「新車が本気で欲しい人が読むべき『値引き』知識」が発売開始

新車が本気で欲しい人が読むべき『値引き』知識発売開始しました

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎バナーから読めます⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

目次

第1章

1:ディーラーの決定
2:営業マンの選定
3:買う時期を明確に伝える
4:購入車両はある程度伝えられるようにする

第2章

1:「この金額では買わない」
2:「見積もりに不要なものを書き出していく」
3:「自分にできることあるかな」
4:「安さだけを求めているなら中古を買う」

新車が本気で欲しい人に本気で値引きを受けられるノウハウ

やらせではなく、カーディーラー業界の世界、カーディーラーの営業マンの懐事情も併せてお伝えするためすべて『根拠のある』知識集になっています。

新車を実際400万円以上値引きして契約

「これが限界です」と言われた金額より値引きができることを知ってもらえるマニュアルです。

私自身、一流の人間は値引きをして相手への心象を悪くするべきではないという論を唱えてきました。

しかし、本当にどうしても欲しい人はこの知識集を読むべきでしょう。

1000円のマニュアルの新車が数百万円安く新車を買える!?

使い回しのしやすい知識なので、生涯クルマを安く買える秘訣だと思ってもらえれば良いと思います。

実際の注文書を添付しています。

スキャンをして、個人情報と購入した車種とオプションを隠しています。

少しオプションも車種も生産数が少ないもののため全国で推測できてしまう可能性があったからです。

本来は車種を明確に伝えたかったのですが、そういかない結果になりました。

あと購入したディーラーと営業マンです。

こればかりは隠すのがマナーだと思うので隠しました。

詳細はマニュアル内に掲載しています。

BMWが新車で本気で欲しい人に値引きと知識を提供します。

実際の商談に基づいて、実際に1台のBMWという高級輸入車がこのマニュアルのために動きました。

YouTuberのような企画ですが、WEBライターのコンテンツ内でやってみます。

ガリバーで査定してみる 廃車で悩み中 おすすめ!輸入車の査定が高い業者 クルマ雑誌をタダ読み

新車のベンツや輸入車が欲しい人は特に値引き額が上がる内容

なぜ有料記事にしたのかを説明します

相当シビアに値引きを追求しています。

ブラックなことは一切しませんが、ディーラーとしては知られて欲しくないこともかなり含まれています。

それをおおっ広げにしていますので、営業マンも商売がしにくくなってしまう可能性を感じました。

そのため情報を開示する門を狭くさせてもらいました。

なぜクルマを買うために1000円も払うのか有料記事にしたのかを説明します

1000円で60万円の値引きが200万円になれば1000円は安くないでしょうか?

情報の質で考えれば数万円以上の価値はあると思います。

新車が本気で欲しい人が読むべき『値引き』知識を読まないと安くはならない公式

大声で「安くてしろ!」と言っても安くはなりません。

クルマの値引きは、まるでオセロの定石のように決められています。

逆にカーディーラーの人はその世界にいるからこそ、ヒヤっとしている人もいれば、気づかないうちに商談をしながら、きっとこのマニュアルに似た提案をしているはずです。

営業マンが読んでも面白い『値引きマニュアル』

「確かにこの条件ならこうなるな」と考える営業マンの姿が想像できます。

もちろん、値引きは悪いことではありません。

しかし、営業マンはお客さんを満足させながら『儲け』なければいけません。

だからこそ、ちょっとクルマを買ったことがある位のレベルでも、これくらいの知識を持っているということを逆に知っておかなければならないと思います。

新車が本気で欲しい人が読むべき『値引き』知識は限定になる可能性も大

メーカー等から直接、販売中止の申し出があった場合、ただちにコンテンツとして『新車が本気で欲しい人が読むべき『値引き』知識』は削除します。

その場合、アマゾンのKindleにて3000円で販売する可能性はあります。

それくらい質の高い内容となっています。

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎バナーから読めます⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎