できる男は知っている『整骨院』と『接骨院』と『整体院』の違い

国家資格を持っている接骨院

接骨院は国家資格の『柔道整復師』という資格を持った施術師のみが施術することが許されています。

国家資格を持っているという点から安心して施術を受けることができます。

また、骨折・脱臼・打撲・挫傷・捻挫などの症状に対しての施術ができるため、保険の適用を受けながら痛みに対して処置・対応ができるという点もメリットだと言えます。

接骨院と整骨院に違いはない?

実は接骨院と整骨院の違いはありません。

法令上は「整骨院」という名称を使用するのは違法です。

しかし古くから使われてきた名称であり、名称以外は法律に準じているなどという理由から、行政上の判断において許可されている地域も多くあります。

法律上使用出来る名称は『接骨院』『柔道整復院』『ほねつぎ』の3つです。



接骨院と整体院は施術目的が違う

整体院は疲れを癒すなどの「リラクゼーション」が目的です。

接骨院・整骨院とは異なり民間サービスなので資格等は必要ありません。

整体院はもちろん保険適応外です。

リラクゼーション目的のため基本的に痛みを取るための施術ではありません。

整体とはオイルトリートメントやカイロプラクティックなどさまざまな手技療法を指して使われることが多いと言えます。

ちなみに『整体』とは主に手技を用いた民間療法、代替医療を指します。

どこにいけば自分の今の痛みは治るのか

どこを訪ねていけばいいのかわからなくなりそうなので簡潔にお話を追加してみます。

整骨院

脱臼・骨折・捻挫・打撲・挫傷の施術のエキスパートである柔道整復師ですが医療免許があるわけではないので『骨折や脱臼を治す』ということはできません。

*医師の許可があれば応急処置を行うことは可能です。



柔道整復師が行う『RICE処置』とは

RICE(ライス)とは、

 

安静(Rest)

冷やす(Ice)

圧迫(Compression)

挙上(Elevation)

の4つ頭文字からなる処置を意味しています。

患部の出血や腫脹、疼痛を防ぐことを目的に患肢や患部を安静(Rest)にし、氷で冷却(Icing)し、弾性包帯やテーピングで圧迫(Compression)し、患肢を挙上すること(Elevation)がRICE処置の基本です。

炎症が引いてからは温熱処置や手技、電気治療、運動療法を行います。

『痛みを取るための目的』では接骨院が最適です。

しかし整骨院は、肩こりや腰痛が日常的に起こる『慢性的な痛み』の場合、保険適用ができないことも注意しましょう。



整骨院で健康保険が適用される症状

『骨折や脱臼、不全骨折』

『急性の打撲や捻挫、肉離れなどの挫傷』

『負傷原因が分かっている急性のぎっくり腰や筋ちがい』

日常生活における肩こり腰痛、過去の事故などによる後遺症に関して、保険は利用できません。

『ぎっくり腰』などの急性の症状は保険が適用があります。

整体院とは異なり、ケガに対する知識を豊富に持った国家資格の柔道整復師だからこそ、ぎっくり腰などで痛めた部分を素早く治療できます。



整体院

整体院では主に関節の運動マッサージの手技で施術を行います。

オイルトリートメント

アロマ

矯正ストレッチ

リラクゼーション器具

などのプランもある整体院も多くありさまざまなリラックス効果が期待できます。

またほかにも脊髄や骨盤をはじめとする関節に対する施術や関節のゆがみを矯正し、身体のバランスを整えるカイロプラクティックもあります。

『ストレスを解消し、癒されたい』という目的には整体院が良いと言えます。