103万円と130万円、損するのはどっち?『130万円の壁』

103万円と130万円、損するのはどっち?『130万円の壁』

「パートをするなら100万円までに」と旦那に言われたり、扶養に入っている子供に言うこともあると思います。

しかし、「え?それ130万円のことでしょ?」と首を傾げられる時もあります。

「130万円だっけ?変わったのか?」なんて聞き逃していませんか?

今回は103万円と130万円、損するのはどっちなのか『130万円の壁』とは何かをお話していきます。

所得税?社会保険料?103万円の壁とは?

年収が103万円を超えると所得税がかかります。

所得税?社会保険料?130万円の壁とは?

年収が130万円を超えると、社会保険料を支払う必要が出てくる金額です。

新しくできた106万円の壁とは?仕事を選ぶと手取りが変わる?

下記の条件を満たしている場合、短時間労働とよばれるパートやアルバイトでも社会保険料を加入する必要があります。

勤務先の正社員が501人以上である場合
月収が88,000円以上である場合
雇用期間が1年以上経過している
所定労働時間が週20時間以上である場合
学生でない場合

簡単にまとめる『年収の壁意』の意味

簡単に誰でもわかるように説明していこうと思います。

103万円と130万円どっちが年収の上限にしていおくべきなのが正解なのか。

それは両方だと言うことです。

要するに、103万円以内であれば可処分所得が一番多いと言うことです。

103万円以上で所得税を払う必要があります。

130万円以上で社会保険を払う必要があります。

130万円以上になれば所得税+社会保険を支払うということです。

過処分所得とは:

可処分所得は『手取り』と呼ばれる金額です。額面というのが税金などを引かれる前の金額です。

年収110万円前後で社会保険料っていくら?

106万円の壁にぶつからず、130万円超えるとどうなる?

106万円の壁(=該当する企業や勤務条件)にぶつからないければ、130万円の年収に対して、約36万円の社会保険料がかかってきます。

つまり131万円稼いでいる人は可処分所得が100万円切ってしまうということです。

そのため、年収110万円ほど稼いでいる人の方が、収入が高くなる計算になります。

それに加え、所得税と住民税の負担もでてくるので、実質はもっと手取りが減ります。

稼げば稼ぐほど支払い義務が多くなる日本のお金事情

節約や副業も含め最高の財テクは手取り額を守る知識

今回はパートやアルバイトの可処分所得と手取りの事情をお話しましたが、1000万円を超える給料の人と900万円前後の人も可処分所得が大きく変わってきます。

上手に稼いで、自分の手取りが少しでも多くなるように勉強するのは、最高の財テクだと言えるでしょう。