営業マンはサボるもの、わかっているけど業績を上げたい上司

一流養成学校で大人気の記事『一流営業マンの外回りは9割サボっている』

一流営業マンの外回りは9割サボっている

そうです。営業マンはサボっています。

今もこの記事を営業車の中で「ふむふむ」と読んでいる人も多いと思います。

そんな中、いざサボってサボって、結果を出してしまった営業マンが上司というポジションになった時に困ったことになります。

「みんな、仕事してくれ」と朝礼で説教しても営業マンはサボるのが仕事なので、無意味なことくらいわかっています。

予定調和のように中間管理職という仕事上、説教するのが少々口が悪いですが『凡人上司』なのかもしれません。

嫌われるのが仕事仕事だと割り切りますか?

『できない上司』の演技力が部下を育てる



孤独がエグゼクティブを育てる

中間管理職でサボりテクニックを活かして業績を上げる方法

できる営業マンが上司になったら部下と一緒にサボる

どんな売れない営業マンも売れるようになるならば、サボる営業マンは『一流の営業マン』になれる原石だと言えます。

自分のサボってきた過去を、洗い流すよりシェアできるように今サボりながら、この記事や暇つぶしに読むサイトのURLをメモに書いておくべきでしょう。



できる営業マンとは違う下手なサボり方をしている部下を見つける

できない営業マンは、できる営業マンと同様にサボっても生産性が低下するだけで結果がでません。

しかし、自分が中間管理職になった瞬間に自分のサボってきた事を棚に上げて説教をしても、業績は向上しませんし生産性も上がりません。

それならば、一流のサボり方で伝授した方が生産性があがると言えるのです。

自分だけが特別だとは思いませんね。

ただサボり、自分のコンディションやモチベーションを死守して、周りの負のスパイラルに陥っている営業マンから距離を取りたかった。

それだけです。

それだけのことを伝えればいいのです。



「もっと楽して、頑張ってるフリしちゃいなよ」と声を掛けることによって、距離感は縮まります。

すると、自分の年収やどうやってこんな結果を出したんですか?と部下から聞いてきます。

それがモチベーション回復、モチベーションUPの時短スキルです。

反抗系サボり営業マン・サボることから抜け出せない営業マン

右向け右で右を向いている営業マンは売れない

反抗系サボり営業マンとは自分のキャリアや待遇・年収に対する不満やストレスを溜め、勤務先では自分の会社へ反抗心を持っている営業マンを言います。

そんな反抗系営業マンは、そもそもはモチベーションが高く誰よりも努力し、結果を出すことができる人材です。

しかし、それを上司や会社が見逃した、成果を横取りしたということが多いため、背景をしっかり確認した上で一緒にサボりながら、自分が裏どりした契約を一時的に回すなどして、良い思いをさせることが一番効果的です。

ここで失敗しやすいのが社内の責任者などにすることです。

反抗している営業マンがただでさえ言うこと聞かない人の集まりである営業マンをまとめるなどストレスが余計にかかることです。



サボり癖はクセで、もうこのままでいいのでは?

一流の営業マンを目指すために貴重なサボり時間に、この記事を読んでいてふと思うことはありませんか?

サボることをやめて今から白地開拓訪問しよう、会社に戻ってデスクを片付けようとは思わないということです。

ちなみに、白地開拓をいきなりするなら宝くじを買うレベルだと思わなければなりません。

白地開拓は成功率50%を越そうとすると、『相当な準備』と『相当のサボり』をしなければ成功しません。



会社に戻ってデスクを片付けていれば上司から営業に行けと言われて、肩身を狭くするか、何かの雑用を押し付けられるかでしょう。

それならば、サボることが抜け出せないなりに1週間に1日だけ本気の時間を作ればいいのです。

ダラダラ営業しているできない営業マンよりも成果が出ます。

そのためには『キチンとサボる』ことをお勧めします。



上司の立場でサボることから抜け出せない営業マンをどう導くか

これは自分が今までしてきたサボりをシェアすればいいのです。

理由は一つです。

『サボりは営業の現場で悪じゃない』ということを伝えないと行けないし、意思表示を上司としてしないといけないのです。

会社としては、サボることを規則で罰則対象としていますが、それはそれです。

労働紛争用だと思うべきです。

なぜなら、今紹介した下記の営業マンで会社にとって不利益になるのはダラダラ営業しているできない営業マンです。



  • サボり倒して上司になった営業マン
  • 反抗・反発系サボり営業マン
  • サボることから抜け出せない営業マン
  • ダラダラ営業しているできない営業マン

ダラダラ営業しているできない営業マンは基本給はもちろん受け取り、経費を使い、営業車を無駄に毎日何十キロと走らせガソリン代を使いETCまで使って契約0であれば負債なのです。

逆にサボる営業マンはサボっているので経費は人件費だけです。

あとはサボり倒して上司になった営業マンが、『一流の結果を出すサボる営業マン』にサボる営業マンを育て上げるのを待つだけなのです。