ZOZOを前澤氏がソフトバンクの傘下『ヤフーの子会社』にした

ZOZOがソフトバンクの傘下ヤフーの子会社へ

ファッションECを運営するZOZOは、ZOZOスーツなどキャッチーな商品でファッション業界の低迷を抑える救世主になっていました。

しかし、2019年9月12日にヤフーの子会社になることが発表されました。

ZOZOがヤフーと資本提携でソフトバンクと繋がる

完璧で完全な資本業務提携だといえます。

ソフトバンクが母体にあり、ヤフーの傘下である時点で『できること』が増え、『できないこと』が減ったといえます。

前澤氏は、有名女優との交際や自宅の建設が大幅に遅延していることなど、様々なことが言われていますがご本人としては、『戦略の一つ』と言えるでしょう。

ZOZOがソフトバンクのPayPayを強くする

ZOZOがヤフーを、ヤフーがソフトバンクを増収へ導くTOB

今回のヤフーの傘下にTOBされるという結果は、今後のサービス向上にも期待できるため、動向を見守り刺激を受けるべきビジネスモデルだと言えます。

特にヤフーはヤフオクブームから時代は流れ、メルカリなどの新サービスにシェアを奪われているため、大きな底上げをする事業が欲しいところでしょう。

そんな中のZOZOTOWNというEC(通販事業)に強い会社がヤフー傘下に入ることで母体のソフトバンクグループの『PayPay』が競合を追い抜けるかもしれないという期待値は大いにあります。

ZOZOの元社長前澤友作氏は本気のカリスマ経営者

ZOZO自体のTOBも完璧『売るモノ』が明確

ZOZOのTOBはヤフーにとってメリットも大きく、4000億円をヤフーに出資させた前澤氏はやはりカリスマです。

もちろん、見方は様々です。

『高級車マイバッハなどの複数所有や高額ば美術品や絵画のコレクションなど、個人の金銭感覚が麻痺しているのではないか』という声も聞こえていたのは事実です。

しかし、1998年ZOZOを起業した前澤氏は、21年間で1000人以上の従業員(連結)を抱え、何百億というお金を動かした功績であり、どんな見方をされてもどうも思わないのでしょう。

その性格が垣間見える発言もZOZOがヤフーの子会社になるという会見でも感じ取れます。

『月へ2023年行ってくる』『宇宙旅行』

 

「2023年に月への旅行を計画している」という前澤氏。

宇宙旅行と言えば、数年前に俳優の岩城滉一さんも『宇宙へ行く』という会見がありました。

『自分のやりたいこと』が立ち止まる前に溢れ出て、

次のやることを決めている経営者は一流の経営者です

やりたいこと!を言えるから有言実行できるのでしょう。

カッコいい生き方です。

「従業員を見捨て、会社を感情に任せて売る、プライベートはどんちゃん騒ぎ」では全くないことがZOZOの元社長 前澤氏から伝わります。

『スッキリ』辞任は経営者にとって最高の終わり

会見を聞いて思う『断捨離した感覚』

次にやりたいことは『ゼロからもう一度やりたい』という現在でいうリユース事業。

イチからではなく『ゼロから』というのも個人的には嫌いではありません。

そして、

経営者ならば屋号を初めて決めた感覚。

ビジネスマンならば初めて海外出張に行ったドキドキ。

営業マンならば初めて契約を取れた時の喜び

忘れかけていたような、大切にしなければと『いつか』思っていた気がすることを、自分の会社を手放す会見で言える前澤氏には拍手です。