ホットコーヒーの飲み過ぎで営業マンが体調不良(熱中症)になる

ホットコーヒーの飲み過ぎで営業マンが体調不良になる

営業マンが好きな『ホットコーヒー』飲み過ぎで熱中症に!?

ホットコーヒーが美味しい季節がやってきました。

一流養成学校でよく話題に上がる営業マンのコーヒー事情について本日もお話しいたします。

一流の営業マンもビジネスマンも経営者も愛するホットコーヒーですが、ホットコーヒーの飲み過ぎで胃痛や胃のムカつき、不快感を感じたことはありませんか?

それと同じようにホットコーヒーの飲みすぎて、知らず知らずのうちに脱水による熱中症の危険があります。

営業マンがコーヒーの飲み過ぎで体調不良になる理由

ホットコーヒーの主な成分

ホットコーヒーの主な成分には『全多糖類・脂質・たんぱく質』の他に、『カフェイン』や『タンニン』も含まれています。

カフェインには眠気を覚ます興奮作用や覚醒作用、解熱鎮痛作用に加えて『利尿作用』があります。

利尿作用がある『ホットコーヒー』の飲み過ぎに注意

ホットコーヒーを飲みながらオフィスで仕事をしている人や、営業先でホットコーヒーを日に何杯も飲む営業マンは多くいます。

食べ過ぎたわけでもないのにお腹がタプタプになっていませんか?

コーヒーばかり飲み他の飲み物を飲まないでいると、体内の水分量が著しく低下し脱水症状がおこります。

利尿作用を抑えるカフェインレスコーヒー(デカフェ)の存在

妊婦さんが飲むイメージのあるカフェインレスコーヒーは、1日中コーヒーを飲む営業マンにもオススメです。

カフェインレスコーヒーは液化した二酸化炭素に浸しカフェインの成分のみを抽出して作っています。

他にも日本で販売できるカフェイン抽出方法として水抽出があります。

水に浸して豆の成分を一旦出してからカフェイン以外の成分を戻す方法です。

液化した二酸化炭素を用いた方法は風味や味も優れていますがコストがかかるため売っている値段が高くなってしまいます。

スターバックスやタリーズコーヒーなど大手コーヒーショップでは取り扱われています。

ホットコーヒーの飲み過ぎで頭痛や吐き気を感じる場合もある

コーヒーによる脱水には

コーヒーを1日に5杯以上飲む人は頭痛がよく起こると感じている人もいるかもしれません。

この頭痛の原因はコーヒーの飲み過ぎによる脱水症状だと言えます。

経口飲料水などで水分をとるとともにある食べ物を食べると早く良くなるようです。

コーヒーの飲み過ぎで起きる体調不良にはバナナが効く

コーヒーの飲み過ぎで起きる体調不良には『バナナ』が効果的です。

頭痛の原因はカフェインによってカルシウムやカリウムのバランスが崩され電解質を破壊します。

炭水化物であるバナナの持つ必須アミノ酸やビタミンの力で電解質のバランスが整い頭痛を緩和してくれます。

コーヒーの他にカフェインが入っているもの

茶葉を使った飲み物(緑茶・紅茶・ほうじ茶など)

コーラ(コカコーラ・ペプシなど)

栄養ドリンク・エナジードリンク

チョコレート

ちょっと高いスポーツドリンク

カフェインによりパフォーマンス力が上がることから、スポーツサプリメントなどにもカフェインが入っていることが多いと言えます。

コーヒーの飲み過ぎで起きる体調不良を防ぐ知識

『ドリップコーヒーとエスプレッソ』カフェインが多いのは

エスプレッソよりドリップコーヒーの方がカフェインの量は多いです。

カフェイン量(100mlあたり) カフェイン量(1回に飲む量あたり)
エスプレッソコーヒー 40~70mg 47~64mg(ショット1杯分・30ml)
ドリップコーヒー 156~213mg

95~165mg(カップ1杯分・237ml)

参照させて頂きましたページは一部省略等を行っております。Mayo Clinic/Caffeine content for coffee, tea, soda and more  

なぜならドリップコーヒーは1杯のコーヒーカップを満たす分だけ使っている豆の量が多いからです。