【実体験】10ヶ月で年収550万円増やす方法

『一流』と呼ばれているビジネスマンや経営者は、様々なレンジ(幅)で年収の迎えてきた人たちが多いです。

今回のメインテーマは年収500万円が高いか低いか。
そして、どうやって年収を500万円以上増やすことに成功したのか。

そんな年収にまつわる話をしていこうと思います

年収とは自分の人生の1年の値段

年収とは、年間に稼いだ個人の収入を言います。

現在の平均年収は420万円ほどです。

その中で、年収500万円は高いのでしょうか。それとも低いのでしょうか。

自分の人生の1年を500万円で売れるか

私の年収は自慢ではなく数億です。

おおよそで言えば2億〜5億の間です。

この3億円のレンジは、自己所有の不動産の売買があったかどうかだけの話です。

さらに言えば、2億でも5億でも手取りで言えばそこまで大きな差を感じないのも事実です。

手取りで1億、手取りで2.5億と単純に考えて1.5億増えたからと言って日々の人生は何一つ変わりません。

単純に銀行の口座の数字が増えていくだけの話であり、寄付や出資できる金額が増えたとしか思いません。

一流が考える年収500万円とは

私は年収500万円は十分高いと思います。

年収500万円で、月60万円の稼ぎがあれば、大家族でない限り家族を養うこともできますし、独身であれば、家賃が勿体無いからとマンションの一部屋は買うことのできる年収です。

そして、何より今の私が、全ての収入源が断たれても年収500万円で生活を死ぬまでしていける自信があるからです。

それでも、お金を多く稼ぎたい人は大勢います。

しかし、安心してください。『あなたは一流』と言われるころには桁が1桁は増えているでしょう。

私、滝枝芳郎の人生を1年1億で買うか

私は買いません。

実際私にそんな価値などないと思っています。

しかし、顧客やクライアント、社員などが私自身の存在価値に1億円以上の価値があるから、私の年収は1億円を超えるのです。

要するに年収とは、『自分に対する客観的な評価指標』なのです。

自分の年収を増やす経営者は見極めする

自分の年収を仮に300万円増やすのであれば、社員のベース給をあげ、寄付も増額して、皆が仕事をしやすい環境にするための環境整備にお金を使って社内のプール金(資本の貯金のようなもの)も十分あって初めて会社のオーナーの年収を増やします。

それ以外で、自分の年収を上げる経営者は残念ながら多く、そして一流にはなれず、借金をいつの間にか抱えて姿を消します。

年収1000万円で成功者と胸を張るのは恥ずかしい

「男性に求める年収は?」と聞くと口を合わせて「1000万円」と答える女性が多いをご存知だろうか。

そして、自己啓発本には年収1000万円の敏腕営業マンと紹介されている特集ページを見ると、私の周りは首をいつも傾げている。

年収1000万円が成功者だと決めたのはメディア

年収1000万円を得ると成功者として称えられたり、メダルがもらえることはありません。

もらえるのは税金の支払い書が増えるくらいでしょう。

年収1000万円あっても、不幸な人は不幸なのです。

日々を楽しんでいる年収500万円のほうが、よっぽど成功者だと私たちは考えています。

年収のために生きる人ほど、年収は低い

これは、年収は1500万円〜2000万円を超えた経営者などがよくいう言葉ですが、『年収500万円くらいまで年収を気にしていたな』というのです。

要するに年収を気にすると年収に、ブレーキがかかるのです。

私は、皆さんに一流になるノウハウをお伝えする立場に今はいますが、もともとは『ただの凡人営業マン』です。

しかし、運がいいことに、年収450万円から1000万円になるまで10ヶ月もかかっていないのです。

10ヶ月で年収550万円増やす方法

私は外資系企業の歩合制の会社へ、ヘッドハンティングで転職したのです。

営業部の平均年収が1000万円を超える環境に、身を置くことで10ヶ月で営業部の平均年収まで上がることができたのです。

2ヶ月は前職の有給休暇の消化で24万円は前職からの収入でした。

年収という数字を伸ばしたければ、最高のヘッドハンターを見つけることです。

そして年収を早く気にしないところまで所得を上げることです

私自身、未だ付き合いのあるエージェントやヘッドハンターがいます。

ちなみに私の会社には、過去に私を転職させた人間が人事の長をしていることは、私と彼としか知らないことです。

➡︎本気で転職すると決めた時に3分で読むべきコンテンツはこちら

➡︎自分の市場価値・年収をまずは確認したいなら、このコンテンツへ