アパレルの販売員が給料を上げる方法

アパレル業界で、販売員をやっている人は恐らく今月も、希望している額よりも給料が少ないはずです。

しかし、社員販売や欲しい新作の服や小物、バッグ、靴も欲しくてどうやってお金を捻出しよう・・・と悩んでいるでしょう。

そんな人へ、今日は根本的に自分の年収を理解して、年収を上げる方法をお話していこうと思います。

アパレルの販売員は本当に少ない給料

驚愕のアパレル販売員の月収10万円台

アパレル販売員は20代だと年収300万円に届いていない人も多いと思います。

ある程度百貨店などに入っているショップであれば年収300万円をわずかに超える程度でしょう。

実際少し有名どころのブランドの年収でお金を真剣に分析してみました。

アパレル販売・店員のための”一流”転職方法

アパレル販売員の給料と私生活

年収300万円のアパレル販売員

月収20万円→手取り17万円

日給換算1万円

時間給換算1250円

支出

社員販売(制服としても着用)ー3万円

ランチ(社員食堂で500円×20日)ー1万円


既に13万円しか手元にありません。

休日デートしたり遊んだり、ヘアサロンや女性の方ならネイルに化粧品などの支出は10日休日として10万円ほど使っているでしょう。

残り3万円

携帯代8000円として残り22000円。

アパレル販売員の給料一人暮らしは不可能

都内であれば1ルームでも8万円ほどして、光熱費や朝夕の食費などを考えると計15万円は必要になってきます。

もしも、一人暮らしをすれば、毎月10万円以上の赤字です。

➡︎本気で転職すると決めた時に3分で読むべきコンテンツはこちら

➡︎自分の市場価値・年収をまずは確認したいなら、このコンテンツへ

アパレルの給料で販売員は結婚も難しい

一人暮らしで10万円の赤字がある中で、家賃が2人で1部屋となれば共働きでどうにかなるかもしれません。

しかし、結婚して子供ができた。

或いは、子供ができて結婚した。

となると、当然子供を産む間、産んでしばらくは一人で2人分の生活費を捻出しなければなりません。

そもそも専業主婦では、生活は成り立たないでしょう。

では、どうすればいいのか。

アパレルの販売員は給料を増やすためにもラグジュアリーブランドへの転職

年齢層が高いブランドというのは具体的にはラグジュアリーブランドへの転職が一番効率的です。

更に言えば、エルメスやルイヴィトン・シャネルは比較的派遣でも正社員では年収は高い傾向にあり400万円を超えることは簡単にできます。

さらにはアパレル販売員からジュエリーブランドへの転職も年収アップの秘訣です。

カルティエやヴァン クリーフ&アーペル、ダミアーニなどは、30代後半で店長レベルまで行けば500万円の大台に乗せることもできます。

➡︎本気で転職すると決めた時に3分で読むべきコンテンツはこちら

アパレル販売員はラグジュアリーブランドの転職が生涯年収を変える

ラグジュアリーブランドへの転職は高級品の取り扱い経験者に含まれるため、高級商材やラグジュアリーな異業種への転職もできます。

簡単に実例で言えば、

某ショップ店員からラグジュアリーブランドの店員へ転職し、アパレル専門の転職エージェントへ入社

2年で300万円の年収アップができました。

某ショップ店員からラグジュアリーブランドの店員へ転職し、一流ホテルへ転職

5年で年収500万円のアップができました

某ショップ店員からラグジュアリーブランドの店員へ転職し、高級輸入車販売員へ転職

3年で年収800万円のアップができました。

この3事例は自分自身のキャリアだけでなく社会的な地位や生涯年収までも大きく変えるきっかけとなっています。

上手な転職エージェントの活用や転職サイトの活用で、あなたの年収はまだまだどれだけでも伸ばすことができるのです。➡︎おすすめ転職サイトの記事を読む

【転売OK!?】アパレル販売員の社販ってどれくらい安い?店で着る服は自腹?

アパレル販売員の年収が少ない理由は『ノルマなし』

Christian Louboutin(クリスチャンルブタン)という『靴』が女性を魅了する魔法の靴底

アパレルの販売員は一声で売り上げは決まる

アパレル販売員が圧倒的な年収を得る方法