【体調管理】できる営業マンの強い『胃腸』の秘密

できる営業マンの強い『胃腸』

体調管理が営業マンは結果に繋がる

営業マンで成果や結果を求める人たちは体調管理を気にする人が多いです。

それは、他の営業マンはドンドンメタボになり、小走りすらできなくなっていく様子を見たり若くして糖尿や痛風になった営業マンを多くみているからです。

大切な時に食欲がない。

胃が痛い、下痢、胃もたれなど男性は元々胃腸が弱いため症状は長く続きます。

そんな症状に悩まされないように『できる営業マン』たちはどのような対策をしているのでしょうか。

できる営業マンは胃腸が強い

一流はなぜ、元気にいつもいることができるのでしょうか。

一流は皆、内臓が丈夫なイメージがありませんか?

勝負どきに胃が痛んだりする様子をみたことがないと思います。

できる営業マンの丈夫な胃腸

一流のビジネスマンは何かと接待なども、多いのですが日々の内臓管理にはとても気を使っているのです。

一流の内臓を手にする方法

・朝食を必ず摂る

・お白湯を飲む習慣がある

・歯が丈夫(よく噛んでいる)

ビオフェルミンやヤクルトなどで腸内環境を整える

・暴飲暴食をしない

・大量の酒を飲まされたときには、冷静に対処する

できる営業マンは『ビオフェルミン』を愛用する

腸内環境は重要、夏バテ、ダルさにも効果があるビオフェルミン

夏の暑い時期に冷たいビールや食事で胃腸が弱っていませんか。

冷えた腸は肥満やダルさの原因にもなります。

気ごろから腸の健康を保つことが毎朝元気に出勤できる秘訣でもあります。

この時期だからこそオススメしたい体に優しい薬『ビオフェルミン』についてお話しします。

生まれてから死ぬまでお世話になる薬『ビオフェルミン』

人から生まれた乳酸菌のビオフェルミンは生後3ヶ月の乳児から一生涯飲み続けられる薬です。

赤ちゃんでも飲めるビオフェルミンの成分には、無駄なものが一切入っていないことから多くに医師が愛用しています。

配合成分

 

  • 『3種類の小腸と大腸に善い菌』
  • 『それを固めるデンプン』
  • 『腸内の善玉菌を増やし腸の活動を促してくれる糖』

これらの品質保持のためのものしか配合されておらず、体に優しい薬と言えます。

できる営業マンは知っているビオフェルミンは太らない

乳酸菌などの善玉菌が腸まで届くヨーグルトや乳製品を健康のために毎朝食べている方が多くいます。

しかしそれは同時にカロリーも摂取していることにもなります。

特にフルーツなどが入ったヨーグルトは意外と高カロリーです

もし、ダイエット目的で食べているのであればヨーグルトのチョイスは間違っていると言えます。

そしてその代わりにビオフェルミンを毎朝飲むことをオススメします。

体内に取り込む乳酸菌はいろんな種類を摂取した方が良いとされているので、併用することも良いでしょう。

ちなみに、同じく乳製品に含まれるカルシウムは夜摂取した方が吸収率が上がります。

ビオフェルミンに即効性はないが効果はある

ビオフェルミンの効果が出るまでの期間

ビオフェルミンは腸内環境を整えれくれる薬なので、下痢や便秘などをすぐに直したい場合には向きません。

効果が現れるまで3日から1週間程度かかることがほとんどです。

同じビオフェルミン製薬の商品で症状緩和に効果がある成分が配合されたものや、他の薬ストッパ(ライオン製品)やスルーラック(エスエス製薬)などの方が即効性はあります。

また10日以上内服しても全く効果が現れない場合には、他の疾患が隠れている場合もありますので医療機関への受診をした方が良いでしょう。



市販と医療用ビオフェルミンを比較

医療用と薬局のビオフェルミン、一緒ではない!

市販のビオフェルミンS(1錠)

 

配合内容(1回3錠)

コンク・ビフィズス菌末:2mg

コンク・フェーカリス菌末:2mg

コンク・アシドフィルス菌末:2mg

https://www.biofermin.co.jp/products/biofermin_s/info/

*医療用医薬品のビオフェルミンは錠剤とか顆粒のもので配合内容が違います。

 

錠剤タイプ(1錠)

配合成分はビフィズス菌:12mg

 

顆粒タイプ(1g)

ラクトミン:6mg  糖化菌:4mg

となっています。

錠剤の方はビフィズス菌の量が市販薬と比較すると2倍となっているため効果が出るのも早いと言えます。

また、顆粒タイプは市販薬では錠剤と成分に変わりがありませんが、医療用医薬品の場合子供に処方することが多いことから、子供の腸内環境に適した配合になっていることも特徴です。

ビオフェルミン(=薬嫌い)+乳製品嫌いの場合

腸内環境を整えたいが、好き嫌いやアレルギーなどで困っている方にオススメなのは『オリゴ糖』です。

スーパーの砂糖コーナーに液体のものや粉末のものなど陳列してあります。

オリゴ糖にも腸内の善玉菌を増やす効果があり有効的と言えます。

朝のコーヒーや夜のミルクに混ぜて飲むなどお砂糖がわりにスプーン2杯~で効果が徐々に出てくるでしょう。

一流の営業マン・ビジネスマンは少食は本当?

規則正しく人に流されないのが胃腸管理のコツ

結果を残す営業マンや、ビジネスマンは少食なイメージがありませんか?

実際一流のビジネスマンは少食である人が多いとも言われていますが、大勝負に向けてコンディションを上手にコントロールしている人は食事の量を制限します。

多くの場合、消化の良い物を規則正しく3食食べ、夜食などはなるべく食べないようにします。

そうすることによって体調の変化を自分でしっかり管理できるようになります。

しかし、大勝負が終われば日常通りの食事の量に戻すため、体型も変わりません。

一流の経営者の『食』へのこだわり

一流のビジネスマンも経営者も食にこだわりを持つ人が、非常に多いです。

1本3ドルのミネラルウオーターを飲むエグゼクティブ

 

必ず食事にはワイン

 

毎朝、赤身のステーキを食べる経営者

 

ベジタリアン

 

ほぼ3食サプリの一流エンジニア

 

毎朝、焼きたてのパンを買ってオフィスで食べるビジネスマン

 

昼にサンドウィッチとコーラを飲む世界の億万長者

 



確立された『食』へのこだわり

食べたくない時に食べない

 

食べたい時にしか食べない

 

食べたいものだけを食べる

 

食べたくないものは食べない

 

外で満腹になるまで食べない

 

1日3食摂る概念を持っていない



食へのこだわりは、食べる食材ではなく『食べる』行為についても『こだわり』を持つ経営者は多くいます。

一流の経営者は『食べることに真剣』

一流の経営者たちは、驚くくらい『食』に真剣です。

私のビジネスパートナーの毎月の食費を聞いた時に、一つの店の経費じゃないか?というくらいの金額でした。

一流の経営者の人も、年齢を重ねると健康と『食』が関わってくるようになり、ゴルフを散歩代わりにして、毎日ランチを真剣に楽しむという人もいます。



一流は意外とファーストフードも食べる

こればかりは時代の流れなのかもしれませんが、最近の若いビジネスマンや経営者はエナジードリンクを大量に飲む人もいれば、サプリだけという人もいます。

そして、ファーストフード大好きという億万長者もいます。

むしろ、気兼ねなく食べられる=リラックス=ノンストレスを重視するのであれば、なんとなく納得いきます。



一流の経営者の曲げない食へのこだわり

基本的に一流の人たちは健康管理に厳しい人が、多いです。

しかし『人生で食事をできる回数は有限』と言って必ず、自分の食べたいものを食べるという人も同じくらい多くいます。

一流の経営者は『食べる=仕事』

胃腸の調子が悪い=『健康不安説』に繋がる

一流の人たちは、食事をして自分と感性が似ているかどうかなどをチェックする人も多くいます。

なので、『食べること=仕事』と考えるビジネスマンもいるほどです。

具体的には接待も同じような考えかもしれません。

しかし、一流ほど、意見を聞きます。

それは好みを聞いていることは事実ですが、『君と私で食べるなら何がベストか』と聞いていると考えた方がいいでしょう。

そんなチャックをする際に自分の胃腸の調子が悪ければ人のことなどちゃんと、見ることはできないでしょう。



できる営業マンの胃腸の強さは朝食に理由あり

一流のビジネスマンは朝食に個々特徴がありますが、朝食を抜いている営業マンを見たことがありません。

一流のビジネスマンの朝食リスト

・フルーツだけ派

・パンとサラダと卵料理

・和食

・プロテインバー

・糖分の多いパン

この5種類と挙げてみました

 

皆朝食はこれじゃないのか?と言われそうなので、パワーモーニングと呼ぶ天才的な一流朝食をご紹介します。

できる営業マンの強い胃腸を作る『パワーモーニング』とは?

白ご飯に納豆、生卵とキムチのどんぶりを毎日食べているそうで。い何度かゴルフなどでご一緒しましたが、朝から食べる量としては圧倒されてしまうほどです。

しかし、驚くことにその方は、朝食を食べて10分〜20分ほどすると顔色がドンドンよくなっていき、血色がよくなっていくのです。

そんな一流が編み出したパワーモーニング。

私は納豆自体食べれないのでトライしていませんが、もしトライできるならばしてみてはいかがでしょうか?

一流の営業マンはお白湯を胃腸のために飲む

お飲物は何がお好き?とクライアントやご自宅へ行った時に奥様などに聞かれると思うのですが、『お白湯をいただけませんか?』と言ってみてください。

一流だけが知る『お白湯』はウケ抜群の飲み物

その時に話をしていた社長からは、『関心だなぁ』と言いながら社長も同じようにお白湯をその時に飲みました。

「よくこんな味のないものが飲めるな」と言っていましたが、『コンディションが良い』とその日の夜電話が掛かってきて『できる営業はすごいな』と今もお付き合いしている上顧客になったのです。

お白湯を飲んで胃腸の免疫を上げる

営業マンの体調管理しやすいカラダ作り

内臓が強いと、急なハプニングなどでも体調の悪さを感じることは激減します。

冬の朝のゴルフでは、行きの車の中ではコーヒーではなくタンブラーに入れたお白湯を飲みながら向かいます。

朝焼けが綺麗な早朝にコーヒーではない、無味無臭のお白湯を飲むとなぜか満たされた気持ちになるのです。

そして、何より極寒のゴルフでも内臓が温まっていると内臓から温かい血を送ってくれているようで底冷えしないので風邪を引くことも減ります。

できる営業マンは影で胃腸をしっかり守る

できる営業マンしか知らない『一流の習慣』を持っているものです。

そんなことを教えてくれる人やサイト、本はなかなかないものです。

大勝負の日は特に『食事』が胃腸に重要

女性と男性で比べると男性ははるかに胃腸が弱く、大勝負前にカツ丼やカツカレーを頬張るのはリスクが高すぎると言えるでしょう。

チームで大勝負で挑むと、「スタミナをつける」「勝つぞ」などと煽られ胃腸に負担がかかるものを摂ってしまいがちですが、脂の多い食事はただでさえ大勝負前のハードワークで体力が落ちているため、パフォーマンスが大きく下がることがあります。

できる男の勝負飯とは?

営業マンやビジネスマンは大勝負となると、勝負飯を食べるのが現場では恒例行事になります。

特に複数の人数でのプロジェクトになると、大勝負前日には決起会などというイベントまですることもあります。

大勝負に向けて本当に結果を残す営業マンやビジネスマンは、どんな思いでどんな勝負飯を食べ大勝負に挑むのでしょうか。

人気歌手、福山雅治さんのライブ前の勝負飯は『和食』

食あたり対策や水の飲み方は胃腸の調子を整える

人気歌手の福山雅治さんは、ライブ前に魚をメインに食事をするようです。

それも生魚は食べず、焼くか煮るかして火を通したものを食べると自身が話をしていました。

実際、生魚は食あたりの可能性も高まり、ストレスや緊張などで胃腸が弱っている時に食あたりを発症する可能性も上がることからリスクマネジメントをしているようです。

そして福山雅治さんは水はミネラルウォーターで常温・冷水・温水と3種類を飲み分けるというのもコンディションを細かく調整しています。

私たちもついつい冷たい水やカフェインを含むコーヒーなどを飲みすぎてしまいがちです。

一流のアーティストと営業マン・ビジネスマンは職業に差があるように思えますが、学べることはたくさんあります。

KinKiKids堂本光一さんに学ぶ『勝負』と『プロ意識』

KinKi Kidsの堂本光一さんは舞台『SHOCK』の劇中のセリフ「Show must go on」を自身にも言い聞かせ、しんどく辛いリハーサルや長期間の公演日程も、終わってから倒れたら良い」という思いで舞台に立っているとコメントをしています。

会社のプロジェクトで仮に何億という契約があったとして、仮に自分がいなくなった場合、自分では代役はいないと思っているかもしれませんが、会社という組織ではどうにか回るようになっているものです。

ところが、アーティストの皆さんは、ライブやイベントでは数百人のスタッフが動き、東京ドームなどの大型ステージを組めば準備に何億円という準備費用がかかります。

体調不良になれば数億が消える毎日を過ごすメンタル

仮に公演が体調不良でできなければ何億円もの損失が生まれ、もしかするとアーティストとしての人生が短くなる可能性もあります。

一見煌びやかな世界にいるアーティストという仕事も、営業マンやビジネスマンとはまた違う責任やストレス・大きなプレッシャーを背負っています。

できる営業マンの体調管理【風邪・頭痛・貧血】

【体調管理】営業マンの花粉症・アレルギー対策

営業マンの趣味は『筋トレ』にするべき理由