眼科の開業医は勤務医の3倍稼ぐ!平均年収3000万円超え【美容整形・皮膚科と仲良しは本当!?】

眼科の開業医は勤務医の3倍儲かっている

最近『医療関係の一流事情』を多く発信していますが、とりあえず医者は圧倒的に年収が高いということはわかりました。

下リンクも参考にしてください。

【医師の懐大公開!】お医者さんがどれだけ『お金持ち』系職業なのか



大学病院の医局派閥争いの中で年収を上げる方法

そんな稼ぐお医者さんの中でさらに儲かる医療の法則がありましたので発信していこうと思います。



驚異!眼科の開業医は勤務医より年収で3倍儲かっている

総合病院も含めて病院などの医療施設で勤務するお医者さんを勤務医と言いますが、勤務医の平均年収は約1200万円です。

ちなみに勤務だけでなく開業医も合わせて平均してみると約1300万円という指標があります。

そんな中、本当に驚きなのが、眼科医で独立開業している開業医の平均年収は約3200万円です。

これがどれくらいすごいかというと大学病院の病院長よりも年収が高く、日本の内閣総理大臣の年収4065万円に迫るだけの金額を稼いでいるのです。



診療科の中で一番稼いでいるのが眼科

これは厚生労働省の医療経済実態調査報告に基づくものです。

眼科を開業するには多額の初期投資が必要

眼科を開業するには設備投資だけでも約5000万円から1億円必要です。

白内障やレーシックなどの手術設備をどこまで用意するかにもよりますが、基本的な設備を揃えるだけでも約5000万円は必要になってきます。



保険外診療(自由診療)で儲かる

保険外診療(自由診療)とは厚生労働省が承認していない治療法や薬を用いた医療行為です。

言い方は悪いですが、医師の言い値で治療費を請求することができます。

自分の身体に関わることなので『安かろう悪かろう』という判断で病院を選ぶことは少ないです。

患者側は実績や口コミ・スキルなどを信用して慎重に選ぶため、価格競争や治療費の値下げを考える必要性は低いと言えます。

保険外診療のコンタクトレンズの処方とその他のメガネやケア商品、手術などが眼科医を勤務医より3倍稼がせています。

保険外診療手術にはピント機能を調整するレーシック手術や、眼球内にコンタクトレンズを入れる手術などがあります。

視力を上げる手術の他にもレーザーによる飛蚊症治療や白内障の手術にも保険外診療のものもあり需要が多いと言えます。



眼科学会で年収トーク『眼科・美容整形・皮膚科』はお金好き

医学会では、お金儲けの話題が本当に多く出てきます。

その中でも話題の中心にいて、お金の話が多い診療科は『美容整形外科』と『皮膚科』『眼科』の開業医たちです。

その中でも眼科医は看護師や患者に対しても当たりの強いワンマンドクターが多くいるようです。

医師の性格は診療科によって偏りがあります。

主に神経をすり減らして命に関わる細かな仕事をしている診療科の医師は血の気が多い性格が目立ちます。

眼科の開業医の場合は細かな仕事の上1人で1日何十人、多い日で100人を超える診察をしています。

女医の割合が皮膚科に続いて高いこともワンマンドクターが多いことに関係しているといえます。



高齢化社会は眼科医にとってドル箱なのか

人間の寿命は日々の医療の発展により伸びていますが、生物である人間の体には消費期限があります。

本来心臓やその他の身体の臓器の消費期限は約50年だとされています。

寿命が伸びている眼球にも消費期限以上の働きが要求されています。

そのため、眼科医たちは街中に眼科ができたら別ですが、高齢化社会の波に乗り、更に他の診療科より稼ぎ出すかもしれません。