営業マン、ビジネスマンの進化するヘアスタイル『オールバック編』

ツーブロックから進化した『オールバック』ヘアスタイル

ビジネスマンのヘアスタイルで、一時期敬遠されていた『オールバック』が人気を取り戻しつつあります。

ツーブロックのブームも継続していますが、『NEOオールバック』時代が始まろうとしています。

ビジネスマンの新しいヘアスタイルは楽チン『オールバック』

忙しいビジネスマンにオールバックが人気の理由は、理容室やヘアサロンにこまめに行く必要がないからです。

ツーブロックは刈り上げた部分がすぐに伸びるため、手間がかかりました。

オールバックなど顔全体が見えるヘアスタイルは『だらしなさ』『流行り』などに左右されないため年齢問わず好印象を得ることができます。
なお、ベタつき、ギラつきなどスキンケアもできていれば『清潔感』もあり好感度も高いと言えます。

オールバックは髪のクセや薄毛のビジネスマンにも似合うヘアスタイルを作れます。

ビジネスマンに人気のヘアスタイル『オールバック』とオールバックの進化系『NEWオールバック』についてお話しします。

営業マン向けのヘアスタイル『新/オールバック編』

NEW『オールバック』とは

元々のbarber(バーバー)スタイルのオールバックは、ポマードでテカテカにしてピタッとまとめる髪型でした。

しかし、新しいオールバックは光沢感が比較的少ないワックスや水性のジェルでまとめるように髪の毛を流すのがポイントです。

コーム(クシ)をヘアサロンでは使うこともありますが、自宅でセットする際はクシを使わず、毛束も大きくザックリ仕上げるのが特徴です。

ビジネスマンの進化するヘアスタイル『オールバック編』

NEW『オールバック』が似合う有名人

菅田将暉(26)

山田孝之(35)

伊勢谷友介(43)

反町隆史(45)

渡部篤郎(51)

吉田鋼太郎(60)

岩城晃一(68)

 

(敬略称)

歳を重ねるにつれてとりダンディーなイメージになる『オールバック』は女性からの人気も高いです。

ビジネスマンの進化するヘアスタイル『オールバック編』

オールバックが似合う人の特徴

おでこの幅が広い

眉から髪の毛の生え際までの距離が短い人はあまり似合いません。

「少しおでこが広くなってきたな」と感じている人に似合う髪型です。

顔が濃い

目鼻立ちがくっきりしている人はオールバックが似合います。

ビジネスマンの進化するヘアスタイル『オールバック編』

誰でも似合う営業マンのヘアスタイル『オールバック』

オールバックの進化形で誰でも似合う髪型になる

海外セレブのトレンド『ショートバック&サイド』

バックとサイドを短く刈り上げて2ブロックにします。

トップは長めに残しオールバックにするヘアスタイルです。

このオールバックは『ハチが張っている人』にも似合うオールバックになります。

『七三オールバック』

おでこが狭い人にも似合うオールバックが『七三オールバック』です。

全ての髪の毛をまっすぐ後ろに持ってくるのではなく、前髪に分け目をつけて斜め後ろに流すヘアスタイルです。

 仕事終わりで少し乱れた男性のオールバックは色っぽく、どの世代の女性からも愛されるヘアスタイルです。

ビジネスマンの進化するヘアスタイル『オールバック編』

誰でもできるNEW『オールバック』の作り方

オールバックのスタイリングは 崩れやすい ぺちゃんこになる など、なかなか作るのが難しいかもしれません。

しかし、あるテクニックを使うことでこれが簡単に誰でもできてしまいます!

ステップ1

髪の毛全体を少し濡らす。ワックスやジェルはまだつけません。

ステップ2

前髪の毛先を持ちリーゼントっぽくふんわりさせた状態で、一気に正面より斜め下から根本を乾かす。

この時毛を立ち上げることを意識してください。

ステップ3

左右はピタッと耳にかけ後ろに流すようにヘアドライします。

サイドはぴったりトップはふんわりのイメージです。

ステップ4

スーパーハードジェルを100円玉くらい出します。

両手の平に伸ばします。この時指の間までつけることで前髪が崩れにくくなります。

手ぐしを通すように前髪からセットしていきます。

手のひらについているジェルでサイドをまとめていきます。

ステップ5

最後にもう一度弱めのドライヤーで前髪の立ち上がりを調整します。

これにより、ペチャンコになりづらくなります。

本気のオールバックはヘアアイロンを使う 難易度 ★★★

ヘアアイロンを使い前髪の立ち上げをします。

使い慣れると七三オールバックを作るときにも便利です。

ブラシドライヤーを使う 難易度★★

ブラシドライヤーは前髪を手に取り後ろ側からブラシを入れ、毛根に風が当たるようにして使います。

ある程度髪の長さが必要ですが、ヘアアイロンより扱いやすいといえます。

おすすめのスタイリング剤

ギャツビー スーパーハードジェル :使いやすくオールバック初心者におすすめです。

Baxter バクスター   ハードウォーターポマード

ポマードと聞くと古くさいイメージがありますが、最近トレンドに敏感な人たちから指示が集まっています。扱いにくい水性ポマードのため解決し、伸びもよく馴染みやすくなっています