『会社を辞める!』を代行する『退職代行』サービスとは

『会社を辞める』代行サービス『退職代行』とは

利用者が増加する『退職代行』とは

退職代行のメインの仕事はサラリーマンやOLなどの労働する側が勤務先(会社・企業側)に退職したい意思を直接伝えることを代行する事業です。

今時なサービスで、自分の意思を第三者に委託して伝えてもらうというなんとも複雑な気持ちになる仕事です。

労働者に変わり、退職の申請や手続きを代行者が行ってくれるのでほとんどの場合、退職の意思が伝わってから会社に行く必要はありません。

自分でできることを『退職代行サービス』にお願いするのはなぜか

退職代行を利用する理由

その準備や気持ちの切り替えをしたいなどの理由で退職手続きを頼むことがあります。

退職業務のプロですから段取りがスムーズなので、最短の時間で退職ができるというメリットがあります。

退職代行サービスの利用者はパワハラなど人間関係が理由

パワハラやいじめ、時には職場恋愛のもつれなどで会社に行きたくないという人が退職代行サービスを利用するそうです。

荷物の整理なども行ってくれる退職代行を頼むことで、関係者と顔を合わさなくていいということもメリットの一つです。

引き継ぎ業務が面倒だから退職代行を使う

会社によっては引き継ぎ作業に多くの時間がかかる場合があります。

それも中には、残りの有給休暇を取らせないためにわざと、必要以上の引き継ぎを命令されることもあるようです。

雇用期間や退職についての規定

雇用期間が決まっていない場合は2週間前の退職申し入れをし、残りの業務日数分を有給休暇に当てることが一番法務上抵触しない退職方法です。

しかし、退職の申し入れは退職日の1ヶ月前までなどの規定がある場合は注意が必要です。

有給休暇が残っていない場合には残りが欠勤扱いとなります。

退職代行に頼むと、このような法律がらみのことまで事細かに教えてくれるので、事前に相談してみましょう。

「会社を辞める!」『退職代行サービス』の落とし穴

退職代行業者選びは慎重に

退職代行はもともと弁護士がしていた業務の一貫でした。

しかし、弁護士免許がなくてもできる手続きも多くあるため、一般の代行業者が行っている場合もあります。

中にはあまり法律知識のない業者もいて、面倒な手続きから解放されるために頼んだのにも関わらず余計に時間がかかるケースもあるようです。

弁護士資格のある退職代行者に依頼することをオススメします。

専門知識があれば福利厚生など雇用規定の有効的な活用法や、退職理由によってはその後の裁判にも手助けしてくれます。

退職代行はブラック企業から自分を守ってくれる

会社が辞めさせてくれない時には退職代行に頼る

会社側に退職を申し入れても、受け入れてくれないことがあります。

・後任の人を育ててからしか退職を認められない
・「少し待って、時期が悪い」などズルズル引き伸ばされる
・今辞めたら残業代や給与などの支払わない
・損害賠償を請求する

などと脅しとも取れるような会社側の言い分で退職を拒否される場合は、プロに頼るべきです。

労働者であるサラリーマンやOLなどは憲法によって『職業選択の自由』があるので退職を拒否することは会社側はできません。

退職代行はサラリーマンを助けてくれるサービスだが・・・

退職後会社を訴えたい時は弁護士免許のある退職代行に頼む

業務上のストレスなどにより精神疾患を発症した場合会社や個人を訴えるという選択肢もあります。
その場合も退職前から退職代行を行っている弁護士に相談しておくと、退職から裁判まで手助けしてくれます。

残業代や休日出勤など、未払金の請求をしたい場合証拠集めが重要です。
退職後に調べることは困難ですので、会社に出入りできるうちに自分の勤務実態を証明できるものを準備することなどサポートしてくれます。

退職代行サービスの費用は?

退職代行サービスの相場

30000円から50000円が相場です。

弁護士を目指す大学生アルバイトなどが書類手続きをすることが多いようです。
書類手続きにプラスして就職・転職セミナーなどをしている事業所もあります。
退職後の裁判手続きに関しては別途料金が発生しますので直接相談してみましょう。

最後に退職代行サービスに思うこと

確かに、精神的に会社へ行けない状態というのはわかります。

もちろん、忙しいなどという理由もそうですし、企業気質自体がブラック企業に近く、辞めることを許しても貰わないといけない。

辞めさせてもらえない。という声は確かにあります。

しかし、履歴書を書いて入社した会社なので綺麗な円満退社ができれば本望ですね。