一人暮らしも効果あり!電気代を節約して手取りの給料を守る!

一人暮らしでも十分メリットありの電気代節約『エネチェンジ』

電気代を節約して手取りの給料を守る!5分の面倒が数千円に。

最近よく聞く電気代の節約、面倒な話でしょ?

最近よく聞く電気代を安くしませんか?という言葉。

テレビのCMやラジオ、電話で勧誘されることもあります。

実際営業される言葉は都合の良いことばかりで信用ならないと言う気持ちもよくわかります。

実際、一流養成学校の事務所オフィスでも営業の電話が数件ありました。

今回そんな営業の電話をきっかけに本当に安くなるのか。

どれくらい面倒な話なのかを調べてみました。

その面倒な一手間でどれくらい電気代を安くすることができるのかも、みなさんに平等な目線でお話していこうとおもいます。

何で電気代が安くなる?面倒なのはごめんだ

2016年から始まった電力小売自由化が今までの電力会社から変えて電気代を安くするというきっかけになりました。

しかし、いろいろな会社が売り出しており、どこが安くなるのかわからないという疑問など不安や心配事も多くあります。

何より手続きが面倒で、折角の休日を工事などに費やすのは勘弁してほしいという気持ちもよくわかります。

いくら安くなるか平等に調べるサイト『エネチェンジ』を使う

いくら電気代を安くできるかわかる電力比較サイト『エネチェンジ』は国内最大級の電力比較サイトです。

面倒な手続き不要で一瞬で電気代がお得になります。

サイト内の『エネチェンジ電力比較』では、住んでいる地域と電気の利用状況を元に料金シミュレーションを行えます。

使用アンペアなどがわからないという質問などもQ&Aがあり、簡単に試算ができました。

『エネチェンジ電力比較』は住んでいる家の最も安くてお得な電気料金プランをランキング形式で教えてくれます。

損得が明確にわかるので、検討するにしても何を検討するかが簡単にわかります。

さらに『エネチェンジ』の提携電力会社への契約切り替えをワンストップできるのも魅力でした。

エネチェンジの簡単手続きマニュアル

 

解約金などが心配・工事の日程調整とか電力会社に不安

解約金などが心配・工事の日程調整とか電力会社に不安など様々なところから、電力会社の切替が億劫になっているかもしれません。

エネチェンジは申し込みもわかりやすいサイト構成で、工事や今までの電力会社に解約の電話もしなくてOKなのが魅力でした。

停電の心配・安い理由、信用 全部の質問に答えられるエネチェンジ

新しい電力会社のサポート体制の充実度なども経済産業省がチェック済みなので安心。

解約金の有無なども最初からわかっていれば、将来ゴタつく心配もありません。

実は地方の電気代に得感が大きい?

地方のマンションや戸建てを含め、プロパンガス・都市ガスを利用している人はガス代が平均して高い傾向にあるようです。

そのため寒い日本海側に住んでいる人たちなどは、特に冬場の電気ストーブや電気毛布・こたつなど多くの電気を使うため都市部よりも光熱費を多く払っている可能性があります。

年間1万円浮くのがケチな考えならば、しなくて良い見直し

一方、お金に不自由していない。

年収は2000万円ほどあり、今の光熱費をいくら支払っているかわからず、いくらでも良いという経済的に余裕がある人も一流養成学校の読者さんはいると思います。

そんな人には先にお話しておくと、安くすることがメインテーマなので他のコンテンツをお読みください。