ることもありますが、基本的には安心している時に『あくび』は出ます。

つまり、心を許しているということです。

人間も動物です。

犬は飼い主の前で気持ちよさそうに『あくび』をしていたら『ほっこり』とした気分になります。

それと同じくらい『安心』を共有させるのも人間関係を良くさせるきっかけになると言えます。

ちなみに、「緊張感を持って会議に参加しろ」と言われても、ポテンシャルを発揮できないほどストレスフルになれば意味がありません。

恋人同様ある程度、脳が発熱しない程度にリラックスした空気感を作るのも上司やリーダーのミッションかもしれません。

わざと『あくび』をして酸欠状態を回避させる

過度の緊張をすると前述通り『なまあくび』とも呼ばれるあくびを連発します。

その時に脳は酸素をたくさん取り入れ脳内の温度を下げたり、酸欠を改善させようと働いています。

このあくびを我慢してしまうと酸欠は悪化し、目眩や失神、気絶などの状態にまで発展する可能性があります。

自分が緊張しそうな時には、あくびをして酸素に十分空気を送り込むことが自分自身のポテンシャルを最大限発揮できるテクニックだと言えるのです。

周りにどう思われても結果が出せれば、出したものが勝ち上がるのが今のビジネスシーンです。

押し殺すくらいなら、思い切り『あくび』をしてやってはいかがでしょうか。