クロムハーツ『投資』『せどり』でメルカリを使うなら、ここに注意!

一流養成学校はシルバーブランド クロムハーツを現物資産として運用する方法などをお伝えしてきました。

中古のクロムハーツで資産を作る方法と気をつけること

その中で、資産運用するためにまずは資金やお金を調達したいということでクロムハーツを『せどり』『転売』をする人は増えています。

もちろん、出品する側が自分であれば問題ありませんが、逆に安値で購入して現物資産を増やしていこう。という考えの人はこの記事をしっかり読んでもらいたいと思います。



クロムハーツをメルカリで購入して資産を増やす

基本的にフリマアプリはどこも制度は似ていて、従来のヤフオクとも通じる部分があります。

ヤフオク全盛期の時も、クロムハーツのコピー商品や偽物などが出品され、いかに本物だけを出品させるかという運営側の悩みのタネがありました。

それと同じくメルカリも残念ながらクロムハーツの偽物やコピー商品が流通しています。

現物資産としてせっかく買うクロムハーツで偽物を摑まされないように最新の注意を払うべきだと言えます。



メルカリでクロムハーツを購入するならココを見る!

出品者の現在出品している全ての商品を見ること

クロムハーツのコピー商品や偽物を販売しているアカウントには2種類の特徴的な法則があります。

一つは取引歴が多いアカウント、もう一つは2、3個しか出品しておらず過去の取引実績の少ないアカウントです。

もう一つはクロムハーツのコピー商品や偽物を数打って(たくさん販売して)収益を上げて、別のアカウントに移行するタイプだと言えます。

そんなタイプの出品者は元々『クロムハーツではない』ことをほんのり匂わせる言葉や、本物ではない可能性がありますよ。という注意喚起を出品情報に書いています。

逆に出品数が少なく過去の取引履歴も少ない場合は個人で海外などで偽物を購入して販売している個人の単発販売に多いです。

その際は、シルバーアクセサリーというジャンルで出品しハッシュタグで『クロムハーツ』とつけているのが目立ちます。

ちなみに、どちらもコピーの時点で法律違反です。



過去の評価で無言評価と『悪い』のバランスに注意

メルカリでは、取引成立後にお互いを評価し合います。

ブランド物の出品が多いアカウントでも、本当にお金持ちが出品している場合もあれば、買取業者が個人アカウントで出品している場合などもあります。

そんなアカウントと偽物を販売しているアカウントや商品の区別の付け方は非常に難しく、しっかり読まなければいけません。

具体的に読むのは、まず『良い』の評価で無言で『良い』しかない場合です。

逆に『悪い』がある場合はその理由も調べてみましょう。

それによって、出品者の過去を探ることができます。



メルカリで明らかに相場より2割安いと偽物・コピーの確率が上がる

クロムハーツをなぜメルカリで出品者が出品するかを心理を読む

クロムハーツはそもそもシルバーアクセサリーの中で、資産価値高いものです。

それをなぜ個人でメルカリなどを使用し、わざわざ自分で出品するのかを考えてみましょう。

簡単に言えば業者に買取を依頼すると買取業者の収益分をを引いて査定されてしまいます。

仕方ないと言えば仕方ないのですが、買取業者は直販と言って、買取をした商品を自分の店舗やサイトで販売するのではなく、業者専用のオークションサイトにまとめて出品します。

直販している可能性があるのはラグタグなどの大手の古着・リユースショップです。

理由は様々ですが、買い取ったクロムハーツの代金分は買掛け金として、会社のお金で仕入れています。

そのため、経営者として考えるといち早くこの買掛け金を現金に戻したいと考えるのです。

もちろん、『高価買取キャンペーン』などと銘打ち数多く買い取る場合、買取ったクロムハーツは何個かに一つオークションで競り落とされた金額より低い場合もあります。



クロムハーツの買取・査定金額はどうやって算出しているのか

そのため流通量などによってリスク管理ができる、買取金額の一覧表を作っている会社もあります。

コメ兵などはこの買取一覧によって基本的に金額が決められています。

購入時期と使用によるクロムハーツのコンディションや流通量・レア度などがひと目でわかるよういなっています。

クロムハーツを安値でメルカリに出品するのは不自然

前振りが長くなりましたが、業者がメルカリなどを個人として出品させている場合、オークションへの出品料や現金へ戻すスピード(キャッシュフロー)が良いため出品します。

そのため自分が購入しようと思っているクロムハーツよりも2割以上安い値段をつける意味がなくなるのです。

意味がない出品をするのは業者も個人もしません。

ということは、そのクロムハーツが偽物かコピー商品である可能性がグッと上がるのです。

(ちなみにメルカリは法人や業者の出品を禁止している規則は存在していますが、判別しにくいため流入しています)



メルカリで偽物のクロムハーツ・コピー商品のクロムハーツかを見分けるテクニック

海外セレクトショップ購入と記載されている場合、一見ユナイテッドアローズもセレクトショップなので、海外のセレクトショップなら安心だと思うかもしれませんが、どこかの商店の雑貨屋も言い方を変えればセレクトショップなので注意が必要です。

ちなみに、滝枝氏はニューヨークのセレクトショップ(古着屋)でオールドのチャーチなどを購入する老舗のお店で購入した中古のクロムハーツは、やはり偽物かどうかの判断がつけられないということでフローラルクロスが8000円ほどの査定だったと笑っていました。

しかし、違う指にするために購入した銀座のクロムハーツで購入したフローラルクロスは6万円の査定がついたそうです。

その他にもメルカリのスラム用語のように、『友人から譲ってもらったクロムハーツ』というのも偽物やコピーの可能性が高いので注意が必要です。

もちろん、フリマなので素人が出品するのが前提ですが、『真偽不明』は危険です。



偽物やコピー商品でも良いからクロムハーツが欲しいがいる

様々な理由があるのでしょう。

偽物でもコピー商品でもいいからクロムハーツに似たものが欲しいという人は、案外多いようです。

確かに、カッコいいものを身につけてるとモテる気もします。

そんな絶対に偽物だ!という値段のクロムハーツを出品しているアカウントが数ヶ月で300件ほどの『良い』評価を受けていました。

ちなみに偽物やコピー商品だとわかって購入するのも犯罪ですのでご注意ください。



本物のクロムハーツも中にはちゃんと出品されている

買取の値段に満足できなかった人などは個人で、手間をかけても自分の希望額で購入する人を待ち続ける人もいます。

その金額が決して高いわけではないため売れる可能性も高いと言えます。

どんな仕事でも大抵、中間マージンが発生するのがビジネスなので、安く資産としてクロムハーツを仕入れる手段としてメルカリを使うのも一つの方法かもしれません。