新しい職業『eスポーツ選手』とは?どんな仕事なのか?

新しい職業『eスポーツ選手』とは?どんな仕事なのか?

2020年の東京オリンピックを間近に、最近少しずつ『eスポーツ選手』という言葉が世間に浸透してきました。

皆さんはもう『eスポーツ選手』とはどんなスポーツ選手なのかご存知でしょうか。

今回はなりたい仕事ランキングのYouTuberの後を追う新たな職業を、紹介したいと思います。

『eスポーツ』とは

『eスポーツ』とはビデオゲームやオンラインゲームで行うスポーツのことです。

急成長している『eスポーツ』という分野では、1000億円をすでに超えている新生のマーケットです。

『eスポーツ』の世界では、主にスポンサー収入が軸となっており、日本でも年収3000万円を稼ぎ出す『eスポーツ選手』が登場しています。

『eスポーツ』選手の年収は億円越え

『eスポーツ』選手の年収は日本では前述通り3000万円を超え日本の平均年収の約10倍という、マーケットに成長しています。

以前まではプロゲーマーと呼ばれていたプレーヤーも、時代の流れとともに『eスポーツ』選手の仲間入りをしています。

しかし、3000万円程度の年収であれば、まだYouTuberの方が日本でも稼げている人がいるため、魅力は一見半減して見えますが、実際日本は『eスポーツ』の市場ではまだまだ途上中であることが挙げられます。

世界規模で『eスポーツ』は飛躍しており、外国の『eスポーツ』選手の年収は4億を超えています。

『eスポーツ』選手の収入源とは

『eスポーツ』選手の年収源には、前述のyoutubeが関係してきます。

『eスポーツ』の大会は世界的には行われていますが、試合数が限られていることからやればやるだけ儲かるというYouTubeの世界とは少々異なります。

しかし、『eスポーツ』選手は自分のゲームのパフォーマンスをオンライン動画サイトの投稿し、年収の底上げを図っているのです。

要するに『eスポーツ』選手は、自動車販売店が車検などの点検業をしたり、自動車保険の契約を提案するようにパラレルワーキングしているのです。

そして、ゲームは言語が違っていても同じ画面でプレーをすることができるため、世界中で動画が再生されるため様々な動画コンテンツの中でも料理などと同じように安定的な需要があることがわかります。

『eスポーツ』選手もフリーランス、そして自由を手にする

一流養成学校として今回『eスポーツ』をご紹介したのは、一つ大きな理由があります。

それは近年増える精神疾患です。

うつ病や不安障害、そしてパニック障害など、どうしても外で仕事をすることが難しいと感じる人に希望を与えたいということから紹介をしています。

数日前まで普通に仕事をしていたのに、ある日突然発症するのがメンタルです。

もちろん、治療をして改善していくことを前提としても、『自分自身ができること・得意なこと』或いは『自分には向いていないことを無理やりする生活』を見直す選択肢が今の時代にはたくさんあることを知ってもらいたいのです。

YouTuberもオンラインサロンも、私たちのようなWEBコンテンツを発信するのも会社に勤めずにできることです。

そして経済的格差もなく、平等にお金を稼ぐチャンスが増えました。

むしろ、どんなことがあっても、ハンデのない世界で生きていく術が今はたくさんあります。

その一つとして『eスポーツ』選手をご紹介しました。

営業マンの皆さんには、話のネタに。

ビジネスマンの皆さんには、新たなビジネスのアイディアに。

経営者の皆さんには、今の需要と変化を。

✴︎一流の3分トライアル✴︎
⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎自分は一流なのか!?是非ご確認ください⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

✴︎一流養成学校推奨の証券会社✴︎

DMM FX

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎一流養成学校は全員DMM FXを利用しています⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

✴︎一流養成学校 オススメ広告✴︎


⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎営業の外回りはマッサージに行くのも一流⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎メンズの薄毛対策ならチャップアップ⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

U-NEXT

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎営業車の中の暇つぶし⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

BULK HOMME

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎良い香りの一流ビジネスマンに⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

種類2

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎ストレスフリーで、薬を受け取りたいなら⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎高級時計のオーバーホールや修理に自信あり⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎