転職エージェント、ヘッドハンターのお金事情【年収1000万超えビジネス】

転職系のCMを最近よく目にすると気づいたことは皆さんありませんか?

リクナビNEXTやDODAなど様々な転職サイトがあり、キャリアパスを狙いたい営業マンやビジネスマンは今すぐ転職する気がなくとも登録して情報収拾をしている人も多いと思います。

今回はそんな『転職』ビジネスのお金の流れと、転職先を転職エージェントにするのもありかも・・・と思うかもしれないお話をしていこうと思います。

エグゼクティブの転職が決まれば手数料は300万円!!

転職紹介ビジネスは、不動産仲介に似ている

転職エージェントは求人会社から紹介料をもらい商売をしています。

紹介料は一律ではなく、入社を社員の年収・年俸の35%が相場です。

つまり、年収1000万円プレーヤーの営業マンやビジネスマン・エグゼクティブの転職を仲介すると350万円手数料が発生するのです。➡︎転職エージェントの求人の多くある転職サイトを紹介する記事へ

転職する人を狙うか、転職させるかで年収が変わるヘッドハンターたち

転職ビジネスの中で、転職紹介などをしている会社が主マーケットとするのは転職に抵抗がない世代である、20代から30代だと言われています。

20代から30代は転職するニーズはありますが、年収やキャリアが育っていないため手数料に換算すると100万円前後ということもあり、数を捌くスタイルでなければヘッドハンターの年収も跳ねません。

一方、転職サイトも含め一部のヘッドハンターは完全非公開案件を抱え、ベストマッチな人材を探し『転職をさせる』方向に持っていくトークをし大口案件を決め高額手数料を稼ぎ出しているようです。

極秘案件を持つヘッドハンターは政治家や会社の会長とのコネクション

ヘッドハンターをしている営業マンは独立して、個人で転職紹介会社を設立することをビジョンにしている場合も多くあります。

そんなヘッドハンターたちは、自分で案件を探し出し需要と供給をマッチングさせお金を儲けます。

そのため、様々な会社に顔が聞き特に人事部長あたりのポジションとの交流が多いようです。

中には、会社を通さず会社経営者などと『内々』で案件を取り交わし、手数料を丸々懐に入れるブラックなヘッドハンターもいます。

転職サイトや転職エージェントが悩む40代のクライアント

転職サイトや転職のエージェントでは、今40代のミドル世代が売れ残る市場になっていると言います。

元々転職ビジネスの世界では35歳で買い手を探す場合、かなり苦労しているようです。

35歳から40歳、40歳から50歳と年齢を重ねるごとに案件の成約率は少なく、ハードルが上がっているようです。

転職ビジネスでも格差が現れる『能力の差』

前述の話はあくまで『普通』『一般的』なことで、何歳であっても「この人は欲しい」「この人は跳ねる」という人材は多くいます。

個人で話を取り付け転職や大きなキャリアアップをする人材もいますが、どこかでまとめ役のブローカー的存在がいて、一部上場企業の役員などのポジションを用意されることも今のご時世では珍しいことではありません。

フリーランスブームで若年層の退職率が高い問題も含め、会社経営の中で重要なことは『有力な人材』『優秀な人材』『健康な人材』なのです。

逆に、雇われる側の人材も今後ますます『実力主義』時代に入り、仕事ができない人材は『転職ができない』時代が来るかもしれません。

そのためにも今のうちにサラリーは、自分に魅力・強みを育て上げることが急務なのかもしれません。

✴︎一流の3分トライアル✴︎
⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎自分は一流なのか!?是非ご確認ください⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

✴︎一流養成学校推奨の証券会社✴︎

DMM FX

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎一流養成学校は全員DMM FXを利用しています⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

✴︎一流養成学校 オススメ広告✴︎


⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎営業の外回りはマッサージに行くのも一流⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎メンズの薄毛対策ならチャップアップ⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

U-NEXT

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎営業車の中の暇つぶし⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

BULK HOMME

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎良い香りの一流ビジネスマンに⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

種類2

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎ストレスフリーで、薬を受け取りたいなら⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎高級時計のオーバーホールや修理に自信あり⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎