営業マンの頭皮事情(抜け毛・フケ対策)

ドライヤーで乾かした後や部屋の床にたくさんの髪の毛が落ちているのに肩を落とす季節がきました。

そんな悲しいこの時期だからこそしっかりケアすることが、将来の髪の毛や頭皮には重要です。

正しいケア方法と秋の紫外線への予防法をお話しします。

営業マンの頭皮はどんな状態になっているのか(抜け毛とフケの原因を知る)

紫外線をたっぷり浴びた秋の頭皮は乾燥と汗や皮脂が混ざり合い、いわば油を吸ったスポンジのような状態です。

紫外線によって髪にも影響が出ており、髪の毛の成分であるケラチンとアミノ酸のバランスが崩れてしまい周りを囲むキューティクルが剥がれ落ちてしまいます。

髪の毛自体も弱っている上に皮脂と乾燥が混合している頭皮には根を張れず抜け毛となってしまいます。

営業マンの頭皮や髪こそ紫外線対策が必要

今や女性だけでなく、営業マンも日焼け止めを顔に塗っている人が多くなっています。

しかし、顔よりも多く紫外線が当たるのは頭です。

営業マンはなかなか帽子をかぶることも難しい人が多いでしょう。

日傘をさすというわけにもいかない営業マンにとって紫外線対策は非常に重要だと言えます。

営業マンが頭皮や髪をケアせず放置すると出てくる症状

抜け毛でハゲる

抜け毛が多くなるということはもちろんハゲます。

ハゲてからお金と時間をかけるより、ハゲないためのケアをしましょう。

フケが多くなる

乾燥と皮脂により皮膚の表面が剥がたものがフケです。

紫外線による乾燥に加え、汗や皮脂をシャンプーでゴシゴシ落としたまま放置することによりフケが増えてしまいます。

顔と頭皮がたるむ

頭皮と顔の皮膚は繋がっているからです。

頭皮のたるみにより顔の皮膚もたるんでしまい最終ブルドックのように落ちてしまいます。

たるんだ顔は営業マンにとって大事な笑顔も作れなくなります。

頭皮にカビが生える!

フケや皮脂を食べて生きる『フケ原因菌』というカビが大量発生することもあります。

頭皮だけでなく、誰でもこのフケ原因菌は存在しているのですが、ダメージを受けた頭皮には大量発生することもあるので注意が必要です。



今からできる営業マンの抜け毛・フケ対策

一番有効的な方法は外に出ない、帽子をかぶる、日傘をさすことですが外回りの営業マンがこの対策を取ることは難しいでしょう。

そんな外回り営業マンに予防法でオススメは髪の毛につける日焼け止めスプレーです。

さっと振るだけで効果があり、汗の臭い対策にもなります。

営業マンは正しい頭皮と髪のケアで抜け毛とフケを防ぐ

毎日のケアには湯シャンが最適

湯シャンとは、シャンプーを使わずにお湯だけで洗う方法です。

シャンプーを使わず頭皮に優しい湯シャンが、汗や皮脂の多くでる若者にも人気がありシャンプー離れが懸念されるほどにトレンドとなっています。

正しい湯シャン方法

 

①入浴前に頭皮から毛先にかけてブラッシング

 

②頭皮全体をお湯でしっかり濡らす2~3分

 

③頭皮をマッサージするように頭全体を揉み込む

 

④耳の裏や首回りをもむ

 

⑤お湯で流しながらもう一度③④の工程を繰り返す

 

⑥10分以上お湯で洗い流す

これでお湯シャンの終了です。

お湯シャンの後はリンスやトリートメントで保湿も行いましょう。

営業マンのスカルプケアシャンプーは3日に1回

スカルプケアのシャンプー商品は数々出ています。

しかしこのスカルプケアシャンプーは、頭皮や髪に必要な脂までとってしまい乾燥を招きます。

毛根の脂を取ることは非常に重要なのですが、毎日根こそぎ洗うのは頭皮に良くありません。

お風呂上がりは必ずドライヤーで乾かす

濡れたままの髪の毛は、洗濯機の中で干されずに放置されている洗濯物と同じです。

頭皮には雑菌が湧いてしまい生乾きのにおいが残ります。

育毛剤や頭皮ケアローションで保湿

タオルドライの後育毛剤や頭皮ケアローションを全体につけ、ドライヤーで乾かしましょう。

頭皮ケアローションは頭皮の乾燥を防ぐ保湿成分の配合されたものがオススメです。

秋の抜け毛ケアで最も重要な工程がこの保湿です。