できる女性営業マンの育て方、男性上司の悩みを解決

できる女性営業マンの育て方、女性は職場で何を考えているのか

男性が出世して悩む『できる女性 営業マンの育て方』

営業職として働く女性は『女性に特化した育て方』でトレーニングや教育をしなければなりません。

女性営業マンの強みを発揮できる職場環境・営業の環境を作ることで、できる女性営業マン・一流のセールスになることができます。

しかし同じ女性でも新人女性営業マンを育てることは難しく、男性であればその難易度はさらに上がるでしょう。

女性と男性は根本的に考え方が違います。

そのことを理解し、尊重することから、できる女性営業マンを育てることは始まると言えます。

「今の言葉でなぜそんな反応になるのか」(不機嫌になる、泣き出す等)

「くだらないことはすぐ聞いてくるのに、なぜもう少し早く相談してくれなかったのか」(優先するべきことがズレているなど)

男性とは違う女性ならではの行動に戸惑うことも多いのではないでしょうか。

しかし、営業職は実は女性に有利な仕事でもあります。

うまく育てることができれば大きな戦力となるでしょう。

今回はそんな『一流のできる女性営業マンの育て方』についてお伝えします。

できる女性営業マンの卵は、職場で何を考えているか

女性が営業職に就き不安になる事

営業職に就いたばかりの女性は「年上の男性に営業をかけることができるのか」と不安に思う人が多くいます。

このような不安を最短で解決できる方法は女性の本質として『おしゃべり好き』という点をうまく活用することです。

おしゃべりをする対象(=営業をする相手)を同年代の人から少しずつ年齢を上げていくことで、自然と不安に思う気持ちがなくなっていきます。

営業先の担当者の年齢などを工夫してあげるだけで女性営業マンのパフォーマンス能力は上がると言えます。

女性営業マンとしてモテる、アピール力を育てる

プライベートにおいては『ヤマトナデシコ』な女性が今も昔もモテます。

しかし営業マンとして働く女性に謙虚さは必要ありません

自己アピールのポイントを具体的に示し、声に出し自己紹介の練習ができる場を多く作ってあげることによって『話の内容』より『場数を踏む』トレーニングが有効的だと言えます。

場数を踏むことによって母性本能が含まれる言葉を選び、話しやすい雰囲気を作るのが上手になります。

ハードトレーニングをさせる場合は、男性の重役に立ち会ってもらうのも緊張感があり良いかもしれません。

一流の女性営業マンの卵は、短いセールス人生を予想している

将来設計に不安を抱えていることを、先に気づいておく

女性営業マンの一番の壁は育児や介護問題です。

まずは不安に思う点は出産や育児でしょう。

売上目標や「トップセールスに向けての目標」や「そうなるには何をするのか」に加えて「産休や育児休暇など会社の『福利厚生制度』」を考えることが一流の女性営業マンを育てる上で欠かせないことだと言えます。

特に人事異動が激しい会社では、前の上司といっていることは違うと失望することがあります。

だからこそ、どんなことがあってもうちの会社は『こういう制度があるからこんな時は使ったらいいよ』と気軽に同行営業の際など話をするのも有効的です。

スキルが上がったことを一緒に喜ぶ

男性が夢を語るとモチベーションが上がる一方、女性は過去の振り返りでモチベーションが上がります。

夢より現実を求める女性脳を刺激するには過去の振り返りを通して、スキルアップしたことを具体化することが大切です。

一流の女性営業マンになるため『目標の人物』を社内で探すように導く

20代の女性が一歩先を行く女性営業マンを探すのは難しいかもしれません。

なぜなら目標とすべき30代女性営業マンは産休や育休をとっている場合が多いからです。

他社で同じ営業職をする女性に目を向けることも良いかもしれません。

そして、有効的なのは雑誌などでビジュアル的な目標を見つけるのも、大きな役割です。

こんなファッションで、こんなクルマで、こんな家で子供や家族と過ごし、食事を楽しむ。

それを仕事としてイメージを植え付けられる上司は早々いません。

仕事中に1杯コーヒーを飲みながら小一時間話ができたら、その部下との関係は崩れないものになるでしょう。

自信を持って営業している先輩を見つけテクニックを勉強することで、具体的なイメージが持て女性営業マンの自信につながるでしょう。

女性の部下とのコミュニケーションの取り方

どんな職場においても『報連相』は重要で仕事の質が上がると言えます。

平成生まれの女性部下とのコミュニケーションの取り方に難しい。

話しにくい相手となっていませんか。

仕事終わりに飲みに誘うこともできず、ランチも持ってきていると断られ話す時間を持てないということもあるかもしれません。

女性部下とのコミュニケーションを上手に取る方法は『短い時間で回数を増やすこと』です。

短い時間とは、営業の同行途中や朝礼後などの数分の時間です。

上司が話すタイミングに困っているということは部下も相談するタイミングを掴めていないことがあります。

話す回数を増やすことで相談できるタイミングを多く与えてあげることがポイントとなってきます。

上司と部下の人間関係コンテンツ

部下を放置する上司との付き合い方と出世術

部下の努力を理解できない上司はトップ営業マンが多い

上司の同行で会話を弾ませるテクニック

営業マンはサボるもの、わかっているけど業績を上げたい上司

『できない上司』が部下を育てる【演技力も重要】

営業マンがリーダーとなる時に知っておくべきこと

✴︎一流の3分トライアル✴︎
⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎自分は一流なのか!?是非ご確認ください⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

✴︎一流養成学校推奨の証券会社✴︎

DMM FX

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎一流養成学校は全員DMM FXを利用しています⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

✴︎一流養成学校 オススメ広告✴︎


⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎営業の外回りはマッサージに行くのも一流⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎メンズの薄毛対策ならチャップアップ⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

U-NEXT

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎営業車の中の暇つぶし⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

BULK HOMME

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎良い香りの一流ビジネスマンに⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

種類2

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎ストレスフリーで、薬を受け取りたいなら⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎高級時計のオーバーホールや修理に自信あり⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎