ルブタンの次を行くザノッティのデザイナーに学ぶ一流ライフ

ザノッティのデザイナーに学ぶ一流ライフ

レッドソールのシューズに世界中の女性が虜になりました。

今ではメンズラインも知名度を増し、トゲトゲシューズの代名詞と言えます。

今まで、エアマックスやJimmy Choo、トッズなどシューズトレンドが多く生まれてきましたが、スニーカーで20万円オーバーのブランドがトレンドになったのはクリスチャンルブタンが初めてではないでしょうか。

今回はそんなルブタンの次を行くと言われている、ザノッティのシューズデザイナー『ジュゼッペ・ザノッティ』の一流ライフをお伝えしていこうと思います。

ザノッティのワードローブはディオールのデニム

ザノッティのメインワードローブはディオールのブラックデニムがメインで、春夏にはホワイトデニムを好んで着ているそうです。

ディオールはクリス・ヴァンアッシュがデザイナー時代にストリートブランドとモードのテイストをいち早くリンクさせ、当時のディオールオムの愛用者はメンズで脚を綺麗に見せるデニムだと賞賛されていました。

確かに、今でこそジャケットに会うデニムが増えましたが、ブラックジャケットで細身のシルエットに合うデニムは数限られていました。

ルシアンペラフィネはザノッティのワードローブで健在

ルシアンペラフィネはヘンプやスカルのアイコンで日本でも10年ほど前、約20万円〜30万円のカシミアのニットが飛ぶように売れていました。

日本の抱かれたい男で有名な木村拓哉さんやちょいワルオヤジをブランディングし続けるLEONのモデル、ジローラモさんなどが愛用していました。

今は随分日本では落ち着いていますが、海外ではカシミアニットの質はエルメスやロロピアーナ、ジョンスメドレーに負けず劣らずのクオリティで、尚且つ斬新でビビットな色彩が楽しめるルシアンペラフィネは顧客離れしていないようです。

ザノッティの仕事へのモチベーションは営業マンの見本になる

ザノッティの仕事に対する姿勢は、『友人や仲間のためにデザインをする』という気持ちが活力になっているそうです。

もちろん、ザノッティの友人と言えばビヨンセやGドラゴンなど世界的ファッショニスタばかりです。

そして、商品化するデザインは『世界中の女性がどのようなものを欲しがっているか』を真剣に考えているそうです。

営業マンはザノッティから何を学ぶべきか

友人や仲間を顧客と考えると、お金儲けをするためにデザインを考えていないことがわかると思います。

営業マンは売る・提案することが仕事ですが、お客さんのために最高と提案をすることを最優先にすると必然的に、友人や仲間という最高の上顧客を増やし続けることができるということです。

睡眠もモチベーションが上がるザノッティの日々

ザノッティは午前4時半に起きる、完全な朝方ビジネスマンである。

睡眠時間は60分のレンジを設け5時間から6時間と決めているそうです。

睡眠の質を保つために、マルジェラのカシミアのパジャマパンツとTシャツを約10年以上愛用している。

外食好きのザノッティだが、朝は自宅でティータイムを楽しむまでが上質な朝の時間と睡眠時間としているようです。

日本の営業マンもビジネスマンも有意義でモチベーションの上がる習慣を

日本の営業マンやビジネスマンは毎朝地獄のような日々を過ごしている人がほとんどです、

毎朝通勤ラッシュに揺られ、朝食も摂らず缶コーヒーを飲む日々は決して、健康的で有意義な時間とは言い難いでしょう。

さらに、ザノッティの一流ライフでは、睡眠に対する向上心もポイントです。

日本人は、外でのファッションや身だしなみにこだわりますが、部屋着に寝具にこだわる人はまだ限られています。

まして、カシミアのブランドパジャマを着る日本人は、いないと言っても過言ではないでしょう。

しかし、上質なものに身を包むのは本当にリラックスをさせる最高のツールとして、自己投資するべきと言えます

人の目ではなく自分の目と身体を愛するのも一流の生活を送る必須条件でしょう。

できる営業マンになるための靴コンテンツ

Christian Louboutin(クリスチャンルブタン)という『靴』が女性を魅了する魔法の靴底

一流にはなれないダサい靴音

できる営業マン、一流のビジネスマンの靴はこれがオススメ

できる営業マンは靴ベラを持ち歩く(持ち物編)