一流がオススメ『格安スマホ・SIM』本気の『UQモバイル』の速さ

はやくて安いは当たり前の格安スマホ業界

今までは格安スマホを節約んのために選ぶユーザーが多くいたと思います。

しかし、今となっては大手キャリアであるソフトバンクやau、docomoと何を比較して劣るのかがわからなくなるまでになりました。

確かに新作iPhoneの取り扱いやブランドバリュー、今まで使ってきたキャリアという安心感はあると思いますが、月々の使用料が年間を通じて数万円以上浮かせることができる時点で替えない理由が浮かばなくなってきます。

今回は一流養成学校が導入する格安スマホ・SIMのUQモバイルの決め手をお話していこうと思います。

UQ mobile

契約のし易さ『家族割』など大手キャリアに負けない

UQモバイルはすでに全国展開をしており、格安SIM特有の『対面コミュニケーションがしにくい』というデメリットは完全に解消されています。

実際店舗でも、パフォーマンスの良さや対応力も高く大手の家電量販店に負けない提案力を持っていると言えます。

更に、大手某キャリアと比較した際大手キャリアのスタッフは格安スマホを斜に構えており、「使用料と質は比例します」という説明が最大の殺し文句でした。

しかし、実際どこが優れているかという説明ではキャリアのメリットよりも新機種の話が多く『安心感』『やっぱり』などという言葉を並べるだけでした。

一方UQモバイルや格安スマホ・SIMを販売するスタッフは?

UQモバイルや格安スマホ・SIMを販売するスタッフの対応力

UQモバイルのスタッフに感動したのは、まず礼儀が正しく言葉遣いがよかった点に驚きました。

本来格安スマホや格安と銘打つモノは教育やトレーニングのコストを抑えるため経験者採用を多くします。

経験者採用はどうしても今までの経験が、仇となり契約をしないお客さんと契約をしにきたお客さんへの対応の温度差を強く出してしまいがちです。

もちろん給料に直結するため、人間として当たり前の心理かもしれませんが少なくともUQモバイルのスタッフは違いました。

UQモバイルの提案力はUQモバイルの実力に自信があった

UQモバイルの提案では競合の格安スマホ・SIMを販売している会社との比較が数字を把握して具体的にどこが優っているか、或いはどこが負けているかまで説明をしてくれる部分が満足度を高めました。

具体的にUQモバイルはどこに優れ、プロはどこが負けていると感じたのでしょうか。

UQ mobile

UQモバイルはどこに優れ、どこが負けているのか

UQモバイルは『通信速度』は負けない自信があると自負していました。

実際裏付けとして、専門誌でも速度の安定・速さは最高評価を受け格付け表などでも上位に位置づいていました。

そして、今の時代は通話よりも圧倒的に『通信』に比重が寄っているため、多少他社と比べると通信量は『割高』に感じるかもしれないが使ってみた満足度やストレスフリーな感覚を実感すれば割安に感じると話していました。

格安スマホのキャリアは『住まい』で決まる『都市部か地方』問題

格安スマホ・SIMを販売するキャリアは、得意不得意が分かれているようです。

現在UQモバイルは全国バランスよく、通信速度が安定し『速度』に圧倒的なプライドと自信を持っていました。

その分、通信料だけを比較すると割高に感じるが、UQモバイルよりも通信量が安いキャリアは駅、駅構内などで通信速度が遅くなり、一部のユーザーからは『ほぼ使えない』という声まで見られる格差が生まれています。

しかし、使うニーズによってはUQモバイルでなくても良いという意見も考えられます。

UQ mobile

UQモバイルでなくても良いユーザーとは?

フリーランスで仕事は自宅でするというユーザーは、自宅の無線LANを使用するため、そもそもスマホを持ち歩く時間が少ない人もいます。

その場合は、外出時一定の我慢ができるならば、もっと安いキャリアを選ぶこともできるでしょう。

そして、仕事携帯として使う場合、通話が多く2台持ちである場合などもワイモバイルの魅力である通話し放題が有力候補に上がってきます。

UQモバイルは更に割引でも大手キャリアを追撃

実は様々な割引やキャッシュバックサービスを耳にしますが、格安スマホやSIMを扱うキャリアは割引で『家族割引』『学割』がないことが多く、UQモバイルは早くに割引サービスを導入しています。

今後、ユーザー数が増えれば増えるほど、還元率も見込まれるため一流養成学校としては、UQモバイルを導入していきます。

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎ここから申し込めば今なら、5000円キャッシュバック⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎UQ mobile