自宅で仕事や読書の集中ができるようになる方法

自宅で仕事や読書の集中ができるようになる方法はあるのか

最近フリーランスで仕事をし始める人や副業で自宅をオフィスとして活用している人が増えました。

しかし、そんな中どうしても自宅では仕事や読書ができないという悩みもよく聞かれます。

今回はそんなフリーランスや副業をし始めた人が自宅でも簡単に集中できる方法をお話していこうと思います。

なぜ自宅だと集中力がなくなるのか

自宅にいるとなぜか仕事以外のことを考えてしまったり、朝食を食べて「今日こそは部屋で仕事をするぞ」と意気込んでも部屋に入ればネットを見たり、今する必要もない郵送物を開けて読んだりして時間を浪費してしまうようです。

そんな時、一番の理由として仕事をする前に部屋の換気をしていないことが関係しています。

寝室から漏れる、『睡眠臭』が集中をさせないようにしている

みなさんはトイレに行けば、排泄を簡単にすることができます。

しかし、リビングで仮に排泄をする必要があっても簡単には用を足すことはできません。

これは、『習慣と環境』が影響しています。

トイレの匂い、個室、衣服を下ろすルーティンが整っているからこそ、排泄がトイレという環境でできるのです。

それと同じように寝室には『寝る空気』が漂っています。

これは無臭で気づかずに停滞している空気であり、一つの環境です。

自宅は勤務先のオフィスとは違い、私生活の空気が溜まっています。

そのため、私生活の匂いを少しでも出すために空気の入れ替えをします。

そうすることにより、集中力が断然上がります。

家では仕事が集中できないが、カフェだと仕事ができる理由は『私生活』を断ち切った環境に身を置いているからです。

家で仕事を集中してやるなら、シャツを着ること

案外モチベーションや集中力は、身だしなみが関係していることがあります。

自宅で仕事をする時、多くの人は部屋着で仕事をします。

しかし、部屋着はリラックスをさせてしまうため、集中と相対した効果を生んでしまうため集中力が途切れる原因になります。

そのため、自宅で集中ができないうちは、仕事をするときと同じ格好に着替えることが集中力を高める秘訣だと言えます。

ワンルームで集中できない場合はインテリアで集中力を上げる

ワンルームの部屋で仕事や読書を集中してしたいという場合、ある程度環境の変化が必要です。

寝室と食事、テレビや娯楽など混在する空間は集中力が一番欠けやすい場所になります。

しかし、まだ年収が上がりきっていない20代などは、部屋数の多い家に引っ越しをすることが難しいでしょう。

そんな時はインテリアで集中力を上げていきます。

ワンルームでもできる集中力アップ

まず、ワンルームの部屋に住んでいる場合ベタ座りのインテリアをやめることで集中力が上げやすい環境になります。

ベタ座りとは、こたつ机のことで今の日本のライフスタイルで胡座をかいて座る生活は集中とは縁遠く椅子に座って仕事をする習慣が身についているため小さくてもいいので椅子に座り壁に向かって仕事や読書ができる環境を作ります。

さらに本棚やテレビなどはなるべく目に届かない場所に置き、必要であればバスタオルかカーテン、ブラインドなどで一線を区切れるのがベストです。

そうすることでオフィスとほぼ同じ環境が用意されるため、集中力は格段にあがります。

自宅で仕事や読書の集中ができるようには『空気』が重要

自宅とは気づかぬうちに『落ち着ける場』としての空気を、生み出していきます。

しかし、少しの工夫で自宅は最高の『集中』を高める場所に早変わりします。

カフェなどの別空間での仕事と自宅での作業の内容やタスクを分散していけば、場所を変えるだけで集中力は何倍も持続していきます。

ぜひ皆さんの、生産性向上をお祈りしております!