営業マンの節約方法

営業マンの節約方法

できる営業マンもしている節約方法

営業マンになっても給料が増えない、年収が低い。

『結婚式貧乏』など営業マンでいる限り、出費は多いものです。

その中でできる営業マンも『意外と倹約家』なところがあり、スマホをいち早く格安スマホに切り替えたりしています。

https://1ryu-school.com/?p=813

今回はそんな営業マンにとっておすすめの『節約術』を紹介します。

営業携帯があるなら個人スマホは最低限に

営業携帯が最近はガラケーからスマホに変わりつつあり、ほぼ平日は仕事携帯・スマホにかかりっきりという営業マンも多いと思います。

そんな時に上手にスマホ料金を調整すれば、収入は増えずとも支出は大きく減らすことができます。

速くて安いは当たり前の格安スマホ業界

今となっては大手キャリアであるソフトバンクやau、docomoと何を比較して劣るのかがわからなくなるまでになりました。

確かに新作iPhoneの取り扱いやブランドバリュー、今まで使ってきたキャリアという安心感はあると思いますが、月々の使用料が年間を通じて数万円以上浮かせることができる時点で替えない理由が浮かばなくなってきます。

UQ mobile



契約のし易さ『家族割』など大手キャリアに負けない

UQモバイルはすでに全国展開をしており、格安SIM特有の『対面コミュニケーションがしにくい』というデメリットは完全に解消されています。

実際店舗でも、パフォーマンスの良さや対応力も高く大手の家電量販店に負けない提案力を持っていると言えます。

更に、大手某キャリアと比較した際大手キャリアのスタッフは格安スマホを斜に構えており、「使用料と質は比例します」という説明が最大の殺し文句でした。

しかし、実際どこが優れているかという説明ではキャリアのメリットよりも新機種の話が多く『安心感』『やっぱり』などという言葉を並べるだけでした。

UQモバイルや格安スマホ・SIMを販売するスタッフの対応力

UQモバイルのスタッフに感動したのは、まず礼儀が正しく言葉遣いがよかった点に驚きました。

本来格安スマホや格安と銘打つモノは教育やトレーニングのコストを抑えるため経験者採用を多くします。

経験者採用はどうしても今までの経験が、仇となり契約をしないお客さんと契約をしにきたお客さんへの対応の温度差を強く出してしまいがちです。

もちろん給料に直結するため、人間として当たり前の心理かもしれませんが少なくともUQモバイルのスタッフは違いました。

UQモバイルの提案力はUQモバイルの実力に自信があった

UQモバイルの提案では競合の格安スマホ・SIMを販売している会社との比較が数字を把握して具体的にどこが優っているか、或いはどこが負けているかまで説明をしてくれる部分が満足度を高めました。

具体的にUQモバイルはどこに優れ、プロはどこが負けていると感じたのでしょうか。

UQ mobile

UQモバイルはどこに優れ、どこが負けているのか

UQモバイルは『通信速度』は負けない自信があると自負していました。

実際裏付けとして、専門誌でも速度の安定・速さは最高評価を受け格付け表などでも上位に位置づいていました。

そして、今の時代は通話よりも圧倒的に『通信』に比重が寄っているため、多少他社と比べると通信量は『割高』に感じるかもしれないが使ってみた満足度やストレスフリーな感覚を実感すれば割安に感じると話していました。

格安スマホのキャリアは『住まい』で決まる『都市部か地方』問題

格安スマホ・SIMを販売するキャリアは、得意不得意が分かれているようです。

現在UQモバイルは全国バランスよく、通信速度が安定し『速度』に圧倒的なプライドと自信を持っていました。

その分、通信料だけを比較すると割高に感じるが、UQモバイルよりも通信量が安いキャリアは駅、駅構内などで通信速度が遅くなり、一部のユーザーからは『ほぼ使えない』という声まで見られる格差が生まれています。

しかし、使うニーズによってはUQモバイルでなくても良いという意見も考えられます。

UQ mobile

UQモバイルでなくても良いユーザーとは?

フリーランスで仕事は自宅でするというユーザーは、自宅の無線LANを使用するため、そもそもスマホを持ち歩く時間が少ない人もいます。

その場合は、外出時一定の我慢ができるならば、もっと安いキャリアを選ぶこともできるでしょう。

そして、仕事携帯として使う場合、通話が多く2台持ちである場合などもワイモバイルの魅力である通話し放題が有力候補に上がってきます。

UQモバイルは更に割引でも大手キャリアを追撃

実は様々な割引やキャッシュバックサービスを耳にしますが、格安スマホやSIMを扱うキャリアは割引で『家族割引』『学割』がないことが多く、UQモバイルは早くに割引サービスを導入しています。

今後、ユーザー数が増えれば増えるほど、還元率も見込まれるため一流養成学校としては、UQモバイルを導入していきます。

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎ここから申し込めば今なら、5000円キャッシュバック⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎UQ mobile




一人暮らしでも既婚者でも一度はチェック

電気代を節約して手取りの給料を守る!5分の面倒が数千円に。

最近よく聞く電気代の節約、面倒な話でしょ?

最近よく聞く電気代を安くしませんか?という言葉。

テレビのCMやラジオ、電話で勧誘されることもあります。

実際営業される言葉は都合の良いことばかりで信用ならないと言う気持ちもよくわかります。

実際、一流養成学校の事務所オフィスでも営業の電話が数件ありました。

今回そんな営業の電話をきっかけに本当に安くなるのか。

どれくらい面倒な話なのかを調べてみました。

その面倒な一手間でどれくらい電気代を安くすることができるのかも、みなさんに平等な目線でお話していこうとおもいます。

何で電気代が安くなる?面倒なのはごめんだ

2016年から始まった電力小売自由化が今までの電力会社から変えて電気代を安くするというきっかけになりました。

しかし、いろいろな会社が売り出しており、どこが安くなるのかわからないという疑問など不安や心配事も多くあります。

何より手続きが面倒で、折角の休日を工事などに費やすのは勘弁してほしいという気持ちもよくわかります。

いくら安くなるか平等に調べるサイト『エネチェンジ』を使う

いくら電気代を安くできるかわかる電力比較サイト『エネチェンジ』は国内最大級の電力比較サイトです。

面倒な手続き不要で一瞬で電気代がお得になります。

サイト内の『エネチェンジ電力比較』では、住んでいる地域と電気の利用状況を元に料金シミュレーションを行えます。

使用アンペアなどがわからないという質問などもQ&Aがあり、簡単に試算ができました。

『エネチェンジ電力比較』は住んでいる家の最も安くてお得な電気料金プランをランキング形式で教えてくれます。

損得が明確にわかるので、検討するにしても何を検討するかが簡単にわかります。

さらに『エネチェンジ』の提携電力会社への契約切り替えをワンストップできるのも魅力でした。

エネチェンジの簡単手続きマニュアル

解約金などが心配・工事の日程調整とか電力会社に不安

解約金などが心配・工事の日程調整とか電力会社に不安など様々なところから、電力会社の切替が億劫になっているかもしれません。

エネチェンジは申し込みもわかりやすいサイト構成で、工事や今までの電力会社に解約の電話もしなくてOKなのが魅力でした。

停電の心配・安い理由、信用 全部の質問に答えられるエネチェンジ

新しい電力会社のサポート体制の充実度なども経済産業省がチェック済みなので安心。

解約金の有無なども最初からわかっていれば、将来ゴタつく心配もありません。

実は地方の電気代に得感が大きい?

地方のマンションや戸建てを含め、プロパンガス・都市ガスを利用している人はガス代が平均して高い傾向にあるようです。

そのため寒い日本海側に住んでいる人たちなどは、特に冬場の電気ストーブや電気毛布・こたつなど多くの電気を使うため都市部よりも光熱費を多く払っている可能性があります。

年間1万円浮くのがケチな考えならば、しなくて良い見直し

お金に不自由していない。

年収は2000万円ほどあり、今の光熱費をいくら支払っているかわからず、いくらでも良いという経済的に余裕がある人は『面倒なだけ』だと思って読み流してもらえればと思います。

が、1万円って大きいですよね。





ライフスタイルカテゴリの最新記事