グランドセイコーが一流にする。エグゼクティブな普通を知りたい『できる営業マン』

グランドセイコーが一流にする。『エグゼクティブな普通』を知る

今までいくつかの腕時計の記事を公開してきましたが、中でもグランドセイコーをはじめとするセイコーは一流の営業マンやビジネスマンにとって非常に気になる時計ブランドのようです。

今回はそんな『グランドセイコー』だけに注目して詳しくお話していこうと思います。

セイコーやシチズンを笑う者は一流にはなれない



時計を選ぶ一流のビジネスマンや営業マンが月間で何万人もの人が読む記事

一流営業マンの腕時計事情



グランドセイコーの作り上げた『最高峰』クォーツ・メカニカル・スプリングドライブ

グランドセイコーにはクォーツ・メカニカル・スプリングドライブの3つのムーブメントでラインナップが構成されています。

通常であればウブロだとビッグバンやクラシックフュージョン、ロレックスならばデイトナやサブマリーナなどモデル名でラインナップの構成をしています。

世界で最高峰のクォーツ『グランドセイコー』

グランドセイコーのクォーツは世界最高峰と呼ばれ、世界的に重要な式典やイベントなどのスポンサーや時計の提供等を行なっています。

近年の日本の高級腕時計は『クォーツ<自動巻≒手巻き』という価値観が生まれ、自動巻であれば高級というイメージが浸透しています。

しかし、グランドセイコーのクォーツ時計はそのイメージを壊す画期的なムーブメントです。



グランドセイコーの一流ムーブメント『スプリングドライブ』

「スプリングドライブ」は「クォーツ時計と機械式時計のヒュージョン」のようなムーブメントです。

スプリングドライブはクォーツ時計の持つ「高精度」という長所と、機械式時計のもつ「大きなパワー(トルクともこの時点では呼ばれる)」という長所を併せ持っています。

ちなみにこのパワーというのは大きな針や日付盤を動かす動力(パワー)を生み出す原動力がムーブメントにあるということです。

グランドセイコーの一流ムーブメント『スプリングドライブ』は世界で唯一

時計といえばスイスと言われる高級腕時計業界で、スプリングドライブを作っているのはグランドセイコーだけです。

逆にリシャールミルを始め、ウブロなどが力を入れる複雑機構トゥールビヨンとは全く作るベクトルが違うため、世界の富裕層やお金持ちがグランセイコーに興味を持つ気持ちがよくわかります。



トゥールビヨンは1秒をどれだけ複雑にゼンマイや機構を動かし時間を刻むのか。

という部分にベクトルが向いていることが多いですが、グランドセイコーのスプリングドライブに関してはいかに、制度の高い1秒を刻みパワフルな時計を作るかという部分に重きを置いています。

スプリングドライブはブランドグランドセイコーのコンセプトに直結する

グランドセイコーのブランドコンセプトは「最高の普通」「実用時計の最高峰

世界レベルで考えると日本は特に時間に厳しく、タイトなスケジュール管理を正確に行っています。

そんな日本の営業マンやビジネスマンの時間管理にはグランドセイコーが『時間に正確な証』だと言えるのです。



一流の営業マンやビジネスマンに好まれるシンプルさ=セイコースタイル

時計は正確な現在時刻を確認する道具として、確実に時間を視認するため過度な装飾はありません。

それは技術的なものだけでなく、どんなシーンでもマッチするオールラウンダーでいるためです。

ちなみにこの時間の見易さ・シンプルで上品にまとめるデザイン性などを総称して『セイコースタイル』とグランドセイコーの理念と概念にしています。

できる営業マン・ビジネスマンなるならば1本は欲しいグランドセイコー

一流の営業マンやビジネスマンになりたい!そう思っている人はただグランドセイコーはいい時計という口コミだけで買うのはやめるべきだと言えます。

それこそコスパの悪い買い物になってしまうでしょう。

グランドセイコーはグランドセイコーの良さを知って初めて価値があります。

世界的に活躍するビジネスマンになればグランドセイコーの良さを語れるだけの、英語力も必要です。

日本で活躍するならば、なぜスプリングドライブにしたのか気になる経営者と話をするかもしれません。

さりげなく感度の高いエグゼクティブを相手に、仕事ができるチャンスや縁になるかもしれません。

高い時計やキラつく時計、魅力的な時計はたくさんありますが、パテックフィリップなどの一生物とは違う一生を変える1本を手にいれるべきではないでしょうか。