【2019年改訂版】一流の営業マンやビジネスマンが持つ5つチカラとスキル

一流のビジネスマンは一流特有のスキルとパワーを持ってしまいます。

『どんなスキルとパワーか』を今回はお伝えします。

それに合わせて一流の影の部分についても併せてお話します。

小難しいことはいう気がないので気楽に、読んでもらいたいと思います。

一流の営業マン・ビジネスマンが持ってしまう5パワー

経済力

地位

キャリア

影響力

交渉力

逆に、この5つのスキルとパワーを持っている人は、一流になりやすい言えます。

一つずついうよりも、一つ掴むとトントン拍子に、パワーやスキルをつかんでいくと言えます。

簡単に言えば、YouTuberが代表的です。

pv数という影響力を持つと、経済力として年収が増え、知名度という名の地位が上がります。

そして大手企業との商談ができる交渉力も慣れと同時に獲得することができます。

一流の『お金』経済力と影

経済力とはもちろん、一流はどうしてもお金が普通に生きているより多く入ってきます。

そのため、『お金の相談』や『お金の問題』に巻き込まれやすいのです。

そして、お金をたくさん仮に貰っていても、全員が散財するわけではありません。

一流はお金をたくさん持っているのに使わないと通常では言われない『ケチ』などという言いがかりをつけられることもあります。

できる男、一流の地位・ポジション

経済力と同様に一流は企業にとっても、重宝されます。

案件を綺麗にまとめるパワーやスキルを持っているからです。

そんな一流の人は平社員の時から一流のオーラが出てしまっている人もいます。

そもそも育ってきた環境や性格なども踏まえて『思考力』が違うというのも理由の一つです。

キャリアアップの邪魔をされたり、縁故で案件を回して欲しいというような付き合いたくないような人たちからのオファーも出てきます。

一流ビジネスマンが持つ経歴・キャリア

一流は過小評価して自分のことを紹介することが多いです。

一流のビジネスマンほど普通では考えられない結果や成果、昇進などを経験しています。

この経歴を正直に話してしまえば、ただの嫌味なビジネスマンとなってしまうのです。

だから、

一流のビジネスマンは『運が良かった』『みなさんに感謝』という言葉を口癖にするのです。

一流の経営者が持つ影響力・インフルエンサー

一流の持つ行動力は、会社の方針を時として大きく変えてしまうことがあります。

『一流は失敗をしない』と思われがちですが、一流も人間です。

失敗やエラーを繰り返して一流になっています。

なので仮に失敗しても、のですが一流は失敗をカバーアップ・挽回させるスキルを持っています。

影響力は時に、人の人生を変えてしまうこともあります。

そんな影響力を持ってしまうと、自分自身が『神のよう』と勘違いして人生を踏み外してしまうこともあります。



一流の営業マンの交渉力・会話術

一流の営業マンやビジネスマンは『ずば抜けた交渉力』を持っていて、さらには心理学を用いた会話や交渉をすると、非常に効率的に成果を出すことができます。

しかし、その反面、交渉する数が増えるとその分だけ、功績を讃えられます。

嬉しい反面、妬みがさらに増えることもあり、最悪の場合、今の会社を辞めなければならなくなる可能性もあります。

一流の5つのパワーやスキルは自分で使いこなす

一流になれば自然と身につく5つのスキルやパワー。

しかし、そのスキルやパワーを羨ましがり妬みを買うことも非常に多いのです。

一流というキャリアから転落しないように自己防衛をしなければなりません。

これは『一流税』とも呼ぶべき一流になることで負う使命なのです。