パイロットが年収4000万円、トラック運転手同様『人手不足』が深刻化

今まで医者のお金事情を多く話してきましたが、実はパイロットという仕事が想像以上に年収が高いことをご存知でしょうか。

以前、トラックの運転手の人手不足問題を取り上げましたがパイロットも今『人手不足』が深刻化しています。

運送業バブル『脱サラ トラック運転手』次は『バス運転手の人手不足』

20代で1000万円を超えるパイロットの世界

パイロットの仕事とは訓練士から始まり副操縦士などを経て、キャリアを積み重ねていきます。

最近では大手航空会社でキャリアを積んで、LCCへ転職するキャリア形成の仕方も業界内では当たり前となってきました。

パイロットの平均年齢っは40代前半と比較的若く、比較的早く年収のトップレンジに到着しその後は教官や講師、トレーナーとしてできるためパイロットを引退した後の仕事も困ることがない職業だと言えます。

パイロットの平均年収は2000万円超え

パイロットの年収は平均2000万円を超えており、飛行時間やキャリアによって追加で手当てが支給されています。

そこからなぜ、今パイロットの年収が4000万円近くまで高騰しているかというと、圧倒的な『人手不足』が挙げられます。

LCCや外資系航空会社が欲しがるパイロット

近年格安航空会社LCCの参入で、パイロットの頭数が絶対的に足りない状態となりました。

大手航空会社の傘下などコミューター航空などは、大手航空会社からのマンパワー(人事)で確保はできるようですが、外資系の航空会社などは絶大な信用を世界的においている日本の航空会社に勤務しているパイロットが欲しくて仕方ないという状態になっているようです。

そのため、現在アジア系の航空会社では年収4000万円を超える年収提示で、ヘッドハンターが活動をしています。

年収4000万円の価値があるパイロットとは

そもそもパイロットになるには、航空大学校やパイロットを育成する4年生大学に通うことから始まります。

或いは航空会社に就職し自社養成を受けるしかパイロットになる方法はありません。

その中で、前述通り訓練士からキャリアアップし国際線のパイロットになれた場合、現在の年収4000万円プレーヤーのパイロットの可能性が見えてきます。

ドラマ『GOOD LUCK!!』で木村拓哉氏が演じるパイロット像

2003年に放送された大人気ドラマ『GOOD LUCK!』は、放送から早くも16年経ちます。

そんな木村拓哉氏が演じる副操縦士の、かっこよさに憧れて現在パイロットになっている人もいるようです。

年間半分以上は海外で過ごし、パイロットバッグに航空会社の制服。

そして空港までの道を、お気に入りのクルマで走る。

まさに男の憧れの職業だと言えるでしょう。

✴︎一流の3分トライアル✴︎
⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎自分は一流なのか!?是非ご確認ください⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

✴︎一流養成学校推奨の証券会社✴︎

DMM FX

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎一流養成学校は全員DMM FXを利用しています⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

✴︎一流養成学校 オススメ広告✴︎


⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎営業の外回りはマッサージに行くのも一流⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎メンズの薄毛対策ならチャップアップ⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

U-NEXT

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎営業車の中の暇つぶし⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

BULK HOMME

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎良い香りの一流ビジネスマンに⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

種類2

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎ストレスフリーで、薬を受け取りたいなら⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎高級時計のオーバーホールや修理に自信あり⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎