カリスマ営業マン直伝『手相占い』で契約を取りやすくするスキルを公開

一流の営業マン・できる営業マンほど、本当に戦略立てて

契約数や商談・お客様の心を掴んでいます。

その中で今日は『カリスマ不動産営業マン』の『手相占い』極意をお話していこうと思います。

手相を『占なわれる』のではなくカリスマ営業マンは『占う側』

カリスマ営業マンである彼は、偶然にもあなたは

「良い手相をしているから必ず今の仕事がうまくいく」と言われ

ふと思いついたそうです。

誰もが自分の未来を知りたいし、良い未来を語られたいと。

そこで彼はある戦略を立てました。



「手相占いにハマってる」

あるお客さんへ見積もりなどを説明している間に「そういえば最近手相占いにハマってしまって。」と一言言うのです。

すると、心理的に『手相占いをすること』にハマっていると思い、自分の手をふと出すのです。

そして「いや、自分は占いをしてもらうものが専門です」とジョークのようにその場を流します。

しかし、「あ、でもこの線ってすごい良い線って言っていたと思います」と言いながら手を取ります。



お客様の手元を集中スキャン

お客さんの腕時計や指輪などの宝飾品で自分の分かる範囲でスキャンするように覚えるようです。

そして肌質や爪、女性ならばネイルもです。

そのあと、手相を見てこの線が『何かすごく良い線だと聞いた気がします。また調べておきますね』と話するそうです。



カリスマ営業マンは『占い師』と誤解されて情報とチャンスを掴む

前述だけで『何か商談に変化があるのか?』と言うと、話の中で身につけているブランドの話や、ブランドの特徴を加えて話していくそうです。しかし、

「これカルティエですよね」というブランド名などで名指しするのではなく、男性客には「この時計憧れてます」と言うと『ブランド好き』に思われたくない人やさりげなくブランドものを持ちたいという人のフィルターに引っかからずに印象をつけることができます。

もちろん、次回のアポイントを取れる可能性、ほんのわずかですが『掴み』があるため取りやすくなるそうです。

確かに、商談で何を話したかという印象は『余談』にあると言えます。



一回目の商談から2回目の商談に繋げるというのは営業マンならではの悩みだと思います。

言い方が悪いと業界によっては「イケる」「ホット」「A」「熱い」などと呼ぶお客さんは、買う買わないの前に『商談をちゃんとしていける』お客さんという意味もあります。

それくらい営業マンにとって『次に繋げる』ことは難しいのです。

ちなみにカリスマ営業マンは次に会った時に「今日はカルティエじゃないんですね」というと前回のことを鮮明に覚えているイメージをつけることができます。

今日からできるカリスマ営業マンの『占い』営業

決して嘘は言ってはいけません。

彼も言わないと言っていました。「〜だったような気がする」という営業トークとギャップを作るように曖昧な言葉を選ぶこともあるそうです。



人間の手相は良い線や何か特徴的な線が必ず1本や2本はあるはずです。

むしろ、なくてもいいのです。

「これ、きっと良い線ですよ!」と言われるだけで朝のニュースの星座占いで1位を取った気分になれるのです。

あの朝のニュースの星座占いに根拠や確信などを求めていません。

1位だと気分が上がり。低ければ注意しようと思うように構成されています。



カリスマ営業マンは営業マンを捨てて、時間を楽しむ

その中でカリスマ不動産営業マンは『家を売る』のではなく『手相』で相手の気を引くことでファーストタッチ(商談の入り)に成功したのです。

突き詰めると本当に占えるのがベストですが、ここは営業マンの興味次第なので、手相占いのサイトなどをブックマークしておき、お客さんの手と比べてみるくらいで十分だと言えます。

単純にお客さんも乗り気で「気分いいな」とお連れ様と話してくれば、お互い気持ちいい時間が作れます。

それは最終的に気持ちの良い、商談をすることができると言うことです。



お客さんを顧客にして、顧客を家族にするカリスマ営業マン

営業マンとお客さんの関係性は崩れなくても、お客さんとの距離が家族のように縮まれば、相手も自分をよく思ってくれる相互関係を作ることができると言います。

 

一方通行の営業マンはどこまで行ってもお客さんと交わることはなく、追いかけ続けることになります。

そのため、カリスマ営業マンは今も無理な要求をするお客さんも少なく、紹介は年々増えていると言います。



カリスマ営業マンが占い以外にする小さな積み重ね

カリスマ営業マンと呼ばれるようになった彼の小さな努力は毎月女性誌・男性誌どちらもファッション誌を読み漁りトレンドやジュエリーの形を覚えていったことでしょう。