『営業マンが咳喘息』を発症、仕事はどうする!?

営業マンが咳喘息で転職を考えなければならない?

『咳喘息』『気管支炎』『鼻炎』『アレルギー体質』の私が考える『営業マンの咳喘息』との付き合い方をお教えします。

咳喘息とは

風邪やインフルエンザを発症し、熱は落ち着いたのに空咳だけが残ってしまう現象です。

咳喘息の根底にあるのは、気管支の管は炎症によって狭くなっている上に、乾燥で荒れている状態になっているということです。

気管支が荒れているため、空気を吸い込んだ時に痛み(かゆみ)があり咳が出ます。

つまり気管支が荒れている間は息をしているだけで咳は出続けます。

咳喘息の放置はポリープや肺炎になる可能性も

咳喘息は何もせずに息をしていると、気管へのダメージが重なって最悪の場合『ポリープ』『肺炎』など合併症を発症してしまいます。

『営業マンが咳喘息』になったら仕事はできない

営業マンにとって一番厄介な『咳』

風邪は治っていて感染もしないのに、周りの人が一歩引いてしまう『咳』

それも顔を背けたくなるほどの咳で、『ゴホゴホ咳』ではなく『ケンケン咳』と言われています。

『私は咳喘息です。』とプラカードを持って歩きたいほど嫌な顔をされます。

咳喘息になってしまった営業マンがまともに営業活動をすることは不可能です。

営業先に行っても話し出そうとすると咳が出てしまい、まともに話すことは出来ません。

特に『保険の営業』や『医薬品の営業』などの健康を売っている営業マンは反対に心配されます。

咳喘息を発症してしまった営業マンは営業活動より先にするべきなのは『話さないこと』です。

咳喘息の治療

『咳喘息』や『喘息』『気管支炎』『鼻炎』の治療方針を決めるにあたって一番重要なのがアレルギー検査です。

アレルギー検査は内科もしくはアレルギー科にて検査が可能です。

営業マンは外回りの時間を使って受診をするか、勤務後にいくならばアレルギー専門の個人クリニックを受診することがオススメです。

検査費用は3割負担で約3000円から約5000円程度検査項目によって変わります。

採血日から5日から7日ほどで検査結果がわかります。

検査結果がわかるまでは、吸入薬や内服で荒れた気管を治していきましょう。

吸入薬を使ってもなかなか治らないのが『咳 喘息』

これで営業できると期待して使う吸入薬ですが、咳喘息には即効性がないことが多いです。

営業マンが本当に営業できるのは治療開始してから2ヶ月後だと思ってください。

2ヶ月後と言うのはあくまで目安です。

早期に治療し自分にあった治療法が見つかれば2週間で咳が止まる場合もあれば、原因も治療法もわからず半年以上続く場合もあります。

早く営業に戻るには『適切な治療すること』が営業マンにとって重要

吸入薬や内服薬などいわゆる喘息治療に使われる主な西洋医学の薬を使っても症状が落ち着かない場合には、漢方薬を使ってみるなど角度を変えた治療をしてみることも重要です。

早く咳を止めて営業マンとして本来の仕事に復帰したいならば、西洋薬品は3日から7日で効果が見られない場合治療方針を切り替えましょう。

咳 喘息の再発を繰り返す営業マンは転職も考えるべき

咳喘息を発症する原因には『ストレス』も大きく関わっています。

成績に追われる日々でストレスを溜めてしまう営業マンは、転職することを検討した方が良いと言えます。

ストレスのかからない仕事はないですが、ストレスの質が自分の体質にあっていないことによって病気を発症することはよくあります。

再発しないためには治療を続けること

営業マンとして仕事を続けたいのであれば、咳が落ち着いた後も治療を続けることが喘息治療において重要です。

咳喘息は一旦咳が止まるとこの数ヶ月苦しんだ事がなかったかのように回復します。

しかしここで治療をパッタリやめてしまうと次風邪を引けばまた咳喘息を発症してしまいます。

そしてまた営業ができない期間が生まれてしまいます。

内服や吸入薬を続け、気管支を強くすることが再発しないポイントだと言えます。